証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

続きが気になる!おすすめの不倫ドラマ 3選

「不倫はしたことないけど、不倫ドラマなら観たことがある」という方はとても多いのではないでしょうか。

昨今、様々な不倫ドラマが公開されてきましたが、時々大ブームになることがありますよね。やはり不倫はNGだけど、内心実は興味があるという方が多いということではないでしょうか。

いずれにせよ不倫ドラマというのが根強い人気を持っているのは間違いありません。

そこで今回はおすすめの不倫ドラマを3作品ご紹介します。

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(2014年7月~9月)

ここでいう「昼顔」とは「平日昼顔妻」という夫がいない平日昼間に不倫をする女性を指しています。

徐々に口コミで人気が広がっていき、特に第6話からは視聴率10.6%に。

平凡な主婦が不倫にハマっていく展開に多くの視聴者が釘付けになりました。

視聴率は更に右肩上がりを続け、最終回では16%という不倫ドラマとしては異例の高視聴率の記録を残し、後に映画化までされました。

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』のあらすじ

笹本紗和(上戸彩)はどこにでもいる平凡な主婦。子どもがなかなかできず、姑から嫌味を言われることもありますが、幸せな毎日を送っています。

ある日、車上荒らしに遭って困っている滝川利佳子(吉瀬美智子)と出会い、不倫のアリバイ工作の口裏合わせを頼まれます。

利佳子は誰もが羨むセレブのような生活を送っているものの、物足りなさを感じて、常に誰かと不倫関係にありました。

車上荒らしは高校生が犯人で、担任の北野裕一郎(斎藤工)が駆けつけます。それがきっかけで紗和と裕一郎の交流が始まり、互いに惹かれあっていきます。

一方、利佳子は夫の仕事上の知り合いである画家・加藤修(北村一輝)と出会い、遊び以上の感情を持つようになります。

不倫に対して自由奔放な利佳子の影響を受けまいとしながらも、裕一郎への想いを募らせていく紗和。

これまでとは違う遊び以上の感情を抱き、修との不倫にのめりこんでいく利佳子。

道ならぬ恋に足を踏みいれた2人の主婦の結末とは。

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の見どころ

紗和と利佳子という正反対の2人を中心に物語は進んでいきます。

昼間は不倫、夜は平凡な主婦としての日常を送るという二重生活がリアルに描かれており共感を呼びました。

見どころはたくさんあるのですが、それぞれの夫にばれてしまい修羅場を迎えてしまう場面はその代表格といえるでしょう。

しかし修羅場を迎えてもなお、不倫相手への想いが止められず、さらに深みにはまっていく過程はそれ以上の見どころとなっています。

物語ももちろん高評価を収めたのですが、裕一郎役の斎藤工のセクシーさに多くの主婦が虜になりました。

『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』(2018年1月~3月)

『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』はこやまゆかりさんと草壁エルザさんの同名コミックが原作となっています。

『ホリデイラブ』という爽やかなタイトルからは想像できないほど、人間関係がドロドロした不倫模様が描かれます。

不倫をされる主婦目線で描かれる不倫にミステリー要素が加わり、緊張感のある物語が楽しめます。

『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』のあらすじ

自宅でネイルサロンを経営する主婦・高森杏寿(仲里依紗)。

夫・純平(塚本高史)と娘の七香と幸せな生活を送っていました。しかし、ある日純平の不倫が発覚。

不倫相手の井筒里奈(松本まりか)との情事の最中に、里奈の夫・渡(中村倫也)が帰宅し、修羅場になったというのです。

これをきっかけに杏寿は離婚を決意します。

しかし、それは全て杏寿と純平を別れさせるための里奈の策略だったのです。

『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』の見どころ

本作の見どころは里奈を演じる松本まりかさんの怪演です。

普段は「女性ウケは悪いけど、男ウケはいい」タイプのあざとくてかわいい里奈。

しかし、その中身は小悪魔どころか計算高い悪女です。

恐怖すら感じる怪演ぶりに視聴者からは称賛の声が上がるほど。

里奈は巧妙にあの手この手を使って、純平を自分のものにするために罠を張り巡らせていきます。

物語が進むにつれて、それらの伏線が回収されていくのも見どころです。

『それを愛と間違えるから』(2019年2月~3月)

『それを愛と間違えるから』はWOWOWオリジナルドラマです。全5話のショートストーリー。

不倫を題材にしつつも、ラブコメ要素を取り入れたまさに「大人のラブコメ」です。

重苦しい雰囲気になりがちな不倫ドラマですが、ラブコメ要素のおかげで男女問わず気軽に楽しみながら鑑賞できる作品となっているのが最大の特徴です。

『それを愛と間違えるから』のあらすじ

専業主婦の袴田伽耶(稲森いずみ)と夫・匠(鈴木浩介)は結婚15年目を迎える仲の良い夫婦。幸せな夫婦生活を送っているのですが、2人は実は何年にもわたりセックスレスになっていました。

そんな心の隙間を埋めるように伽耶は大学時代の恋人・星野誠一郎(安藤政信)と不倫していました。

ある日、伽耶は匠に恋人がいるのではないかと質問します。すると、匠も「君にも恋人がいるじゃないか」と反論されてしまいます。

心の隙間を埋めようとしていたのは、匠も一緒だったのです。匠は鍼灸院で働く逢坂朱音(仲里依紗)と不倫をしていました。

互いに不倫相手がいることを知ったのをきっかけに、伽耶と匠の関係は変化を見せます。

それは不倫相手との関係にも影響を与えていきます。

『それを愛と間違えるから』の見どころ

『それを愛と間違えるから』は「不倫×ラブコメ」という新しい切り口の不倫ドラマです。

登場人物たちも全員どこか残念なところがあり、そんな「ダメ大人」たちが繰り広げるドタバタ劇にいつの間にか引き込まれてしまいます。

何歳になっても、その人の残念なところって変わらなかったりしますよね。ドラマの中の「ダメ大人」たちと、自分や身近な人と重なってしまい、いつの間にか登場人物たちに愛着が湧いてくるはず。

それでいて、「ダブル不倫」や「セックスレス」など重いテーマもしっかり根底に流れています。

夫婦関係や不倫関係について考えさせられる場面では思わず感動させられます。

そんな笑いあり涙ありの人間模様が本作の見どころです。

まとめ

ここまでおすすめの不倫ドラマを3つ紹介してきました。

1.『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』・・・ドロドロした不倫ドラマが観たい方向け

2.『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』・・・ミステリー要素もあってハラハラしたい方向け

3.『それを愛と間違えるから』・・・ラブコメ要素があり、気軽に観たい方向け

興味が惹かれるものはありましたか。

不倫をテーマにしつつも「ドロドロ系」「ミステリー系」「ラブコメ系」と各作品のカラーが違うので、各作品を見比べてみるのもおすすめですよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn