証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

職場内での浮気はばれやすい?職場内の浮気について解説

浮気や不倫の温床とも言えるのが、職場内恋愛です。

コロナ禍によって不倫が増加傾向であるのはご存知でしょうか?その中でも不倫相手と出会う確率が一番高いのは職場なのです。

職場では様々な出会いがあるため、恋人や結婚相手を見つける方も少なくありません。

しかし、それが浮気相手や不倫相手であると、双方にとって危険なだけでなく、同じ職場で働く同僚にも迷惑をかけてしまう場合があり、職場環境が劣悪になってしまう可能性まで出てくる行為なのです。

職場での浮気はほぼバレる

職場内恋愛をしている同僚や、仕事仲間を見たことはありますか?職場という小さな環境で広がる人間関係の話題は、誰にとっても大好物のネタです。

そのため、「〇〇くんと〇〇さんが付き合っている」「〇〇くんと〇〇さん怪しくない?」など、少しでも怪しい挙動があれば社内中に噂が広まってしまうのです。社内恋愛と同じように社内浮気は非常にバレやすい行為の一つと言えるでしょう。

女性ネットワークがとても強固

女性は噂話や恋愛に関する話題が大好きで、職場内の同僚が恋愛や浮気をしているというネタは最高の御馳走です。

そのため、ちょっとでもそういう可能性を感じる人をターゲットにして、複数人で粗探しをするようになります。

また、女性は恋愛をしている女性に敏感で、雰囲気や言動の変化で誰と付き合っているのかを察知します。そうなると付き合っている男性を割り出すのも時間の問題で、付き合っている男性に彼女や奥さんがいると、更に社内中に噂が拡散されます。

女性職員は浮気する人間にとって非常に危険な存在です。

異性に向ける視線が多い(特に女性)

職場内で浮気をしている男女のほとんどが恋愛と同じ感覚で浮気を楽しんでいます。その結果、好きな人をずっと見ていたいという気持ちから仕事中に浮気相手に多くの視線を向けることになります。

そういった行動は周りの同僚に違和感を持たせるだけでなく、「この二人何かあるな」と思わせてしまい、疑いの眼差しを増やす行為になってしまいます。

昼食や帰宅時に一緒にいる

昼食時や帰宅する際に一緒にいる所を見られている可能性があります。特に帰宅時などに一緒に帰ったりしていると一気に二人の関係性を疑われることになるので注意しなければいけません。

浮気を自覚している場合は、職場内は二人でいないように気を付けると思いますが、外で待ち合わせをしていても関係性を気づかれやすいため注意が必要です。

交際相手が上司の場合、仕事が優遇されている

普通の仕事をしているだけでも、仕事面で異常なほどに優遇される人がいますが、その場合は上司と交際している可能性が高く、周りから疑いの目をかけられる要因となります。

しかし、こういう関係性の場合は、変な疑いをかけると返り討ちにされる可能性があるため、見ても見ないフリの人が多いでしょう。

職場内の浮気は二股以上が多い

職場内で浮気を楽しんでいる男女は、二股以上の関係性を持っていることが多く、「浮気=相当な遊び人」というイメージが強い傾向にあります。

小規模の会社であれば、そういった関係性はすぐにバレてしまいますが、数百人規模の会社になると様々な部署があるため、簡単には把握できなくなってきます。

そうした環境では、不倫や浮気に慣れている男女がしのぎを削りながら、複数名との浮気を楽しんでいるのです。

彼女(彼氏)が職場にいるが、他の人と遊んでみたくなって浮気する

・同じ部署などに彼女(彼氏)がいるけれど、他部署に可愛い(かっこいい)人がいるのでその人を誘って体の関係を持ってしまった。

・職場で結婚して妻(夫)が退職したので、同じ職場の子と恋愛関係を始めてしまった。

・社内の職員が定期的に変わるので、新しい人と肉体関係を築きやすい。

上記の理由で浮気を楽しんでいる人は多く、情報管理の上手な人であれば周囲に全く気づかれることなく、様々な人と関係を持っています。

特に職場内の人事異動が多い会社では変な噂が立ちにくいために、二股をかけやすいというメリットがあるようです。

一人では心が満たされないために手を出す

完璧な人間はこの世にいないように、完璧な彼女(彼氏)、妻(夫)はいません。

しかし、二股以上の関係を求める人は、足りない部分を他の人で穴埋めしようとする傾向があり、足し算式に付き合って満足させているようです。

そのため、浮気や不倫という自覚はなく「今この時が幸せであればいい」という考えの持ち主が多いでしょう。

職場浮気は最悪の事態になりかねない

様々な要因で職場での浮気は増加しており、比較的難易度も低い方法と言えます。

しかし、職場という環境は自分の生活と直結している部分であり、蔑ろにすると今後の人生を左右する問題にもなりかねません。

浮気や不倫という行為は不貞行為として、世間的にも毛嫌いされているもので評判も非常に悪くなります。

浮気相手が同僚の友人や恋人

浮気相手が、同僚の友人や恋人である場合はほとんどの場合ですぐ気づかれてしまうでしょう。

また浮気がバレてしまった時点で同僚との友人関係は終わってしまうことや浮気相手との関係が終わってしまうなど、多くのものを失います。

その同僚が長年の友人であるならば、人生の損失にもなるでしょう。

浮気相手が上司

上司と浮気で付き合っていたことが社内にバレた場合は、上司の降格や人事異動など、大きな問題として処理される可能性があります。

また、上司に家族がいる場合は、家族から慰謝料を請求される可能性もあり、職場の立場も社会的な立場も悪くなるでしょう。

浮気相手が復讐で付き合っていた

これは稀なことではありますが、これまで何股もかけて遊んできた人を陥れるためにわざと近寄ってくるという恐ろしい状況も存在します。

人を傷つけると、その償いは必ず自分に返ってきます。少しでも心当たりのある人は浮気をする前にもう一度考えて見ましょう。

まとめ

職場内での浮気は、コロナ禍に入ってからも増加の一途を辿っています。

ストレス解消やスリルを楽しむために浮気を行なっている方も多いですが、職場での浮気は非常に危険な行為であるということを念頭に入れておきましょう。

浮気はせずに職場内では正当な恋愛を楽しんでください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn