証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の仕事はどんなことが大変?探偵の辛いことや悩みについて解説

ドラマや映画で見かける探偵に、かっこいいイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。探偵の仕事に憧れを抱く上で、探偵の仕事の苦労や大変なことについて気になりますよね。「なんだか思っていたのと違った…」とミスマッチにならないようにするためには、かっこいい部分だけではなく、大変な部分も知っておかなければなりません。ここでは、探偵の仕事の苦労や大変なこと、魅力について解説します。探偵の仕事に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

探偵の悩みとは

多くの依頼をこなしている探偵のほとんどが、何らかの悩みを抱えています。探偵が抱えている主な悩みは2つあります。

●過程を評価されにくい

●生活が不規則になりやすい

探偵の主な2つの悩みについてそれぞれ説明しますね。

過程を評価されにくい

探偵の仕事で評価されるのは、調査報告書がすべてと言っても過言ではありません。浮気調査における浮気の証拠など、調査過程がどうであろうと、探偵の仕事は結果が求められます。尾行や張り込みをどれだけ頑張っても、結果に結びつかなければ、依頼者から評価されることはないでしょう。調査報告書の内容が、依頼者が求めている内容かどうかが重要だといえます。調査業務の過程を評価されにくい点で、悩んでいる探偵は多いですよ。

生活が不規則になりやすい

探偵の調査業務は、依頼内容や調査対象者のライフスタイルによって業務時間が変わるので、生活が不規則になりがちです。事前に調査プランを立てていても、調査対象者の行動に合わせることが多くなるので、プランが崩れてしまうこともあります。24時間体制で調査を行なうこともあり、早朝や深夜など、調査する時間はバラバラです。探偵は生活が不規則になりやすいので、睡眠不足やプライベートの時間の確保が難しい点で悩むことが多くなるでしょう。

探偵の仕事で辛いこと

調査依頼の内容は人によって異なるので、業務内容が幅広い探偵の仕事で辛いことについて知りたいですよね。探偵の仕事で辛いことは人によって異なりますが、3つの共通していることがあります。

●なんらかのトラブル

●精神的ストレス

●肉体的ストレス

探偵の仕事で3つの辛いことについてそれぞれ説明しますね。

なんらかのトラブル

探偵の調査業務は、探偵業法に順守しているので違法ではありません。違法ではありませんが、調査対象者のプライバシーに関することを調査したり、個人情報を調査するので、なんらかのトラブルにつながることもあります。調査業務が相手にバレてしまった場合、報復行為を受ける可能性もあるでしょう。反社会的勢力とのつながりがあることで、危険に曝されることもあります。調査業務を行なう上で、トラブルは覚悟しなければいけないことかもしれません。

精神的ストレス

探偵の調査業務にはさまざまなものがあり、浮気調査や素行調査など、人に対する不信感を抱くような調査もあります。モヤモヤとした気持ちを抱えたまま、調査をすることもあり、精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。調査結果を得る過程で、他人から非難されたり、侮蔑されてしまうこともあります。調査内容によって異なりますが、精神的ストレスは探偵の仕事で辛い部分だといえるでしょう。

肉体的ストレス

調査業務の「尾行」「張り込み」は、結果を得られるまで続くこともあり、肉体的負担が大きい業務です。昼夜を問わない調査に加え、遠方への移動が発生することもあります。調査対象者の行動で、急に業務内容が変更になることもあるので、臨機応変な対応が求められることもあります。探偵の調査業務は、体力が無ければ務まらないことが多く、肉体的ストレスを感じやすいといえるでしょう。

探偵の仕事の魅力とは

大変なことが多く、悩みを抱えそうな探偵の仕事において、どのような魅力があるのか気になりますよね。探偵を続けている人は、少なからず自分の仕事に魅力を見つけており、やりがいを感じているはずです。価値観によって、探偵の仕事を魅力的に感じる点は異なりますが、主な魅力点は3つあります。

●人と関われる

●変化が求めやすい

●人助けができる

3つの探偵の仕事の魅力についてそれぞれ説明しますね。

人と関われる

人とのコミュニケーションに重点を置く人にとって、探偵は魅力的な仕事だといえるでしょう。探偵の調査業務は複数人のチームで行なうことがほとんどであり、人とのコミュニケーションが不可欠です。依頼者との打ち合わせ、聞き込み調査によるヒアリングなど、他人と関わることが場面は数多くあります。人と関わる仕事を選びたいのであれば、探偵はおすすめだといえます。

変化が求めやすい

探偵の仕事は、通常のサラリーマンでは経験できないような日常を送ることができるので、毎日が刺激的ともいえます。調査内容によって、業務が変わるので、変化のある毎日を過ごせます。同じ作業の繰り返しを苦痛に感じる人は、変化が求めやすい探偵の仕事は向いているかもしれませんね。調査業務によっては、飛行機を使っての移動もあるので、変化が激しい仕事だといえるでしょう。

人助けができる

探偵の仕事には、家出などによる失踪者を捜索することもあります。警察は事件性がなければ動いてくれないことが多いので、探偵に依頼する人も多いです。捜索人の手助けだけではなく、盗撮・盗聴器の発見など、ストーカー被害を防ぐこともあります。探偵の仕事には、人助けにつながるものも数多くあります。人助けがしたいのであれば、探偵の仕事は魅力的だといえるでしょう。

まとめ

探偵の仕事は、調査業務によって内容は異なりますが、悩み・辛いことはいくつもあります。業務をどれだけ頑張っても、結果だけが求められるので、評価されにくい仕事だといえます。調査業務は昼夜を問わず行なわれるので、不規則な生活になりやすく、プライベートの時間を確保しにくいのも悩みのタネです。調査過程で危険を伴うトラブルに巻き込まれることもあり、精神的ストレス・肉体的ストレスを辛いと感じる探偵もいます。辛いことばかりのように思える探偵ですが、毎日に変化を感じやすく、人助けができることを魅力に感じる人もいます。辛いことがあっても、魅力的に感じられる部分があることで、仕事へのやりがいにつながるのだといえるでしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn