証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

海外で調査してほしい…国内の興信所にお願いすることは可能なの?

グローバルな社会になっている現在、日本人でも海外で活動している方は少なくありません。そんな中で、興信所に海外を対象にした調査をお願いしたいと思っている人もいるでしょう。国内の興信所でも海外の調査に対応しているところも少なくありません。

海外における浮気調査をお願いする

海外の調査でも浮気を調べてほしいという依頼は少なからずあります。例えば海外に出張しているといっているけれども、実際は浮気相手との旅行だったということも考えられます。またグローバル化の進んでいる現在、海外の営業所や工場に転勤を命ぜられることもあるでしょう。環境が大きく変わってしまうので、家族を残して単身赴任というケースも少なくないでしょう。家族から遠く離れたということでついつい羽を伸ばして今って、現地で浮気してしまうこともあります。外国だと家族もそうそう現地にはやってこないでしょう。「バレないから大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。

国際結婚に関する調査

海外対応している興信所に持ち込まれる案件として「国際結婚しようと思っている相手を調べてほしい」というものもあります。当人という場合もあれば、親など家族が依頼してくるケースもあります。国際結婚となると、どうしても日本人同士と比較してハードルも上がります。国が変わってくると生活習慣や文化も異なります。もしかすると日本人にはなかなか受け入れられないような特殊な文化や習慣を持っている国や地域もあるかもしれません。また相手の言っていることが本当なのか、何らかのトラブルを過去に起こしたことはないのかなど気になることも出てくるでしょう。結婚する前にしっかり調査してもらって、相手が信頼に足る人物なのかはっきりしたほうが安心です。

ビジネス関係の調査も

グローバルでボーダーレスになっている現在、業種関係なく海外の取引先とビジネスすることは決して珍しいことではありません。日本国内の企業と新規契約する際には慎重になるでしょう。それが文化や価値観が異なる海外の企業と取引するとなると、さらに慎重になるかもしれません。海外におけるビジネスをするにあたって、十分な準備をしたほうがいいといわれています。準備不足による損失は時として大きくなりがちで、それを回収するためにさらにまとまったコストを投入しなければならないこともあり得ます。

海外から商品を受け取るのであれば、財務状況などを確認しておく必要があります。もし経営が安定せずに倒産してしまった場合、約束された商品が届かなくなってこちらも少なからずのダメージを受ける恐れがあります。また倒産まではいかなくても、約束の期日までに納品してもらえない、納入したのに代金を支払ってもらえないなどのトラブルが起きるかもしれません。

また外国に現地法人や営業所を作る場合、現地でスタッフを採用することもあるでしょう。外国人を雇用する場合、文化が異なることによる相互理解が進まずトラブルになるかもしれません。また日本人を採用するのと同様、本当に信頼できる人物か、素行調査を行いたいという企業もあるでしょう。興信所にお願いすれば、このような素行調査を任せることも可能です。

マーケットリサーチも

自社製品を海外でも販売展開したいと思っている事業者の方はいませんか?国内同様、それなりの売り上げを記録するためにはマーケティングが必要です。現地を調査して、どのような商品がトレンドなのか、どういったニーズがあるのか、自社商品をどうPRすれば現地の人々の心に刺さるかなど詳細に調べておく必要があります。現地の情報を十分集めることで、正しい戦略を立てられます。しかし自社のスタッフを現地に派遣して情報収集するには時間もコストもかかるでしょう。海外の実績のある興信所にお願いすれば、効率的に必要な情報を集められるでしょう。

依頼する興信所の選び方

海外対応している興信所を探す際には、どれだけの実績を有しているかチェックしましょう。海外になると文化や法律などが日本と違っている部分もあるでしょう。このような部分を理解していないと、現地で調査員がトラブルを起こす恐れもあります。そこで自分が調査をお願いしようと思っている国や地域で実績のある興信所を見つけることです。海外で調査実績のある興信所であれば、過去どのような地域で活動したことがあるか、ホームページに掲載しているはずです。

また調査員の能力についてもチェックしておいたほうがいいでしょう。海外で活動してもらう場合、やはり語学力は必須です。英語で書かれた資料を読んだり、現地で聞き込み調査をするときに欠かすことのできないスキルだからです。海外での調査実績が豊富な興信所であれば、バイリンガルのスタッフが在籍しているでしょう。興信所のスタッフが直接現地で調査してくれれば、現地のコーディネーターなどを雇う必要もありません。また直接進捗状況を報告してもらえるので、リアルタイムでどこまでリサーチが進んでいるかクライアントも知ることができます。

しっかり打合せすること

このように海外での実績やスタッフの語学力を知るためには、直接興信所の方と話をするのがおすすめです。気になることがあれば、契約する前にどんどん質問しましょう。そして相手の回答に納得できたら、初めて契約することです。質問しそびれることのないように、打ち合わせをする前にどんなことが訊きたいのかメモしておくといいです。メモを見ながら質問すれば、聞きたいことを聞けない状況も回避できます。またいきなり一つの興信所に絞るのではなく、複数の候補を残してそれぞれ話を聞くといいです。そうすれば比較ができ、より信用できる事務所に依頼できるからです。

まとめ

海外で調査をお願いするとなると、過去にどの程度の実績があるか、スタッフの語学力など国内の調査とはまた違った部分をチェックしなければなりません。海外での実績が豊富な興信所をピックアップして、スタッフと話をしてみましょう。そしてその説明に納得できたところ、安心して任せられると感じたところに依頼することです。十分準備をしてから契約しましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn