証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

協議離婚を検討している人必見!協議離婚で探偵をおすすめする理由とは

離婚する理由は人によって異なり、円満な離婚のために、協議離婚を検討している人もいるのではないでしょうか。協議離婚であれば、当事者同士で話し合うことで、お互い離婚条件に納得して離婚することになります。円満に別れられるはずの協議離婚ですが、気を付けなければトラブルの原因にもなりかねないってご存知でしょうか?協議離婚でトラブルにならないためには、探偵を活用することをおすすめしますよ。ここでは、協議離婚が抱える課題、探偵を活用するメリットについて解説します。

協議離婚の流れ

協議離婚は、当事者同士で離婚に向けて話し合い、条件などを打ち合わせます。慰謝料などの手続きが発生しないこともあり、裁判所が仲介しないので、迅速に離婚できるのが特徴です。協議離婚の大まかな流れは4つの手順となります。

1.意思の確認

2.離婚で生じる課題の打ち合わせ

3.条件面の合意

4.離婚届の提出

4つの協議離婚の手順についてそれぞれ説明しますね。

①意思の確認

離婚は双方の合意があることで成立するので、お互いに離婚の意思を明確にしなければなりません。協議離婚であっても、双方の合意が必要なのは同じであり、お互いに意思を確認しておく必要があります。どちらかに離婚の意思がなければ、協議離婚は成立しないので、事前にお互いの意思を確認しておくようにしましょう。

離婚で生じる課題の打ち合わせ

離婚をすることで、お互いの婚姻関係が解消されるだけでなく、事後課題をどのようにするか決めなければなりません。協議離婚で生じる課題はさまざまであり、「財産分与」「親権」などが挙げられます。財産分与については、離婚後にトラブルになりやすい内容なので、精査しておくようにしましょう。

③条件面の合意

協議離婚で生じる課題に対する条件面を打ち合わせ、条件に対する合意を得る必要があります。離婚後にトラブルにならないようにするために、離婚協議書だけでなく公正証書を作成し、離婚における条件を守るようにしましょう。離婚協議書は当事者だけで作成可能な私文書であり、公正証書は法的拘束力が発生する公文書となります。公正証書を作成しておくことで、離婚前の条件が不履行の際には、裁判所におる強制執行へと移行可能です。公正証書はお互いが定めた条件について、法の下で管理してもらうことになりますよ。

④離婚届の提出

離婚に関する条件を定め、離婚協議書と公正証書を作成したら、最寄りの役所で離婚届を提出します。離婚届に不備がなく、受理されることで協議離婚は成立です。離婚届けを提出することで、婚姻関係の解消は即日適用されるので、受理された時点で離婚したことになります。

協議離婚の課題

協議離婚の流れを把握したところで、協議離婚での課題について気になりますよね。協議離婚での課題は、離婚時の条件であり、状況によってさまざまです。主な課題は4つとなります。

●財産分与

●親権

●養育費

●慰謝料

協議離婚での主な4つの課題についてそれぞれ説明しますね。

財産分与

結婚生活で得られた財産は、夫婦の共有財産となるので、財産分与の対象です。預貯金だけではなく、家具なども対象となりますが、トラブルになりやすいのが自宅ではないでしょうか。ローン残債や名義によって、権利面で複雑なので、売却時の価格を認識しておくことが重要です。自宅を売却するのか、そのまま住むのかなど、お互いに話し合わなければなりません。後からトラブルにならないように、金銭面での問題は書面に残すなどして解決しておくようにしましょう。

親権

子どもがいることによって、親権が生じるのも協議離婚の課題といえるでしょう。子どもの年齢が15歳以上であれば、本人の意思が優先されますが、年齢が幼い場合は母親に親権が渡ることがほとんどです。離婚によって子どもの成長に関する影響もあるので、親権に関する課題はしっかりと話し合いましょう。

養育費

親権に付いてくる課題として、養育費が挙げられます。子どもが成人するまでは、一定額の養育費を親権を持つ側に支払い、子どもの成長をサポートすることになります。養育費の金額は、収入などの条件によって変動するので、無理のない金額で決めるようにしましょう。

慰謝料

協議離婚において、離婚理由によっては精神的苦痛が生じることもあります。精神的苦痛は数値化できないので、相場に見合った金額を決めることが妥当だといえるでしょう。お互いの同意により、慰謝料が発生しないこともあるので、慰謝料をどうするかも話し合うようにすることをおすすめします。

協議離婚で探偵がおすすめな理由

協議離婚での課題において、条件面の合意での「財産分与」はトラブルの原因になりやすいってご存知でしょうか?「伝えられた預貯金がなんだか少ない」など、打ち合わせをした財産分与の内容について、不審点を感じる人もいます。このようなことがないように、公正に調査・判断してくれる第三者の存在が必要です。信用調査での資産確認の方法は、業者によって異なりますが、これらの情報収集だけでなく、聞き込みや張り込みなどの調査業務も併せて行います。協議離婚でトラブルになりやすい財産分与を円滑に行なうために、探偵を活用することをおすすめしますよ。

まとめ

今回は、協議離婚の課題、財産分与でトラブルにならない方法について解説しました。協議離婚はお互いの意思を尊重するので、離婚の条件なども当事者同士の打ち合わせで決まります。「財産分与」「親権による養育費」など、離婚で生じる課題はさまざまであり、離婚協議書や公正証書を作成しておくことが重要です。公正証書には法的拘束力もあるので、離婚後のトラブルの抑止力にもなります。財産分与はトラブルになりやすい課題ですが、探偵の信用調査で、公平に分配できるように活用してみるのもよいと思います。協議離婚でトラブルを引き起こさないために、探偵への依頼を検討してはいかがでしょうか。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn