証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

「探偵をやりたい!」探偵を始めるための必須スキル

浮気調査をはじめとする探偵業の進出によって、「探偵をやってみたい」と思う人が多くなっています。

しかし、探偵業は通常の職種とは異なったスキルが必要で、勉強すれば身につくという単純なものではありません。

そこで、探偵を始めるために必要なスキルについてご紹介したいと思います。

探偵業を始めるための心構え

探偵を仕事にするには、さまざまなスキルが必要になります。勉強だけで習得できるものもあれば、実際の経験によって身につけるものもあり、スキルの度合いによって収入面でも大きな格差が生まれてきます。

では探偵を始めるにあたってどんなことが必要なのか、一緒に見ていきましょう。

絶対に諦めない気持ち

探偵は決定的な証拠を掴むまで、何日も張り込んだり、事実確認の証拠探しを行います。

「一日中張り込みを行なっても何も得られない」なんていうことも当たり前に起こり、結果が出るまでに一ヶ月以上かかることもある根気のいる仕事です。

そこで、探偵を行うために必要不可欠なことは「諦めない心」です。何日も成果のない張り込みを続けても諦めずに最後までやる覚悟を持っていないと、そもそも仕事として成り立ちません。

また、探偵業は成功報酬であることが多く、途中で諦めてしまうと、報酬を受け取ることができずに、ただ時間だけを無駄にしてしまうことになります。

「探偵を始めたい」と思った場合は、まずどんな時でも諦めない自信があるかを確認しておきましょう。

どんな状況でも依頼者の期待に答える

依頼内容には、自身の正義に反することを依頼される場合もあります。(犯罪行為以外)そういった依頼であっても、依頼者のためにしっかりと探偵業をこなす自尊心が必要です。

「依頼者の考えは間違っている」と考えて勝手な行動を取ったり、証拠を捏造するなどの行為は契約違反なだけではなく、犯罪行為に発展する可能性もあるので十分注意しましょう。

探偵業は「依頼者の期待に応える」ことが仕事であることを忘れてはいけません。

探偵業はあくまで証拠集め

探偵業は依頼人の要望によって「浮気現場の証拠集め」や「嫌がらせの犯人特定」など、あらゆる原因と証拠の調査が主な仕事となります。

そこで、対象者が犯罪行為を行なっている場合や、人に危害を加えている場合でも、無闇に介入するのはとても危険です。対象者に探偵を雇っていることを知られた場合、最悪の事態になることも十分に考えられます。

そのため、対象者が危険な行為を行なっていた場合は、警察などに通報し、直接的に接触をしないよう気をつけましょう。

探偵に求められるスキル

特殊な仕事である探偵業は求められるスキルも特殊です。常識的なマナーやモラルはもちろん、そのほかにも多くのスキルを持っている方が有利です。

絶対に必要なものではありませんが、探偵を始めるならば獲得しておく方がいいでしょう。

コミュニケーション能力

探偵業務の中には、張り込みや尾行の他に「聞き込み調査」があります。聞き込み調査はその名の通り、人に聞き込みを行う調査方法で、コミュニケーション能力を問われます。

有力な情報を得るには、巧みな話術が必要で人の心を動かす力も必要です。形式的な質問にはちゃんとした返答は返ってきません。

コミュケーション能力は探偵業に関わらず、全ての仕事で重要視される項目なので、人との対話が苦手な人は、コミュニケーション能力を高めるために、できるだけ多くの人と会話をしておくことが重要です。

体力と忍耐力

探偵としての仕事をこなすには、強靭な忍耐力と集中力、体力が必要になってきます。

長時間の調査中は、いかなる場合であっても決定的な瞬間を見逃すことができないため、常に集中力を切らすことが出来ません。

食事をする、トイレに行くという当たり前の行動も調査中は制限され、場合によっては一日食事をする暇もないこともあります。そういった環境下でも集中力を保ちながら業務を遂行するには、それなりの体力と忍耐力が必要です。

体力に自信のない人は、普段から体を鍛え、不足の事態にも対応できる忍耐力を養っておきましょう。

度胸と観察力

浮気の調査などを行なっている場合は、どうしても不審な行動を取ってしまいやすく、場合によってはトラブルを起こしてしまうこともあります。

そのため、そういった危険を回避するための洞察力が必要です。また、調査方法によっては犯罪に近い行為を行わなければいけないケースもあるので、そういった場合にどう対処するかなどの対処方法や度胸も必要になってきます。

探偵業務は警察の捜査とは違うものなので、法律を犯すような行為を行なってはいけません。

探偵に必要不可欠な推理力

ここまで探偵に必要なことをご紹介させて頂きましたが、実は探偵を行うに当たって一番必要なことがあります。それは「推理力」です。

刑事が難解な事件を解決するドラマや映画を観たことがあると思いますが、そういった事件を解決する場合には「刑事の推理力」が必要不可欠となっています。

推理力は想像力と表裏一体とも言えるもので、探偵調査のケースであれば、「相手はどういう方法で浮気したのか」「どういった方法で隠しているのか」などをイメージして調査を行います。

調査内容にもよりますが、はじめから浮気の証拠がある程度揃っているケースと、実質的な証拠はないけれど浮気をしていると思うというケースでは、調査難易度が大きく変わります。

前者の場合であれば、依頼者からある程度の情報を受けることが可能ですが、後者の場合は、どういう行動をしているかをある程度推理しておかないと今後の調査が難航してしまうため、調査をする前に推理するという行動はとても大切になります。

普段から、人はどんな行動をするのか、どういう発言をするのか、などを観察しながら推理力を養っていくことが探偵業務には必要不可欠です。

まとめ

探偵の仕事は、通常の仕事と比較して特殊な分類に入りますが、その分、仕事から学ぶことも多く、経験を通して、人間の深層心理や人間の本質を学ぶことになります。

これから探偵を仕事にしたいと思っている方はこちらの記事を読んで参考にして頂けたら幸いです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn