証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

面接時にどのようなことに注意して臨めば採用される確率が高まるか

面接の内容で採用されるかどうかが決まると言っても過言ではありません。どのようなことに注意して面接に臨めば採用される確率が高まるか知っておいて損はありません。面接時でどのようなことを意識して自分を売り込めばいいかをその注意点をまとめてみました。これから面接を受ける人の参考になれば幸いです。

面接時の注意点

面接時にも細かな注意点を理解する必要があります。入室するときと、面接が始まってからの注意点を理解してください。面接会場に入る前からすでに始まっていると言っても過言ではありません。しっかり理解してミスの内容に対応してください。

入室するとき

名前を呼ばれてから入室をしますが、名前を呼ばれたらドアを3回程度ノックしてください。返事があったら元気よく失礼しますと言ってから入室してください。扉を閉める際はしっかりドアのほうを見るように振り返ってからドアを閉めてください。

面接官に声をかけてもらってから椅子に腰をかけてください、椅子に座ったときの注意点として、持ってきたカバンを持ったまま面接に臨むのではなく、カバンは椅子の横に置いて面接に集中するようにしてください。

お辞儀の種類

面接官に挨拶をする際のお辞儀も注意してください。深いお辞儀と軽めのお辞儀にはそれぞれ意味があります。また頭を下げるお辞儀の角度も重要です。入室するとき失礼いたしますと言いながら会釈をしますが、その際のお辞儀の角度は30度と言われています。それよりも深いお辞儀が面接会場内でよろしくおねがいします、ありがとうございました、というときに行うお辞儀は45度が最適だと言われています。

面接中のマナーの注意点


面接時は緊張して自分の思いを話すだけで精一杯になるかもしれませんが、しっかり注意点を理解して面接に臨んでください。実際に面接官は相手の話す内容だけでなく様々なポイントをチェックしています。特に重要で注意しなければいけないのが話し方・表情・姿勢です。

話し方の注意点

面接時の話し方は面接官からの質問に対して結論から喋るとテンポよく言葉のキャッチボールをすることができます。普段から話が長くてまとまりが無い人がいますが、面接時にそのような喋り方だと自分のイメージが悪くなってしまいます。

面接官の質問に対して最初から答えるように結論から述べるようにしてください。そうすることで自分の話を時間かけずに面接官に伝えることができます。結論から話すことで会話のテンポも良くなります。

表情の注意点

面接では表情で自分の印象がガラっと変わってしまうと言っても過言ではありません。表情に注意して第一印象を見られる最初のあいさつは元気よくハキハキと笑顔で挨拶をしてください。笑顔の作り方のポイントは、口角を上げると自然と明るい表情を作ることができます。

面接を受けるときに、誰しもが緊張してしまい表情が強張ってしまう人がいますが、そのまま面接に臨んでしまうと表情が硬いまま面接官に対しての印象も良くありません。面接の練習時に何をしゃべるか考えるだけでなく、いかなる状況でも笑顔になって印象を良くするために、表情作りの練習も繰り返し行うことをおすすめします。

姿勢の注意点

面接のときの姿勢は男性と女性とで異なります。男性の場合は椅子に着席をしたら足は肩幅ぐらいに開いても問題ありません。注意点として肩幅以上に足を開いてしまうと、大きい態度に見えてしまう可能性があります。面接官によっては偉そうな態度を取っていると見なしてマイナスの評価をする人もいます。男性が着席してから足を閉じたままだと見た目も違和感がありますし、緊張してモジモジしているように感じてしまう面接官もいます。

女性の場合は膝やかかとを綺麗にそろえて座るのが姿勢のマナーになります。男性のように膝を広げたりすると下品な態度と見なされてマイナスポイントになります。また面接時は足を閉じた状態で横向きにしないでください。

男性も女性も猫背にならないようにしっかりと背筋を伸ばして椅子に座ってください。また椅子の背もたれに寄りかからないのが面接時の姿勢で求められます。背もたれに寄りかからないで握りこぶし1個ぶんくらいの間を開けて座るようにしてください。

服装や髪型で気を付けること


面接時は話す内容だけでなく、服装や髪型も注意して臨む必要があります。その人の経歴や実績だけでなく見た目の印象を良いものにするか、それとも悪い印象を与えてしまうかで結果が変わってしまいます。

スーツのマナー

スーツは男性も女性もシンプルなシングルのものを選んでください。デザインにこだわったスーツはオシャレで良いかもしれませんが、面接時にスーツのオシャレにこだわる必要はありません。面接時のスーツの注意点として覚えておくべきポイントが清潔感です。

髪型の注意点

スーツだけでなく髪型も見た目の印象をガラっと変えてしまう大切なポイントになります。乱れた髪型になっているだけで表基準を下げてしまう可能性があります。そうならないためにも面接時は清潔感を意識して髪型を整えておくことをおすすめします。

業種にもよりますが、髪の毛の色は黒髪、もしくは明るすぎない茶色に抑えることが望ましいと言われています。男性はおでこを見せると清潔感が出ますし、もみあげも短めにカットした方がよいと思われます。女性は耳を見せると印象が変わって清潔感がでます。

女性で髪の毛が長い人は一つ結びにしてスッキリとした印象を与えるようにしてください。そのときシュシュではなくヘアゴムが望ましいです。普段オシャレで使っているアイテムが通用しないのが面接です。面接官に対して悪い印象を与えないためにも、シンプルにまとめて清潔感を出して面接に臨んでください。

まとめ

面接の注意点を知っているだけでも相手に与える印象が変わりますし、自分をしっかりアピールすることができて採用される確率が高まります。事前に自分をどのようにアピールすればいいかを明確にしながら、採用されるために必要なことをまとめて、自信を持って面接に臨んでください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn