証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵独自のネットワークを検証!驚きの調査方法を解説します

よく探偵事務所のサイトを見ると「独自のネットワークを使って調査します」と書いてあるサイトが多いですが、この独自のネットワークとはどういうものか気になります。何故なら探偵は個人情報を調べる時もあるので、どうしても怪しいと感じてしまうからです。

しかし探偵独自のネットワークは企業秘密な部分も多く、サイトに詳しく書けないのも事実です。そこで今回は探偵の調査方法は安心という事を検証するために、わかる範囲で探偵独自のネットワークを解説します。

大手探偵事務所の強みは情報共有可能な事

ターゲットが1つの地域にいるとは限らないため、探偵の出張費が依頼料として加算される事もあります。しかし大手の探偵事務所だと、出張せずにターゲットを尾行する事も可能です。

それはどうしてなのか?それは大きな探偵事務所ならではの秘密があるからです。こちらではその理由を、詳しく解説します。

全国にある支店で連携する

ネットで大手探偵事務所を検索すると、全国に支店がある事務所も多いです。探偵は全国にある支店と情報共有をする事で、探偵事務所独自のネットワークを築いています。

この場合人件費が依頼料に加算しますが、ターゲットが車で逃亡する事態も防げ、より効率よく早くターゲットの足取りや確かな証拠が掴める事が可能です。

全国に支店があるのは、大手探偵事務所の大きな強みといえるでしょう。

大手の探偵事務所だと海外にも支店がある

ターゲットも出張や海外旅行で日本にいない時もあります。この場合は日本でどの国に旅行に行くのか調べた後に、ターゲットが行く国に支店があれば、そこの探偵が調査協力する事も可能です。

海外支店の探偵はその国の法律に基づいて尾行しているので、法律違反を犯している事はなく依頼者も安心して探偵に頼めます。

探偵は自身のスキルや外部からも情報を得る

全国に支店があってもターゲットの情報がなければ、独自の情報ネットワークを築く事は難しいです。そのため探偵のスキルや、最終手段を利用してターゲットの情報を得ます。さて探偵のスキルや、最終手段とは何でしょうか?こちらで詳しく解説します。

探偵の基本である聞き込みによる情報収集

探偵はターゲットの情報を集める時、ターゲットの知人などに探偵だとバレないように聞き込みを行い、情報を得る事が多いです。聞き込みで得た情報を整理していくうちに、探偵事務所独自の情報ネットワークが構築されます。

探偵だとバレないようにするためには、服装や巧みな言い回しで質問して情報を手に入れます。これは長年の経験と知識で、うまくターゲットの情報を引き出し、依頼を成功していきます。

また家出人が利用する宿泊施設とも連携し、ターゲットの場所を特定するケースも多いです。

測定調査は事務所専用のデータベース作りに重要

測定調査とは測定機器を用いて、盗聴器や盗聴電波から発生する微かな騒音やガウスの計測から、分析を行い測定を行う調査方法です。主に近辺の騒音被害の証拠として使用します。

探偵の依頼には、盗聴器を探してほしいという依頼も多数あります。そこで過去のデータと依頼時に測定したデータを元に、より早く依頼人に調査結果を出せてさらにこれからまた依頼が来るであろう盗聴器捜査のために必要なデータを収集されます。

稀に外部の業者も使うこともある

探偵は聞き込みなどでターゲットの情報を掴めますが、極稀にターゲットの足取りが掴めなくなった事態もあります。この場合資金力のある大手探偵事務所は、長年取引がある業者から情報を聞き出すケースも稀にあるそうです。

ただし費用もかかるため、あくまで最終手段として業者を利用します。

探偵事務所専用のデータベースは膨大な量

探偵は依頼人に臨んだ結果を出せるよう、データベースにある情報を更新し常に進化しています。過去の案件に基づいたデータを構築しています。

上記では探偵の基本である聞き込みや測定調査、さらに名簿屋という外部から仕入れた情報を元に作成していますが、他にはどのような物でデータベースを作っているのでしょうか?こちらでは探偵事務所専用のデータベース作りに一役買っている物についてさらに深く掘り下げていきます。

長年の実績による調査の結果を集めた物

老舗の探偵事務所には長年集めた情報を元に、専用のデータベースを構築しています。そこからこのターゲットはどう行動するかをある程度予測が可能になるのです。

 大手や老舗の探偵事務所ほど、このデータベースがより多く細かく構築されているので、探偵を選ぶ時に専用のデータベースが豊富なところを探すと、調査結果も早く依頼人に届く確率が圧倒的に上がります。

元々公開されている情報も独自のデータベースを構築している

近年個人情報保護法により、国民のプライベートな情報について厳しく守られていますが、それでも探偵はターゲットの情報を持っていきます。情報を得られる理由は、法律で許可されている公開している情報から、長年の経験と過去の案件データを元に調査しているからです。

近年SNSの普及である程度個人情報を公開している人もいて、探偵はそこから依頼に有効な情報を引き出し、独自のデータベースを構築していきます。

旧友と再会したいなどの依頼では個人情報はある程度わかりますが、合法的な理由がないと調査依頼は拒否される事もあります。

まとめ

テレビ番組で探偵が人探しの依頼を行っている時に、ターゲットを高確率で見つけるので「どうして探し人を見つけられるのだろう?」と疑問に思っている方も多いでしょう。ターゲットを発見できる理由は、企業秘密の部分もありますが、長年培った情報と経験があるから事務所専用のデータベースができるのです。

探偵は何かを調査する時に、やみくもに探す事はほぼないです。ターゲットの情報や、行動パターンを読み調査を行います。その時にこういったデータベースがあると、照会しやすくなりより早く依頼を達成できます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn