証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

日本の離婚率はどれくらい?離婚の原因や離婚率の推移について解説

「日本人夫婦の3組の内1組は離婚するって聞いたことがあるけど本当なの?」

「近年の日本の離婚率や離婚の原因について詳しく知りたい!」

このようにお考えの方は、多いのではないでしょうか?

近年、芸能人の不貞行為や離婚についての報道が頻繁にメディアに取り上げられるようになり、不倫や離婚はもはや他人事とは言えない世の中になりました。

現在、結婚生活を送っている方の中には、自分たちもいつか家庭内のトラブルで離婚してしまうのではないかと不安を覚えている方も多いと思います。

そこで今回は、日本の離婚率の推移や離婚の主な原因などについて具体的に解説します。

離婚率の定義とは?

日本の離婚率の推移を解説していくにあたって、離婚率の定義について確認しておきます。

離婚率と言えば、結婚している夫婦に対する百分率(パーセンテージ)と考えてしまいがちですが、実はそうではありません。

正しい離婚率とは、「人口1,000人あたりの離婚件数」であり、離婚の件数が多いのか少ないのかを比べる際に使われる統計学上の数値です。

例えば、離婚率1.00とは、100組の夫婦の内1組が離婚したということではなく、人口1000人の中で1組が離婚したということになります。

日本の離婚率の推移

離婚率の定義を確認したところで、早速我が国における離婚率の推移について具体的に解説します。

近年の離婚率と離婚件数

日本では、厚生労働省が毎年実施している「人口動態調査」に基づく情報によって、離婚率が

算出されています。

その厚生労働省が集計したデータによると、令和元年における日本の離婚率は1.69であることがわかっており、昨年の平成30年に記録した1.68より僅かに多い数値です。

ですが、日本における近年の離婚率が増加傾向にある訳ではなく、平成14年の離婚率2.30をピークに現在に至るまで緩やかに減少している状況です。

また、離婚件数に関しても平成21年度に記録した25万3353件がピークであり、令和元年では20万8496件まで減少しています。

3組の内1組が離婚している訳じゃない?

「日本では3組に1組が離婚している」という話をよく耳にしますが、このうわさは果たして本当なのでしょうか?

令和元年に実施された人口動態調査によれば、令和元年中の婚姻件数は59万9007件で、離婚件数は20万8496件であることが分かっています。

この数字を見れば、結婚件数約60万件に対して、離婚件数は約20万件と結婚件数の3分の1程度の数値であるため、「3組に1組が離婚している」と考えてしまいがちです。

しかし、この数値はあくまで同じ年の件数を比較したものであり、実際の割合ではありません。

令和元年に離婚した20万8496組の夫婦の中には、令和元年以前に結婚した夫婦が数多く含まれているため、3組の夫婦の内1組が離婚していると結論付けることはできないということになります。

日本における離婚の主な原因

離婚に至る原因は、浮気や不倫だけではなく、夫婦によって様々な原因があります。

裁判所司法統計によると、離婚動機として以下のような原因が挙げられます。

・家庭内暴力

・性格が合わない

・異性に関するトラブル

・性的不調和

・酒癖が悪い

・浪費癖

・病気

・精神的虐待

・家庭を捨てて省みない

・生活費を渡さない

・同居に応じない

・家族親族とのトラブル

・その他

・不詳

この多くの離婚動機の中から夫の離婚動機、妻の離婚動機、離婚動機全体のベスト5を挙げてみます。

夫の離婚動機

1位 性格が合わない

2位 精神的虐待

3位 異性に関するトラブル、家族親族とのトラブル

4位 性的不調和

5位 浪費癖

妻の離婚動機

1位 性格が合わない

2位 生活費を渡さない

3位 精神的虐待

4位 家庭内暴力

5位 異性に関するトラブル

離婚動機全体

1位 性格が合わない

2位 精神的虐待

3位 生活費を渡さない

4位 家庭内暴力

5位 異性に関するトラブル

離婚の原因として最も多いのは、夫と妻共に「性格が合わない」であり、全体の約半数を占めていると言われています。

これらの離婚動機の推移については、ここ15年程で大きな変化がなく、離婚原因として家庭内暴力や異性関係のトラブルが上位であり続けることも問題視されています。

日本と海外の離婚率の差

令和元年における日本の離婚率は1.69ですが、この数値は多いのか少ないのか疑問を抱いている方も多いと思います。

そこで、世界の主要国を離婚率の低い順に並べ替え、日本の離婚率と他国の離婚率にどのような差があるのか比較してみます。

順位:国名(離婚率)

1位:ギリシャ(1.02)

2位:メキシコ(1.14)

3位:ブルガリア(1.47)

4位:トルコ(1.58)

5位:ルーマニア(1.59)

6位:イタリア(1.63)

7位:日本(1.7)

8位:ポーランド(1.72)

9位:イスラエル(1.72)

10位:シンガポール(1.82)

11位:オーストリア(1.84)

12位:ドイツ(1.86)

13位:ノルウェー(1.87)

14位:ハンガリー(1.89)

15位:オーストラリア(1.92)

16位:オランダ(1.92)

17位:フランス(1.93)

18位:ベルギー(2.03)

19位:韓国(2.06)

20位:エジプト(2.08)

21位:スペイン(2.08)

22位:ポルトガル(2.12)

23位:イラン(2.27)

24位:スウェーデン(2.41)

25位:チェコ(2.43)

26位:フィンランド(2.47)

27位:アメリカ(2.5)

28位:デンマーク(2.65)

29位:キューバ(2.87)

30位:ロシア(4.65)

このように、日本の離婚率の低さは世界主要国の中で7位と上位にランクインしており、日本の離婚率は海外と比べて高くはないことが分かります。

まとめ

以上が、日本の離婚率の推移や離婚の主な原因、日本と海外主要国との離婚率の違いに関する情報のまとめです。

日本の離婚率はここ15年程で緩やかに減少しており、海外と比べても決して高い数値ではありません。

ですが、熟年離婚やお金が原因による離婚増加していることに加えて、家庭内暴力や不貞行為の割合が減少しないなど、まだまだ我が国としても改善の余地はあると言えます。

現在結婚生活を送っている方の中にも、これから先夫婦で上手くやっていけるのか不安を抱いている方も多いと思いますが、今回の記事の内容を自分自身に当てはめてみて、離婚を回避するために夫婦で意見を出し合ってみてはいかがでしょうか?

これからの安定した結婚生活のために、この記事が少しでも参考となれば幸いです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn