証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

世界初の探偵はフランス人!フランス生まれの探偵について詳しくご紹介

世界初の探偵と言われる人物が、「ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドッグ」です。

1775年、ヴィドックは、フランスに生まれました。

この探偵ヴィドッグが主人公のサスペンス映画「ヴィドッグ」が、2001年に製作され、翌年1月に日本で上映されています。

ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドッグという人物

ヴィドッグは、フランス北部の都市アラスで生まれました。

その後、ヴィドックは16歳で歩兵連隊へ入隊します。

その5年後、除隊しますが、このとき除隊証明書を受けなかったという理由で入獄されます。

そこで10年間、脱獄と逮捕を繰り返すうちに、裏社会の情報と脱獄・変装の技術を習得しました。

出所後はその技術を買われ、パリ警察の密偵として働きます。

それから、国家警察パリ地区犯罪捜査局(現在のパリ警視庁)の初代局長に就任します。

密告やスパイを常套手段とする、犯罪すれすれの摘発方法を用いて成功をおさめました。

また、入手した犯罪者情報と犯罪手口を分類した、科学的捜査方法を確立しています。

そして、退職後に個人事務所を設立し、これが世界初の私立探偵といわれています。

著書に「ヴィドック回想録」があり、エドガー・アラン・ポー、エミール・ガボリオ、アーサー・コナン・ドイルなどの推理小説作品に大きな影響を与えました。

映画「ヴィドッグ」

人物ヴィドックを題材にしたサスペンス・アクション映画です。

連続殺人の真相を解き明かしていく、スピード感のある展開が特徴です。

2002年公開のフランス映画で、監督ピトフの作品です。

ピトフは、特撮監督として、「デリカテッセン」、「他人のそら似」、「エイリアン4」、「ジャンヌ・ダルク」などを手がけており、本作で映画監督としてデビューしました。

ここでは、映画「ヴィドック」のストーリーを解説いたします。

「ヴィドック」のあらすじ①

1830年のフランス、パリ。

探偵ヴィドックは、警察から捜査を依頼され、ある男を探してガラス工場を歩いている。

すると、鏡の仮面で顔を覆い、黒いマントを羽織った男が現れる。

ヴィドックはその男を追いつめる。

しかし、形勢は逆転。ヴィドックは、火の釜の中へ身を投げた。

ヴィドックの死後、エチエンヌ・ボワッセという若い作家が探偵事務所にやってくる。

エチエンヌは、ヴィドック本人に頼まれて伝記を書いていた。

彼は、ヴィドックが殺害された詳細を知りたがっていた。

ヴィドックが死ぬ2週間前、男性2人が雷に撃たれて死亡する奇怪な事件が起こっていた。

警察の依頼で、ヴィドックは相棒のニミエと共にその事件の捜査していた。

「ヴィドック」のあらすじ②

エチエンヌは、ヴィドック死の謎を解明するために、ヴィドックの愛人プレアの元へ向かった。

ヴィドック等は、廃兵院で働く医者ラフィットのところへ行った。

そこで、ラフィットを殺害しようとした、鏡の仮面男を見つける。

ヴィドックは男の後を追ったが、鏡の仮面男は、ビルの上から飛び降り、その場から消え去った。

「ヴィドック」のあらすじ③

エチエンヌは、娼館に足を運んでいた。

ラフィットを含める3人の被害者は、貧しい家庭から少女を買い漁っていた。

そして、娼館を出た後、女主人の紹介で新聞記者フロワサールの元を訪れる。

フロワサールの話によると、3人が処女を売買して、薬漬けにし、乱交させていたことを知る。

エチエンヌは、ラフィット夫人を訪ねる。

被害者3人は、錬金術師だと称した鏡の仮面男から、生贄の処女を集めるように指示されていた。

しかし、3人は、仮面男への不信感が次第に募り、男を裏切った。

そのため、3人は殺害されたとラフィット夫人は語った。

「ヴィドック」の結末

ヴィドックは、仮面男の研究所へ向かっていた。

研究所内には、少女達の無残な死体が吊り下げられている。

鏡の仮面男は、処女達の生き血を素に、その仮面を作り上げていたのだ。

その鏡の仮面には、若さと命を吸い取る力があった。

エチエンヌは、ヴィドックが殺害されたガラス工場へ向った。

ガラス工場には、鏡の仮面男の正体を割り出すための協力者がいた。

その男性は、顔を覆う布と付け髭を取り、素顔を見せた。

協力者の正体は、死亡したはずのヴィドックだった。

そして、エチエンヌが追っていた鏡の仮面男の正体は、エチエンヌ自身だった。

正体がバレたエチエンヌは、鏡の仮面男に姿を変えた。

ヴィドックは、鏡の仮面に魂を吸い取る力があることを逆手に取り、合わせ鏡で仮面男の魂を鏡に吸い取らせた。   (完)

世界の名探偵

シャーロック・ホームズ

世界的な名探偵で、真っ先に思い浮かぶぶのが、シャーロック・ホームズではないでしょうか。

イギリスの小説家アーサー・コナン・ドイルが生み出した、不滅の名探偵です。

映画や連続ドラマでも、何度もリメイクされています。

類まれな頭脳と鋭い観察眼をもち、女性嫌いで、薬物依存症の過去を持ったヘビースモーカー。趣味は、バイオリンと化学実験。

一風変わったキャラクターが、魅力の探偵です。

ジョン・イヴリン・ソーンダイク博士

イギリスの作家R・オースチン・フリーマンが生んだ、シャーロック・ホームズのライバルと呼ばれた探偵です。

ジョン・イヴリン・ソーンダイク博士は、本格的な科学捜査を初めて取り入れた推理小説として、科学探偵の元祖とされています。

法医学者兼、弁護士でもあるジョン・イヴリン・ソーンダイク博士は、顕微鏡を使った証拠分析や指紋採取といった化学捜査の方法で、事件を解決していきます。

必須アイテムは、普段から持ち歩いている緑色の小箱。

携帯実験室と呼ばれるその小箱のなかには、科学捜査に必要な道具が入っています。

エルキュール・ポアロ

ミステリー界の女王アガサ・クリスティが生んだ名探偵、エルキュール・ポアロです。

ポアロは作中で亡なりますが、この死亡記事がニューヨークタイムズに掲載されたエピソードは有名です。

女性に対して紳士的で、トレードマークの広い額と八の字の口ひげが、ユーモラスなキャラクターです。

C・オーギュスト・デュパン

世界初の名探偵C・オーギュスト・デュパンは、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーが生み出しました。

短編小説「モルグ街の殺人」、「マリー・ロジェの謎」、「盗まれた手紙」に登場しています。

C・オーギュスト・デュパンの物語の舞台はフランスで、五等勲爵士でありながら没落した貴族というキャラクター設定です。

3つの短編小説にしか登場しませんでしたが、後の名探偵たちの人物像に、少なからず影響を与えているといわれています。

ミス・マープル

ミス・マープルは、作者のアガサ・クリスティの祖母がモデルだと言われています。

ミス・マープルの年齢は60代後半で、イタリアの寄宿女学校に留学した経歴をもちます。

ミス・マープルが住んでいる「セント・メアリ・ミード」というロンドン郊外の村は、架空の村です。

事件のほとんどはこの村で起こり、近所の噂話から情報収集したり、犯人の性格を近所の人に当てはめたりと、独特の推理手法で難事件を解決へ導いていきます。

まとめ

実際の探偵業でも、仕事の中心は世間の裏の部分や隠れた部分に関してです。

依頼される案件はさまざまですが、非常に緊張感のある仕事です。

時間をかけて調査を行い、成果が出たときの達成感は一入で、こういったことが探偵の魅力といえます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn