証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

面接官を納得させる前職の退職理由をどのように伝えればいいのか

中途で人材を採用する面接をするとき面接官が気になるポイントがあります。それは前の会社をなぜ辞めたかその理由を知りたいと考えて質問してきます。退職理由はいろいろありますが、採用してから同じように辞められるのが会社にとって一番困ります。そうならないためにも面接官は退職理由を細かく聞いてくることがあります。

嘘をつく必要はない

前の会社をなぜ辞めたのか面接官に正しく伝える必要があります。嘘をついても後からバレたときに解雇されてしまうかもしれません。何故かというと同じことを自分の会社でやられてしまったらとても困るからです。求職者は履歴書を書いて提出し面接に臨むだけで良いですが、面接をする企業は時間とお金をかけて人材を探すために面接をします。同じような理由ですぐに退職されてしまうと企業にとって予想以上の損失になってしまうので、面接官は前の会社を辞めた理由がとても気になります。

同じ理由で会社を辞められたら困る

中途枠でスタッフを採用するときに気になることは、採用後に前職と同じ理由で辞められないかということです。時間とお金をかけて人材募集しているからこそ、すぐに辞められたら困るからです。そのため面接官は応募理由だけでなく前職のことを聞いてきます。

責任を持って仕事をしてくれるか確認する

嫌なことがあったらすぐに会社を辞めてしまう人もいるので、前職の退職理由を聞いてその人が入社後に逃げたりせずにしっかりと仕事をしてくれるか見極める意味もあります。すぐに辞めてしまう人は忍耐力が無い可能性があります。自分の会社の風土や業務内容をしっかりこなしてくれるかどうか判断するために退職理由を聞いてきます。

嘘をつく必要はない

面接官に対してマイナスポイントとして捉えられてしまうかもしれないという恐怖感から、離職理由を本当のことを言わないで嘘をついてしまう人がいますが、その場しのぎであってプラスにはなりません。そのことを理解して退職理由は嘘をつかないで正直に伝えるようにしてください。

会社を辞める人で最も多い2つの理由

仕事をするときに楽しくやりがいを感じて満足できる環境で仕事をしたいと思います。しかし様々な原因があって退職する人がいる中で、多くの人が2つの理由があって辞めたくなり次の仕事を探そうと行動に移します。自分が話す内容で相手がどのように感じるかしっかり考えてください。

人間関係が原因で会社を辞めた

人間関係が原因で辞めてしまった場合、全てを正直に話すと逆にネガティブなイメージを与えてしまう可能性があります。パワハラなどで辞めてしまう人が多いですが、同情されるだけでなく、ちょっとしたことでまた人間関係がうまくいかなくて辞めてしまうのではないかと面接官に思われてしまいます。

正直に伝えることが難しいことを掘り下げて質問されると答えられないケースも出てくるので、どうしても前向きな話し方ができないのであれば、嘘をつかないで正直に話してください。無理に隠そうとすると面接官に見破られてしまいます。個人的な人間関係の話を多くするのではなく、ハラスメントが原因で仕事に影響が出てしまったという言い回しをすると印象も変わってきます。

給料がたくさんもらえなくて会社を辞職した

給料がたくさんもらえなくて会社を辞職したという事実は、転職先のほうが前の会社より高ければ嘘をつく必要はなく正直に話しても問題ありません。たくさん給料をもらえることを条件に頑張って仕事をしてくれる人材を募集しているので、たくさん給料をもらえるなら頑張って仕事をしようという気持ちが求められます。

たくさんのお金をもらいたいという理由で前の会社を辞めて、新しい会社で頑張っていこうと考えている人は多いです。決して後ろめたい気持ちを持たなくても大丈夫です。たくさんのお金をもらってそれがモチベーションとなって自分が成長できるきっかけにもなります。

退職理由を転職した動機に繋げよう

前の会社を辞めた理由を面接官に伝えることは簡単なことではありません。しかし良い印象を与えたいという思いで嘘をついてはいけません。かと言ってネガティブな要素ばかり並べてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまいます。そうならないためにどのようにうまく伝えれば良いのでしょうか。基本的な考え方として本当はネガティブな退職理由であっても言い方を変えるだけで相手に伝わる印象がガラっと変わります。

退職理由を転職した動機に繋げる

面接官にうまく伝えるために退職理由は志望動機と一貫性を持たせると、面接官への求職者に対する印象も変わってきます。正直に仕事が合わなかった、人間関係がうまくいかなかった、残業が多かったなどと言ってしまったらマイナスに捉えられてしまいます。言い方を変えるだけで印象が変わるので、自分の能力を活かして効率よく稼ぎたい、同じ志の仲間と切磋琢磨したい、本当にやりたい仕事なら時間を惜しまないなど、退職理由を転職した動機に繋げることで面接官に良い印象を与えることができます。

発言の仕方に気をつけよう

前の会社を辞めたことを転職するための動機に持っていくときは、言い回しで面接官にとってマイナスにならないように気をつける必要があります。前働いていた会社では自分がどうしてもやりたかったことが出来なかったので、入社してからはある分野で実績がある御社に転職して頑張りたいと思います、などと言い方を気を付けるだけでポジティブに捉えられて印象が良くなります。

嘘をつくのは良くありませんが、言い方を変えることは誰にでもできるし、うまく言える人はそれだけで内定をもらえる可能性が高まります。自分が退職した理由をどのように志望動機に繋げていくか事前にしっかり練習をして面接に臨むようにしてください。

まとめ

様々な事情があったとしても正直に会社を辞めたことを面接で話してください。面接をした後に調査をされて偽りの話をしたことがバレるとそれこそ問題です。面接では本当のことを話すことが大事です。それがマイナスの内容でも、入社を希望する企業では同じことを繰り返さないように気持ちを入れ替えて頑張って仕事をすることをアピールする必要があります。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn