証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

なぜ子供が非行に走ってしまうのかその原因を探り解決策を見出す

様々な原因が重なって子供が非行を犯してしまうことがあります。なぜ非行をしてしまうのかその原因をしっかり理解し、親や周りの人が子供のことを理解してあげることが望ましいです。なぜ非行をしてしまうのかその原因と対処の仕方について解説します。子供が非行をして悩んでいる親の解決策になれば幸いです。

非行の原因

子供が非行に走ってしまう原因は大きく分けて4つあると言われています。この4つの原因の何に当てはまるかを十分に理解し、親や周りの大人が解決策を見出してあげることが求められます。

子供自身の問題

子供が非行に走る原因として自分自身に問題があることがあります。気持ちが不安定だったり精神的に弱い部分があったり、他人に対して暴力的だったり敵対心や攻撃的な性格だったりすると、周りのことが見えてなくて大人の指示に従わないことがあります。

また親や先生に服従しない態度を取ることもあり、いくら話をしても思うように意思疎通ができないまま言う事を聞いてくれなくて非行行為を繰り返してしまう傾向があります。また自分が周囲からどのように見られているか気になる傾向もあり、一般的な子供たちとの関りを避けて非行グループと行動を共にすることもあります。

学校の問題

子供が通う学校に問題があって非行に走ってしまう傾向があります。これは教師の権威性が低いために恐れないで自分が何をしても大丈夫だと勘違いをしてしまいます。権威性が低いと子供たちが先生の言う事を聞かなくなってしまいます。そうなると授業がつまらないと感じるようになり不登校になってしまう悪循環になってしまいます。

先生の問題だけでなく学校自体に魅力を感じない・学校が楽しくないと思うようになり、自然と学校に行かなくなり不登校が続いて時間が余っているのでそこで非行行為をしてしまう傾向もあります。授業が楽しくない・部活についていけないなど、ちょっとしたことで本人のやる気を阻害してしまい、その結果学校以外の場所で非行を繰り返すグループと合流して、自分もその場の雰囲気にのまれて非行行為を繰り返していきます。

家庭と周辺環境の影響

    

本人と学校の問題だけでなく家庭環境とその周辺環境も大きく起因すると言われています。どのような原因があって子供が非行に走ってしまうのか原因を探っていきましょう。

親からの愛情が不足していると感じる

子供ながらに親から愛されていないと感じると寂しさが募り、その思いを晴らすために非行グループと行動を共にする子供もいます。子育ての仕方が分からない、育児放棄をするなど、親に問題があると、子供はダイレクトに愛情が不足していると感じてしまいます。

厳しいしつけも良くない

子供が親から厳しいしつけを受けると、衝撃的なのとショックで記憶に残ってしまいます。暴力を伴うしつけを受けた子供は非行に走る傾向が高いと言われています。子供が人格形成をしていく過程でどのくらい愛情をもって育てられるかによって、考え方や行動の仕方が変わってきます。

家庭環境の崩壊

子育ての仕方だけでなく家庭環境が悪くても子供がグレてしまい非行に走る傾向があります。例えば両親のどちらかがアルコールに依存している、夫婦でけんかをしている、経済的に困窮している、親が反社会的行為をしているなど、悪いことを間近で見ているうちに自分も悪いことをするようになります。

また両親が離婚し、ひとり親家庭で育てられた子供が非行行為をしてしまう傾向があることも分かっています。特に母子家庭よりも父子家庭で育てられた子供が犯罪を犯したり、警察に補導される傾向が高まります。

周辺環境がもらたらす影響とは

家庭環境だけでなく住んでいる場所の周辺環境も大きく影響します。住んでいる地域に不良の子供がたくさんいれば影響されますし、近隣住民との関係が極端に無いと監視の目が行き届かなくて非行をしやすい環境になってしまいます。

また今の時代は子供も手軽にインターネットで情報を得ることができるのも、犯罪に巻き込まれてしまう原因です。インターネットは子供にとっても便利で有効的に活用できるツールですが、親の目が届かない場所で、触れてはいけない情報を入手している可能性があります。

非行をしない子供にするために

    

様々な原因が重なって非行に走るので、その原因を作らないように親も協力しながら子供が生活する環境を整えてあげる必要があります。子供の人格形成のタイミングで気持ちを理解して愛情を注いであげることができるかどうかにかかっています。

家庭環境や周辺環境を整える

子供が非行に走ってしまう原因は家庭環境や周辺環境に起因することが多いです。子育てに集中できる家庭環境になるように、親が責任を持って愛情を注いであげるようにしてください。また子供の変化に気づきやすいように周辺環境も子供にとって生活しやすい環境作りが求められます。

本人との時間を増やす

子供の変化に気づいたら放置せずに本人と接する時間を増やしてください。いきなり否定したり更生するように説得するのではなく、相手の目線で話すことに対して興味を持ってじっくりと何を考えているか聞いてあげてください。ちょっとずつでも構わないので本人と話す時間を作り気持ちを理解してあげてください。

悩まずに相談する

子供が非行に走ってどうすることもできない場合は、悩まずに様々な機関や専門家に相談してみることをおすすめします。自分では思いつかなかったようなことをアドバイスしてくれるかもしれません。ただアドバイスをもらうだけでなく、直接専門家からの支援をしてもらうこともできます。行政機関やNPOなどの専門家からアドバイスや支援を受けることで、どのように子供と接すればいいか親が理解できるようになります。

まとめ

子供が非行に走ってしまったらどうすればいいか分からなくて悩んでしまう親もいます。しかし冷静になって考えてみると家庭環境や周辺環境、子育ての仕方に問題があることが多いです。子供は自分の気持ちを分かってほしいというサインを出すので、それを見逃すことなく親が理解してあげることで未然に防ぐことができます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn