証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所に美容室の競合調査を依頼したほうがよい理由とは?

「美容室の新規出店を予定している」「最近、近所に新しい美容室がオープンし、自分の美容室の売上が落ちている」このようなときには、競合店の調査が不可欠といえます。競合調査は、ライバルである他社のサービスや商売の内容を調べ、自社と比較し分析調査をおこなうものです。競合調査は、調査のプロである興信所へ依頼するのがおすすめです。今回は、美容室の競合調査を興信所に依頼すべき理由を中心に解説します。

競合調査とは

競合調査は、事業をおこなう上でライバルになる会社の調査をおこなうことです。競合調査というとインターネットや雑誌など、だれでも簡単に入手できる表面的な情報を調べて終わりといった企業もありますが、これではその立地で自社が生き残るために意味のある調査とはいえません。

既存店で売上が伸び悩んでいる

競合調査の目的は、既存の美容室であればライバル店のサービスや商売を調べて、ライバル店にあって自社に欠けている項目、自社よりも優れている項目を洗い出すことです。そして、ライバル店の優れている点を確認し自社のレベルを同水準まで引き上げるとともに、ライバル店との差別化を図れる点は何か、分析します。

新規出店を検討している

美容室の新規出店を図る場合には、地域でターゲット層が被りそうなお店を調査します。ライバル店のターゲット層が同じで、提供できるサービス等までもがまったく同じである場合、その場所に新たに出店しても勝機は少ないといえるでしょう。その立地で生き残りを図るために、ライバル店に対する競合優位性を明確にする必要があるのです。

既存店であっても新規店であっても、生き残りをかけた調査をするには、インターネットに掲載されている情報や店の前を通り過ぎたときの印象などでは不十分といえます。潜入調査をおこない実際にサービスを受けてみて、技術や接客サービスのレベルを確認する必要があります。

美容室の競合調査を興信所に依頼すべき理由

従業員が他店に潜入するのは難しい

美容室の場合、飲食店などと比べると従業員が気軽に他店に潜入調査することは難しいでしょう。サービスを受ける際に少なからず美容師さんと話をすることになるでしょうし、ある程度の時間滞在せざるを得ないので、顔が割れる可能性があります。さらに、万が一自分のところの顧客がライバル店も利用していたというようなケースでは、他の客によって調査であることがバレてしまう危険性も考えられます。

アルバイトの調査員ではバレやすく、調査・報告の精度に問題がある

調査会社によっては、アルバイトを使って調査させることもあります。確かに「一般の利用者の視点」に立つことができるというメリットはあります。ですが、特別な訓練を受けていないことや経験の無さが仇となり、調査ということが相手に知られてしまう可能性が高まります。相手にバレてしまうと、ありのままの技術傾向、接客サービスのレベルを知ることができません。

また、アルバイトによる調査の場合、客観的な調査を期待するのが難しいケースもあります。なんとなくの「好き」「嫌い」といった感情に左右され、主観的な結果となってしまうといったリスクを伴います。

探偵が調査をするメリット

一方で、探偵はプロとして調査の研修を受けていることがほとんどであり、客観的に評価することが可能です。調査項目についても、これまでのノウハウを活かし、今後の従業員教育や営業戦略の見直しにつながる有意義な内容になっています。また、調査会社に比べて小規模の調査に対応できるのも、興信所に依頼するメリットといえるでしょう。

興信所による美容室の競合調査の手法・料金など

興信所が依頼を受けて競合の美容室の調査する場合、どのような調査をおこなうのでしょうか。あくまでも一例ですが、下記のような切り口で調査することが多いといえるでしょう。

顧客層の把握

入店してくるお客さんの人数、年齢層などをチェックします。さらに、ライバル店スタッフの性別の割合、年齢構成などを確認することで、その時間帯に来店するお客さんにとどまらず、全体的な客層を把握することができます。

売上の推定

ライバル店の広さ、従業員数、客席数、シャンプー台数をチェックして、おおよその売上を推測します。さらに店舗の立地と広さから家賃を、従業員の人数から人件費を割りだし、収支を計算します。

営業時間や料金、サービスの特徴の把握

営業時間や定休日、提供しているメニューや料金も確認します。たとえば、ライバル店の営業時間よりも長く、あるいは遅い時間帯に店を開くことで、他店が取りこぼしているお客さんを引き入れることができるかもしれません。また、店舗の内装のイメージや接客サービスのレベルなどもチェックします。

興信所は上記の内容を確認した後、データや特徴を記載した報告書を提出します。依頼した美容室は、この報告書をもとに、自社のマイナスポイントや優位性を分析します。新規出店であれば勝算の有無の判断、既存店であれば今後の改善項目の把握と成長戦略の策定などに活かすことができます。

ここまで探偵に美容室の競合店調査を依頼するメリットや調査の手法についてお伝えしてきましたが、費用の相場も気になるところだと思います。

調査費用は、競合店に関して収集したい情報の範囲や、調査する期間によっても変動しますが、一般的には10~50万円程度が相場とされています。調査会社と比べると、興信所は小規模の依頼に対しても対応が可能で、実際の調査の範囲、調査内容に応じた費用を支払えばよいことが利点です。興信所に支払う費用として、交通費や出張費といった付帯費用がかかることにも注意しましょう。

まとめ

今回は、美容室の競合店調査を興信所に依頼するメリット、調査手法を中心に解説しました。競合店調査は、自社の生き残りをかけた戦略策定の際に重要です。インターネットに公表されている営業情報や、通りすがりの視察では表面的な情報収集に終わり、あまり意味があるものとはいえません。実際に店舗に潜入する調査が不可欠ですが、調査員のスキルや経験によって調査結果の信ぴょう性が左右されるため、調査のプロである探偵に依頼することがおすすめです。ぜひ一度探偵にご相談ください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒信用調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn