証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所の料金は言い値になる場合も・相場を把握しよう

初めて興信所に依頼する場合、不安に感じるのは料金ではありませんか?調査内容や調査期間、調査員の数など内容はどれ一つとして全く一緒にはなりません。オーダーメイド方式で価格設定されるので、業者の言い値になってしまうのが時として問題になりえます。

完全成功報酬制の落とし穴

興信所の料金の中で「完全成功報酬制」とうたっているケースも少なくありません。完全成功報酬制とは、一定の条件を満たさない、調査に成功しなかった場合料金は請求しないというものです。しかしこの「成功」の基準が興信所とクライアントの間で齟齬をきたし、料金のトラブルになってしまうことがあります。

例えば浮気調査を依頼したとします。普通調査が成功したといえるのは、ターゲットの浮気の証拠をつかむことではないでしょうか?ところが興信所の中には、「証拠は取れなかったけれども尾行は成功した」と言い張って、報酬を請求する場合もある等です。また「証拠が取れなかったのは相手が浮気していなかったから」ということで成功だといってくるような業者もあるようです。しかし浮気をしていないのであれば一定期間尾行して、浮気をしてなかったことを証明する必要があるでしょう。このように成功報酬といっても、成功の条件が相手の基準なので言い値で料金が決まってしまう可能性があります。

完全成功報酬の「成功」について説明を受ける

興信所によっては、成功の基準をかなり低く設定しているところもあるかもしれません。そこで完全成功報酬制の興信所に依頼する前に「何をもって成功とするのか?」きちんと先方に説明を求めましょう。優良な興信所であれば、決定的な証拠をとることができなければ料金は取らないとしているはずです。決定的な証拠とは例えば浮気調査の場合、裁判になった場合こちらの主張が認められるような勝てる証拠になります。このような成功に関する条件が明確かつ具体的に契約書に盛り込まれているか、きちんとチェックしましょう。さもないと後々費用請求でトラブルが起きるかもしれません。

興信所の料金構成を理解しよう

興信所の料金体系は一般の方からするとわかりにくいところがあるでしょう。このため、言い値で価格が決められていると感じる人も多いでしょう。興信所の価格設定ですがいくつかの要素で構成されています。まずは経費です。経費とは実際に調査するにあたってかかった費用のことです。経費はクライアントのほうで負担するのが一般的です。交通費や車を使った尾行の場合ガソリン代や高速道路の運賃、電話などを使った際には通信費、機材を使った調査になった場合その費用も請求されます。

2つ目の要素として調査料金があります。着手金などがこの中に含まれます。契約したときにまとまったお金を請求される可能性もあるので、着手金がどうなっているのか正式に依頼する前に確認しておきましょう。そのほかには当初の予定よりも調査期間を延長した場合、その分の代金もこの中に含まれます。また興信所によっては諸手当もこの中に含んで請求してくる可能性があります。

報酬は2種類に大別される

最後の要素に報酬料金があります。こちらは興信所によって大きく2つの方式に分類されます。まずは先ほど紹介した成功報酬です。これは当初設定された成果を満たした場合に請求する報酬です。もう一つはタイムチャージ制です。こちらは時間制ともいえるもので、1時間当たりの単価×調査人数×時間で料金が決まるものです。調査が大掛かりで参加しているスタッフの数が多くなればなるほど、調査期間が長くなればなるほど料金が大きくなります。この場合、単価がいくらでどのくらいのスタッフが調査に携わるのか、前もって説明を受けましょう。

単価がどのくらいになるのか、東京都調査業協会という社団法人がアンケートを実施しました。その結果最も多かったのは、調査員2名での1時間当たりの単価が2万円以上2万5000円未満というものでした。こちらが全体の36%を占めました。次に多かったのが1万5000円以上2万円未満で28%です。この2つで全体の64%を占めますので、大体1万5000円~2万5000円が相場と考えておきましょう。

調査は一般的に複数名で行います。もし1人だけで尾行をするとなると、ターゲットにまかれて見失ってしまう恐れがあります。また何日も同じ人が尾行していると、ターゲットが自分に誰かが付きまとっていると気づかれる恐れもあります。2名で尾行するものだと考えておきましょう。

適正価格の興信所を選ぶべし

興信所を選ぶにあたって、やはりできるだけ安いところがいいと思う人もいるでしょう。しかしあまりに格安料金で宣伝しているところがあれば、注意したほうがいいです。価格が安すぎるということは、無理なコストカットをしている可能性が高いです。人件費や経費にしわ寄せが行っていて、結果的に調査の質が低い可能性もあります。

また一見すると低価格のように装っている可能性もあります。そして低価格で請け負ってくれるものの、後々いろいろな名目をつけては追加料金を請求してくるようなところもあるようです。結果的に他社よりも割高な料金を請求されてしまったという話もありました。あまり料金の安さだけでこだわらないほうがいいでしょう。

複数のところで見積もりを取る

自分の依頼内容で適正な価格を知るにはどうすればいいか、それは複数の興信所で見積もりを取ることです。同じ条件で見積もりを取れば、大体大まかな価格帯がわかるはずです。それが適正価格です。適正価格よりもあまりに安い金額をつけてくる業者があれば、注意したほうがいいでしょう。

まとめ

興信所の料金は何か言い値のような感じがして、本当にそれが適正価格なのかよくわからないという声もしばしば聞かれます。しかし、きちんとした業者であれば、内訳も丁寧に説明してもらえるはずです。まずは見積もりを取って、どのような内容になっているか確認して、納得できる興信所に調査委の依頼をしましょう。あまり価格の安さだけにこだわりすぎてしまうと、うえで紹介したような問題が起きる可能性もあります。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn