証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気の定義は人それぞれ慰謝料請求するにはどうしたらいい?

浮気の定義は人それぞれ違います。二人で食事をしただけで浮気という人もいれば、セックスさえしなければ浮気ではないという人も。浮気の定義を考えるとともに、浮気をした場合に慰謝料請求できるかどうか、その証拠となるものについてまとめています。浮気をされた場合、泣き寝入りせずにしっかり慰謝料請求すると、後々ふっきれやすいと思われます。

浮気の定義は人それぞれ

浮気の定義、人それぞれ違うものです。あらかじめ浮気の定義を話し合っているカップルは少なく、何かのきっかけがないとそのような話にはならないものです。しかし、問題が起きてそれが大きくなるのは、浮気の定義の違いによるものが大きいといわれています。

恋人同士の浮気の定義はあらかじめ話をしておく

恋人同士のもめごとで一番多いのは、異性の友達と親密であり、そのことで嫉妬するパターン。友達を隠れみのにして、浮気をしそうな雰囲気があったり、実際に浮気していることがあったりするからです。

恋人同士の関係は法的に守られているものではありません。それは、今すぐにでも二人の話し合いだけで別れる選択ができるからです。どれだけ愛していても実際はそれだけの関係でしかありません。

とはいえ、結婚を前提もしくは将来的にはそれもアリと思って付き合っている場合、恋人同士で浮気の定義はあらかじめ話し合っていた方がいいでしょう。ここに温度差がある場合、お互いに妥協点を見つけるか、自分の考えを譲らないかはそれぞれ違うとは思います。しかし、問題なく付き合っていくには、相手が嫌がることをしないことも必要です。

たとえば、恋人同士でどちらかがほかの異性とセックスをしても、慰謝料請求はできません。独身同士の恋愛はしばられることなく、自由であるからです。法的にはこのようになっていますが、実際は感情面で許せないものでしょう。しかし、入籍はしていないけど、親に挨拶を済ませていて結婚の予定がある、先に妊娠している場合は事情が変わってくるでしょう。

この場合は浮気の証拠は集めておいた方がよさそうです。

夫婦の場合は法的な定義がある

夫婦関係がある場合、浮気をすれば慰謝料請求ができます。浮気をした配偶者にもできますし、配偶者が既婚者と知っていて付き合っていた人にもできます。しかし、最近増えているのがW不倫というものであり、いくら肉体関係があったとしても、双方に配偶者がいるため、お互いに慰謝料請求することになってしまいます。そうなると、結局は配偶者にしかできないことになるでしょう。

慰謝料請求できる浮気はセックスしているかどうか

浮気の定義は人それぞれ違いますが、法的な定義はセックスしているかどうかです。実際には、セックスしていなくても確実に浮気であろうという関係もありますが、法的には弱いもの。

しかし、セックスしているのであれば、そこに愛情があるなしに限らず浮気と認定でき、慰謝料請求できます。感情面よりも優先されるのは、事実面となっています。

浮気の証拠になるものとは?

配偶者が浮気をしていると思われる場合、いざというときに不利な立場にならないためにも、証拠集めはしておいた方がいいでしょう。今は配偶者に浮気を詰め寄るつもりがなくても、将来的にはどうなるか分かりません。また、配偶者に言い負かされてしまう可能性がある場合は、証拠はしっかり押さえておくことで自分を守ることができます。

二人でラブホテルに入る

二人でラブホテルに入る、出てくるどちらかの写真があれば確実にセックスをしているという証拠になるでしょう。もしかすると、ラブホテルで最後までしていないと言い切る可能性があっても、物的証拠として強みがあります。

セックスをしたと思わせるLINEやメールのやり取り

配偶者のスマホに浮気相手とのLINEやメールのやり取りがあり、そこにセックスをしたと思わせる内容があれば証拠として使えます。浮気をした側からは、「勝手にスマホを見た!」とキレる可能性もありますが、浮気をした方が何十倍も悪いことをしているため、スルーしましょう。

相手の家に二人だけで長時間いる

浮気相手の家に入る、出てくる、どのくらいの時間いたのかなど詳細が分れば証拠として使えます。それが何度もあれば言い訳できません。週に数回など定期的に通っている場合、浮気の証拠としてより強みがあります。

セックスで使う避妊具を持っている

配偶者とセックスをしない、していても避妊具を使用しない場合、見たこともない避妊具を持っていれば証拠として使えます。財布や手帳の隙間などに入っていることがあります。女性の場合は化粧ポーチに忍ばせていることもあるでしょう。

交際を匂わせる写真

スマホのなかに二人だけの写真がある、男女の関係を匂わせる写真がある場合は証拠として使えます。また、嘘を付いて旅行に行っていたなど写真の周りの風景や食事メニューなどで分かることもあるでしょう。写真には思わぬ証拠が散りばめられているので、できる限り手に入れたいものです。

手帳のメモ

メモを取るクセがある人は、自分だけが分かる何かで手帳にメモをしていることがあります。はっきりと浮気相手の名前を入れている人もいますが、イニシャルやニックネームを付けていることも。スケジュール的に何かヒントが隠されていることもあり、はっきりとした証拠をこれから掴みたいときの行動の把握になるものがあるかもしれません。

ホテルに行ったレシートやカードの決済

確実に証拠を残さずに浮気をする人もいます。浮気をしていると思われるのに、物的証拠が集められない場合、意外な盲点がホテルのレシートやカードの決済です。レシートをそのまま財布に入れるクセがある、レシートをこまめに捨てない場合に証拠を残しやすいでしょう。

また、クレジットカードのレシートなければ、カード決済をネットで閲覧していて証拠を見つけることもあります。

まとめ

浮気の定義は結局のところ、セックスをしているかどうかです。そこに恋愛感情があるとかないとかは関係ありません。会社の飲み会で酔った勢いでホテルに行けば浮気になるということでしょう。浮気をされて相手に慰謝料請求をしたい場合は、証拠集めをしておくことが大切です。なかなか証拠を残さない配偶者もいますが、証拠がないと慰謝料を貰えないこともあります。もし、証拠集めが難しいという場合は、探偵に依頼する方法があります。探偵であれば、その道のプロであり、浮気の証拠集めは得意です。四六時中配偶者を見張ることは難しいため、探偵に依頼してみると確実に証拠をつかんでくれるでしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn