証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の素行調査って違法じゃないの?

探偵業といえば、浮気調査や身辺調査ですが、その方法は尾行や張り込み、聞き込み調査といったオーソドックスなものから、ネットやSNSを駆使した最先端の方法まで様々です。

しかし、そういった方法は法律に触れることはないのでしょうか?探偵といえ、違法な調査を行えば犯罪者として逮捕されてしまいますから、そういった事態は避けたいところです。

素行調査は合法

探偵業務が盛んになった当初は、正式な法律が存在しなかったために、違法や取引や調査を行う闇探偵が数多く存在しました。しかし、そういった探偵によるトラブルが絶えないことから2007年に探偵業法が改正され、より厳しく取り締まるようになったのです。

そもそも素行調査とは

素行とは、その人が普段行っている行動や対応のことで、妻や夫が浮気をしていないか、子供が犯罪行為をしていないか、独身の方であれば結婚相手として相応しいかなど、当人が普段の生活の中で行っている実際の行動などについて調べることを「素行調査」と言います。

素行調査は長期間の調査が必要なため、一般の方で行うことは難しく、探偵や興信所といったプロの方にお願いすることになります。

素行調査は探偵業法により合法

探偵業法の定義の中に「他人の依頼を受けて、特定の情報収集を目的とした、第三者への面接や聞き込み、尾行、張り込みなどの方法を実施した調査を行い、調査結果を依頼主に報告する業務」という項目があり、事実上、探偵業は法律で合法な業種と認められています。

探偵業務を目的とした尾行や素行調査は違法ではありませんが、自身の希望で他人の情報を勝手に調査することは違法となるので注意が必要です。探偵業法では「他人の依頼を受けている」ことが重要であり、依頼を受けていない業務は犯罪行為として法律に触れる可能性があります。

合法ではあるものの、基本的な法律が免除されるわけではない

探偵業務を行う上で、尾行や張り込みといった調査方法が合法として扱われるわけですが、だからと言って他の法律が関係なくなるというわけではありません。

例えば、自宅や会社などを張り込む場合、私有地や他人の敷地内に侵入することは不法侵入にあたります。また、尾行をする際に不審な動きや、常に相手を監視するような過度の行動を取っていると「ストーカー規制法」に触れてしまう可能性があります。

このように、合法ではあるものの、調査方法次第では他の法律に触れてしまう可能性もあるため、探偵の素行調査はリスクの高い調査方法だといえます。

素行調査が違法になってしまう場合

素行調査は法律的に合法でも、実際の調査ではグレーゾーンと言える部分が多く存在しており、場合によっては違法になってしまう危険性も秘めています。

他人の車や所有物にGPSをつける

探偵の調査とはいえ、GPSをつける方法は個人のプライバシーを侵害してしまうことに繋がってしまうため、基本的にやってはいけない行動の一つです。同じ理由で、調査対象者宅のカメラや盗聴器を仕掛ける行為も違法行為となることがあります。

探偵業法第六条に「人の生活の平穏を害する個人の権利、利益を侵害することがないようにしなければならない」という項目がある通り、探偵の合法な調査だとしても、他人の生活に害を与えるような行動はできません。

他人の敷地内に侵入する

尾行や張り込みをする際に、対象者を張り込むために第三者の私有地に入り込んだり、企業の敷地内に侵入することは違法行為です。過度な違法調査を行うと、探偵業務を停止しなければいけないこともあります。

依頼主が調査結果を犯罪行為に使用した場合

探偵に依頼をしてくる人の中には、調査結果を元に調査対象者に復習や報復といった犯罪行為を行う人もいます。そういった犯罪行為に探偵事務所で調査した調査結果が利用された場合、共犯とみなされ逮捕されてしまうことがあります。

探偵法第9条の「調査結果が犯罪行為、違法な差別的取扱い、その他の違法な行為のために用いられることを知った場合には当該探偵業務を行ってはならない」にあるように、依頼主が調査結果を犯罪行為に利用することを知った時点で探偵業務を辞めなければいけません。

違法調査は今でも行われている?

探偵業法によって、探偵事務所の多くは正規の方法で調査を行っていますが、今でも違法ギリギリの方法で調査を行うところや、場合によっては違法な調査を行っている探偵事務所もあります。

盗撮、盗聴による違法行為

GPSや盗聴器、隠しカメラの設置などは、人件費を削減できるだけでなく、決定的な証拠を掴む可能性も高いため、調査方法としては採用したいところです。しかし、こういった方法を利用することは違法行為になってしまうため、実質使うことはできません。

しかし、水面下でこういった方法を利用している探偵業者は多く、調査を依頼する場合にはそういった違法行為を行っていないか確認する必要があります。

依頼者や調査対象者を脅す業者もいる

こういった探偵業者は探偵業法によって取り締まられていますが、現在でもこういった悪徳な業者に騙されてしまう方がいるようです。依頼した探偵業者に少しでも不審な点を感じたら、警察や弁護士等に相談し、早めに適切な措置を取ってください。

素行調査を依頼する前に探偵業者をしっかり吟味する

探偵業法が施工されたからといって、全ての探偵業者が正規の方法で調査を行っているわけではありません。犯罪の加害者になる前に、しっかりと下調べを行っておくことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?探偵業による「素行調査」は法律的にも合法なものであり、正規の方法として認められています。しかし、この記事で説明した通り、ある一定の条件下では違法行為や犯罪行為になってしまうこともあるため、注意が必要です。

また、こうした違法行為を依頼者側が理解している状態で、探偵事務所に調査依頼を行うと、共犯とされてしまう可能性もあります。素行調査を依頼する場合には、信頼のできる探偵事務所か興信所を吟味することをお勧めします。くれぐれも犯罪行為に加担することの無いようにしてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn