証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

その調査やりすぎ?違法になる素行調査

探偵や興信所による浮気調査や素行調査は当たり前の時代です。芸能人だけでなく、日頃の生活を普通に行なっている一般人の方でも監視されるような世の中になりました。

その一方で、その調査方法は過激さを増しており、場合によって犯罪行為とも言えるような調査をしてくる業者もいます。

そこで、今回は違法な素行調査についてご紹介したいと思います。

素行調査ってどんな調査?

探偵を使う調査というと、一般的には「浮気調査」を思い浮かべるかもしれません。しかし、探偵事務所で行なっている業務はそれ以外にもいくつか存在しており、素行調査はその一つと言えます。

素行調査とは

素行調査というのは、依頼人から依頼を受けた対象者の行動を監視して調査することで、自宅から、仕事、プライベートに至るまでの全ての行動と情報を調べる調査方法です。

対象者も調査範囲も依頼人の依頼内容によるため、どういった状況下で行うといった制約はありません。

「子供の帰りが遅いので調査したい」「友人が裏切っているかも知れないから探ってもらいたい」など、調査理由は様々です。

素行調査は、探偵事務所や興信所によっては調査限度が設けられており、金額や依頼内容によって変動します。

家族の行動を調査

素行調査では家族の行動を把握するために調査を依頼する方もおられます。

(主な依頼内容)

・子供が無断外泊を何日もするので、宿泊場所を調べたい

・子供が誰かと付き合っているので相手を調べて欲しい

・妻(夫)の帰りが遅いので調べて欲しい(浮気の疑い)

・家族内で隠し財産や借金がないか調べて欲しい

など、自分一人では調べられないようなことを依頼することが多いようです。

会社などの企業調査

会社内での不正や、社員の不正を調べる際に利用することがあります。

(主な依頼)

・会社内部で不正行為を見つけたが裏を取るために調査をお願いしたい

・一部の社員が営業終了後も帰ってこないので、仕事内容の調査を依頼したい

・社員がライバル会社に情報を流している疑いがあるので調査したい

このように社員が企業を調査する際に利用することが多いようです。

違法性の高い素行調査

素行調査を行うためには、対象者のプライベートに踏み込む必要があり、正攻法では情報を掴めないことも多いことから、違法スレスレのグレーゾーンで調査をする探偵事務所も多く、一部の探偵事務所では明らかに違法な調査を行なっているところも存在しています。

素行調査で行えること

探偵や興信所の調査は法律の範囲内で行える方法に限ります。そのため、基本的な調査方法は、張り込み、尾行、聞き込みの三つとなり、度を超えた調査を行うことは出来ません。

張り込みは対象者の敷地内に入ってしまうと不法侵入にあたりますし、尾行の場合も不用意に相手を追いかけることはストーカー規制法に触れる可能性もあります。また、必要以上の尾行によって違う事件を起こしてしまう危険性もあるため(対象者からの暴行など)慎重な調査が要求されます。

しかし、より重要な情報を調べるためには調査期間と調査方法を吟味する必要があり、依頼内容によっては違法な調査をしないと調べられないようなこともあるようです。(違法調査は犯罪です)

個人情報の不正取得

探偵事務所によっては、戸籍や犯罪歴、クレジットカード情報や消費者金融の記録などを不正なコネクションで入手することがあります。探偵事務所の中には反社会性力との関係を持っている所もあり、悪徳な方法や違法な方法で不正に個人情報を入手するようなことを行なっています。

万が一、そういった不正行為を通報された場合、依頼者も加害者として捜査の対象とされる可能性もあるので注意が必要です。

盗撮や盗聴を利用した調査

調査結果を写真や動画に記録して提出することがありますが、その場合は常識の範囲内で行ったものに限ります。鞄や服などに隠しカメラを仕込み、対象者のプライベートな部分を撮影するのはプライバシーの侵害に当たる可能性があるため、危険な行為です。

また、情報を引き出すために無断で対象者の自宅や会社、知人宅に盗聴器を仕掛けるなどの調査も行われることがあり、こういった行為は犯罪になる可能性があります。

素行調査や浮気調査だからといって犯罪を犯していいわけではありません。調査を依頼する際には、そういった違法な調査を行なっていないか、しっかりと確認した上で利用しましょう。

違法な調査をしないためにできること

浮気調査などの需要が高まったことによって、今や探偵事務所や興信所は沢山存在しています。しかし、数が増えた分だけ不正を行う業者も増えており、依頼する側でしっかりと吟味する必要性も出てきています。

反社会的勢力との繋がり

素行調査を依頼するにあたって大切なことは、探偵事務所が正規の方法で調査をしているかということです。信頼できる探偵事務所かを判断するために、反社会的勢力との繋がりがないかを事前にチェックしましょう。

主なチェック事項は探偵事務所のクチコミや評判、実際に依頼をした時の応対、事務所内の雰囲気などです。反社会的勢力に繋がっている事務所の多くは、脅しのような手法で依頼主からお金を請求したり、依頼の取り消しを拒みます。また、見た目にも強面のような人が多く、あまり人数のいないような事務所も要注意です。

話を聞いてみて、少しでも違和感を覚えることがあるなら、一度依頼をやめて考えて見ましょう。怪しい探偵事務所では、ほとんどの場合そういった違和感は間違いではありません。

調査期間が早く、料金が高い場合は注意

素行調査はとても時間のかかる調査です。早く行うためには人員を増やしたり、色々なテクニックを駆使する必要性があるため、探偵事務所側からするとリスクが大きくなります。

しかし、素行調査は隠密での行動が主体となるため、リスクを高めることは失敗の可能性を高めてしまうのでメリットがありません。それにも関わらず、リスクの高い方法を提案してくるということは違法なことをする可能性が高いと言えるでしょう。

依頼者の希望により、調査期間を早めることは問題ありませんが、事務所側から提案してきた場合は鵜呑みにせず、しっかり内容を確認して判断することをお勧めします。

素行調査と違法調査のまとめ

探偵業というものは、相手に悟られず隠密で調査することが基本なので、正攻法ではなかなか情報を得にくいデメリットがあります。だからといって違法な調査を行なっていいという理由にはならないため、依頼する側も事前に調べておく必要があります。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn