証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵を安く依頼するには?「格安をうたう探偵事務所」要注意!

「浮気をしている証拠を掴みたい」「何をやっている人なのか身辺調査をしたい」

こういった際には探偵事務所に依頼をお願いすると思いますが、その料金は依頼内容によって大きく異なります。また、調査期間や調査にかかる費用によってもその金額は大きく変わり、場合によっては数百万円の調査費を支払う可能性もあります。

そこで、探偵費用はどの程度かかってくるのか、安くするにはどんなことをするといいのかなどをご紹介したいと思います。

調査費用にはいくつかの基準が存在する

探偵業は特殊な職種であり、その作業内容も一般の仕事に比べて異なります。そのため、費用は一定のラインで選定されていることが多く、弁護士費用と似通ったシステムを採用している探偵事務所が存在しています。

調査員の人数

探偵業務は調査の内容によって調査員の数が異なります。調査員1人の場合と3人の場合では人件費が三倍になるので必然的に調査費用が高額になってきます。調査員の数が増えるような案件は、混雑した街で対象者を尾行するのが困難な場合や、同時進行で証拠を集める場合など、通常の調査よりも大規模なケースで採用されることがあるため、依頼する時点でどの程度の調査になるのかをしっかり話し合う必要があります。

調査にかかる交通費や諸経費

探偵費用の中には、調査中に使用する交通機関の費用や、調査員の飲食代などの諸経費も含まれています。そのため、調査日数がかかる場合や調査する地域が遠い場合、広範囲である場合には調査費が高額になります。

契約する時点で、どの程度の調査を望むのか、探偵事務所と話し合うことが大切です。

探偵事務所の中には、調査内容を偽造して高額な調査費用を請求するところもあるので、契約前にしっかり吟味し、話し合いましょう。

調査日数

探偵事務所によっては、全ての経費をひとまとめにして、一日の調査費用として算出する所もあります。その場合は、調査日数に対して費用を支払うことになります。

この場合、調査日数を指定して調査をしてもらうことになりますが、成功するか失敗するかに関わらず日数で費用が決まってしまうため、場合によっては高額な費用がかかる可能性があります。

成功報酬型

一部の探偵事務所では、全ての費用を成功報酬とした形で計算しているところもあります。この場合は、初期費用を支払った後調査を行い、依頼者の要望に沿った調査結果を出すことができた時点で残りの報酬を支払う形になっているので、トラブルも少なく信頼できる事務所である場合も多いです。

ただし、成功報酬の場合は安く済ませることは難しく、基本的には割高な場合が多いので注意が必要です。

探偵費用を安く済ませるには

探偵業はその特殊性と難しい業務内容から、どうしても調査費用が高額になりがちです。そんな中で少しでも費用を抑えるにはどんなことをするべきなのか、いくつかご紹介したいと思います。

調査費用が安い探偵事務所を検索する

オーソドックスな方法の一つですが、最初にやるべきことはネット等で調査費用の安い事務所を探すことです。安い探偵事務所といっても、調査がずさんで信頼できない事務所では問題があるので、いくつかの事務所をピックアップして比較しましょう。そこではクチコミや評価なども参考にして、自分に最適な事務所を見つけてみましょう。

安いところを見つけたとしても、すぐに契約をすることはしないでください。まずは調査員や探偵事務所の雰囲気など、信頼に値するかをしっかり精査し、契約内容を確認して納得いくまで吟味してください。

調査内容に特化した探偵事務所を選ぶ

探偵業には大小様々な種類の探偵事務所が存在しており、得意分野もそれぞれに違います。なんでもやってくれるところもあれば、浮気専門の事務所など様々です。

どんな案件でも受けてくれる探偵事務所は心強いですが、その分規模が大きく、調査費用が高額になる可能性もあります。一部の分野に長けている探偵事務所であれば、必要最低限の費用で調査をしてくれるため、調査費用を抑えることができます。

いくつかの探偵事務所で見積もりをとる

調査費用が安いと広告を打っている探偵事務所でも、見積もりをしたら高額だった。ということはよくあることで、実際に調査費用を見積もりしてみないとわかりません。そこで、いくつかの事務所で見積もりを取り、最安値のところに調査を依頼するのが効果的です。

この際、見積もりを出してくれない探偵事務所は悪徳である場合があるので、その時点で除外することをおすすめします。

調査費用が安いことのリスク

何事においても費用が安いということはありがたいことですが、費用を安くするということは「どこかにコスト削減のしわ寄せ」が来るということです。そのことを理解しておかないと、安いけど全く役に立たない調査結果を受け取るといったリスクが発生するかもしれません。

調査失敗や調査結果の改ざん

調査費用が安い場合に起こりやすいケースで、特に調査失敗によって調査費用を損失してしまう実例が多く存在しています。調査員の人数や調査日数を抑えるために十分な証拠が集められず、調査が失敗してしまいます。

また、悪徳な探偵事務所では調査内容を改ざんして調査費用を騙し取るところもあるので、調査費用の安い事務所ではこういったリスクを考える必要があります。

反社会的勢力

調査費用が異常に安い場合は、後から割増請求されたり、脅しや恐喝によって調査費用を請求されるなど、反社会的勢力が運営している探偵事務所の可能性があります。

そのため、調査費用が安い場合は、調査員や事務所の様子をしっかり確認して最悪の事態は避けられるようにしておくことが大切です

まとめ

調査費用を安くする方法をいくつかご紹介しましたが、費用を抑えることは悪徳な探偵事務所に捕まってしまう危険性もあるということを理解しておく必要があります。

高額な探偵費用がかかる事務所が安心なわけではありませんが、探偵業はその特殊性から、どうしても費用のかかる仕事です。

依頼者側もそのことを十分に理解した上で探偵を依頼してください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn