証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

離婚するために探偵が必要な場合とは?離婚に向けて調査する流れを解説

離婚を検討する人の中には、相手の浮気が原因という人もいるのではないでしょうか。浮気などの不貞行為での離婚は、慰謝料請求の対象になるので、不貞行為の証拠を入手したいですよね。不貞行為の証拠は、浮気調査で入手しやすくなりますよ。ここでは、浮気調査を検討するきっかけや調査内容について解説します。慰謝料請求を踏まえて離婚を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

浮気調査を検討するきっかけ

仲良く結婚生活を送っていた2人が、離婚を検討する背景には、配偶者の浮気が挙げられます。自分で浮気の証拠を見つけようとしても、見つけられずに泣き寝入りすることもあるでしょう。泣き寝入りせずに、浮気の証拠を見つけるために、浮気調査があります。そもそも探偵に浮気調査を依頼するきっかけにはどのようなものがあるのか気になりますよね。浮気調査を依頼する主なきっかけは2つです。

●浮気の可能性

●急な離婚請求

浮気調査を依頼する2つのきっかけについてそれぞれ説明しますね。

浮気の可能性

結婚生活を送る上で、配偶者の行動の変化について不審に思う人もいるのではないでしょうか。「残業が急に増えた」「スマホを手離さなくなった」など、自分以外の異性の存在を感じた際、浮気の可能性を考えますよね。一緒に生活している夫婦だからこそ、相手の行動の変化に気付くこともあります。行動の変化を不審に感じることが、浮気調査を検討するきっかけの1つだといえるでしょう。

急な離婚請求

急に相手から離婚請求された場合、相手に浮気の可能性があります。相手には他に好きな人がいるかもしれません。仮に相手が浮気をしているのであれば、浮気をしている側からの離婚請求は認められないことが多いです。相手が浮気をしているのに、慰謝料もなく離婚することで、後悔することもあるでしょう。急な離婚請求は、相手が浮気をしている可能性があるので、浮気調査を依頼するきっかけになりますよ。

浮気調査の前に準備すること

配偶者による浮気の可能性を感じ、浮気調査を依頼する際に、事前に準備しておくことを知りたいですよね。浮気調査の前に準備することは4つあります。

●個人情報を集める

●行動を把握する

●交友関係を調べる

●実績豊富な探偵事務所を探す

浮気調査を探偵に依頼する際、事前に準備しておく4つのことについて説明しますね。

個人情報を集める

配偶者の情報を可能な限り、集めておきましょう。対象者の氏名や顔がわからなければ、調査できません。探偵が調査業務を遂行するために、対象者がどのような人物かイメージしやすくすることが重要です。個人情報に関わるものであれば、些細な情報でも集めておきましょう。

行動を把握する

「出張頻度」「休日の外出先」など、配偶者の行動を事前に把握しておきましょう。浮気は1人で行動する際に行なわれるので、1人になるタイミングに合わせて調査します。費用を抑えて調査をするために、効率良く調査することが重要です。配偶者の行動を把握しておくことで、効率的に調査できるようになりますよ。

交友関係を調べる

配偶者の浮気相手が、友人や身近な人の可能性もあるので、交友関係を把握しておくことは重要です。

交友関係には仕事での同僚も含まれるので、日頃からどのような人と交流があるのかを意識する必要があります。事前に交友関係を把握しておくことで、効率的に調査業務を進めることが可能です。入手可能であれば、浮気調査を依頼する前に、友人や同僚の連絡先などを入手しておきましょう。

実績豊富な探偵事務所を探す

探偵によって、得意としている調査業務はさまざまです。ネットや口コミで多くの探偵が紹介されているので、浮気調査の実績豊富な探偵を見つけることが重要です。浮気調査の実績があることで、調査に慣れている探偵が多く在籍しているので、成功率が高くなります。予算面も含めて、浮気調査に実績がある探偵を探しておきましょう。

浮気調査で証拠を入手する

不貞行為の証拠収集の為に、探偵が行なう浮気調査について気になりますよね。浮気調査をすることで、離婚に有利な証拠が得られることもあります。浮気調査の業務内容は2つです。

●尾行

●張り込み

浮気調査の2つの業務内容をそれぞれ説明しますね。

尾行

尾行は個人情報や交友関係を基にして、調査対象者を複数人で探ることになります。対象者にバレてはいけないので、一定の距離感を保ち、死角を利用しながら追い続けます。複数人のチームで尾行するので、急な行動にも対応可能です。対象者にバレないように、見失わずに観察することが重要だといえます。尾行をすることで、対象者の行動だけではなく、浮気の可能性を知ることができます。特定の異性とラブホテルに入るなど、浮気の可能性が高い行動が見つかれば、決定的な証拠を入手するチャンスだといえるでしょう。

張り込み

対象者が浮気現場の可能性が高い場所に入った際、張り込みを行なうことで、浮気の決定的な証拠を撮影します。証拠は静止画や動画であり、現場の状況によって、使用する機器を合わせます。使用する機器類は、最新式で高解像度であることが多いので、浮気相手の顔もハッキリと確認することが可能です。張り込みで証拠を入手する際には、建物の死角から、2人の密会現場を撮影します。2人でラブホテルから出てくる瞬間などは、決定的な証拠だといえます。張り込みは、証拠を入手するためにも、重要な業務となります。

まとめ

今回は、配偶者の浮気を疑うタイミング、浮気調査で離婚を進める流れについて解説しました。配偶者の急な行動の変化は、不審な部分が多いので、浮気の可能性を感じますよね。配偶者に関する情報を集めて、浮気調査を依頼する人もいるでしょう。浮気調査によって、浮気の決定的な証拠を入手することも可能であり、離婚調停での慰謝料請求が有利になります。配偶者の浮気の可能性で悩んでいるのであれば、まずは探偵の無料相談を利用することをおすすめしますよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn