証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

面接時にアイスブレイクを導入するメリットがどこにあるか理解しよう

面接を受ける人が緊張しないように気持ちをリラックスさせる意味を持つアイスブレイクは、面接時に企業が導入することがあります。緊張して能力を最大限に発揮できないのはもったいないからこそ、企業側の配慮でリラックスするためにアイスブレイクを導入しています。

リラックスさせる


どうしても内定をもらいたいという気持ちが強ければ強いほど緊張するものです。実力がある人でも緊張してうまく面接官に伝えることができなければ不採用になる可能性があります。面接官も本当の姿を見極めることが難しくなるというデメリットもあることから、アイスブレイクを導入して対象者をリラックスさせます。

緊張をほぐしてあげる

候補者は内定をもらいたいという思いで面接の練習を繰り返し行います。しかしいざ本番になると練習とは違った雰囲気にのみ込まれてしまい、何度練習をしても緊張して本来の自分を引き出せなくなってしまいます。どんなに自信がある人でも面接本番になると緊張するものです。そのような状況を変えるためにも緊張をほぐしてあげて自然なコミュニケーションができる状態を作ってあげるのも企業の役割と言えます。

リラックスさせて本当の自分を引き出す

面接に受かるためのノウハウも充実している今の時代は、候補者はしっかり予習をし何度も練習をしてきます。そして面接本番では自分の良いところを必死にアピールしようとします。しかし自分を良くみせようという気持ちが強い人ほど、緊張し本当の自分を出せないまま面接が終わってしまいます。

そのような状況になってしまうのは企業側も本望ではありません。何故ならば素の候補者の姿を見られないからです。思いや熱意を面接で見極めて判断するからです。本当は優秀な人材かもしれないのに緊張することで本当の自分を引き出せないまま終わってしまうのは、企業側にとっても損失になります。そうならないためにアイスブレイクを導入してリラックスさせます。

面接をスムーズに進めるため

面接時のアイスブレイクは候補者の緊張をほぐすだけでなく、面接をスムーズに進めるために行う意味合いもあります。緊張している対象者と本音を聞き出したい面接官の距離を縮めるために導入します。

お互いの距離を縮める

候補者が緊張しているとマニュアル通りの機械的な発言になってしまい、候補者の本質を見極めることが難しくなります。そうすると面接官も構えてしまい候補者に対して機械的・事務的な対応をとってしまいます。最初からお互いの距離が縮まらず壁があると思っていた面接にならなくなります。面接時の会場の空気を緩和させるためにアイスブレイクを導入して、流れをスムーズにさせる役割もあります。距離を縮めて壁を無くすことで対象者はリラックスすることができます。面接官も素の気持ちを確認することができます。お互いの理解を深めてから面接を行うことで双方にメリットがあります。

一方通行にならないようにする

どうしても面接官のほうが立場が上で、緊張している候補者が委縮してしまうことがあります。そうならないためにもお互いが対等の立場で本音を話せるようにアイスブレイクを導入するケースもあります。面接をする前にお互いがコミュニケーションを取って理解を深めて対等に話せるようにします。そうすることで候補者が委縮せずリラックスして面接に臨むことができますし、一方通行にならないので自分の実力を想い存分発揮することができます。

企業側にもメリットがある

企業は優秀な人材を採用するために面接を行います。優秀な人材を面接で判断しなければいけないとき、候補者が緊張していたら本当の実力を見極めることができなくなります。リラックスして面接に臨んで欲しいという意図もあるので、企業側から積極的にアイスブレイクを導入するのは自分たちにもメリットがあることを理解してください。

おすすめのアイスブレイク

ここではすぐに導入できるおすすめのアイスブレイクの仕方を紹介します。対象者が緊張してしまうようアイスブレイクでは駄目です。お互いが距離を縮めることができて壁を無くして相手の緊張をほぐしてあげるようにしてください。

面接官の自己紹介

その場を和ませるために目上の立場の面接官から自己紹介をしてください。自分のことや会社のことを候補者に対して伝えることで、面接官や会社がどのような思いや考えで求人を募集しているのかを理解することでリラックスさせることができます。

採用に関係のない話をする

ざっくばらんに採用や面接に関係ない話をすることで、その場の雰囲気を和ませることができます。ポイントは全く関係のない話をすることです。世間話でも良いですし、候補者が興味がある話題でも良いです。事前に履歴書などを確認して相手も一緒になって盛り上がることができる内容の世間話をしてください。

何を話せばいいかのヒントは候補者の履歴書を見て判断してください。部活をやっていた人ならその話を振ってあげても良いですし、特技があればその話題を振ってあげても良いです。ポイントは相手が話しやすい話題を振ってあげることです。

相手が答えられないような難しい話題を振ると答えられなくて緊張してしまいます。そうならないために世間話をするときにどのような話題が良いかしっかり考えてアイスブレイクの準備をしてください。

今話題のトピックを話す

世間話の中に今話題の話もアイスブレイクで盛り込んでみましょう。年代や性別で話題のトピックの内容も異なります。対象者がどのような人物で何に興味があるかを事前に面接官が把握しておくと、会話の中ですれ違いを防ぐことができます。ニュースやスポーツの話など話題のトピックあれば相手も緊張することなくお互いに話のキャッチボールをしてアイスブレイクでその場を和ませることができます。

まとめ

面接時におけるアイスブレイクは、面接をする人の緊張をほぐすだけでなくその場の雰囲気も和らげる効果があります。緊張を軽減させてリラックスさせてあげることで、自分の思いや熱意をしっかり企業側に伝えることができます。候補者の本当の能力を最大限に発揮できるように環境を整える役割がありますので、企業側は、アイスブレイクを導入してみるのもよいかもしれません。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn