証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に依頼した方が良いの?!不倫の慰謝料を高めにもらう方法をお教えします。

もし、配偶者に不倫されたら、慰謝料はどのくらいの金額がもらえるのでしょうか?慰謝料は、不倫された心の痛みに対して支払ってもらうものですから、できるだけ高めにもらいたいと考える方が多いと思います。

そこで今回は、どうすれば配偶者やその不倫相手から、高めに慰謝料を受け取ることができるのかを調査してみました。

どうしたら慰謝料を高めに支払ってもらえるのか

一般的な不倫の慰謝料は、数十万~500万円程度が相場となっています。

その中でも、慰謝料の支払い後に、「夫婦が離婚する場合」、「夫婦が別居する場合」、「夫婦関係を継続する場合」の状況の違いにより、相場の金額幅が分かれています。

もちろん、「夫婦が離婚する場合」の慰謝料の相場が一番高く、100万~500万円程度となっています。

「夫婦が別居する場合」でも慰謝料の相場は高めで、100万円を超すケースが多いようですが、「夫婦関係を継続する場合」には50万~100万円程度しかもらえないことがほとんどです。

これを踏まえて、それぞれの相場のなかでも、高めの金額を獲得するコツをみていきましょう。

深刻な被害を受けたことの主張

慰謝料は、精神的苦痛に対する損害賠償のため、配偶者の不倫によって、どの程度の被害を受けたかが重要なポイントとなってきます。

では、どのような主張が慰謝料を高めにもらうために有利となるのでしょうか?

不倫前の夫婦関係

不倫前の夫婦関係が円満であるほど、慰謝料は高くなります。対して、不倫前から別居していたなどの事実がある場合は減額されることが多いようです。

不倫後の夫婦関係

前述した通り、不倫後に離婚する場合は高めの慰謝料がもらえるのに対し、夫婦関係を継続する場合は相場もかなり下がります。

婚姻期間

   結婚している期間が長いほど、慰謝料は高くもらえます。

不倫の期間

不倫していた期間が長いほど、慰謝料は高くもらえます。

誰が不倫に積極的だったのか

これは、不倫を主導していた側へ慰謝料を請求する場合に重要な項目です。例えば、不倫の相手方が配偶者を積極的に誘っていた場合、相手方から高めの慰謝料をもらえる場合が多いようです。

子供の有無

未成年の子どもがいる場合は、慰謝料は高めになります。また、子どもの人数が多くなるほど慰謝料が増額されるケースが多いです。

不倫発覚後の対応

配偶者や不倫の相手方が、不倫したことを認めず謝罪していない場合は、反省していないとみなされ、慰謝料が高めになる傾向があります。

財力

不倫した配偶者の財力が高い場合、高めの慰謝料を請求することができます。

これらのなかで、高めの慰謝料をもらえる項目に当てはまる場合は、その事柄を主張しましょう。要は、配偶者とその相手方の不倫によって幸せな家庭を壊され、どれだけ重大な被害を受けたかをしっかりと主張することが必要なのです。

不貞行為(肉体関係)を証明できる証拠を確保

慰謝料を請求するうえで重要なことは、「不貞行為(肉体関係)を証明する」ということです。なぜなら、不貞行為がなく、“デートしただけ”、“キスしただけ”などの場合は、慰謝料が発生しない、または、慰謝料が少ないケースがほとんどだからです。

そのため、慰謝料を高めにもらうには、配偶者とその相手方が肉体関係を持ったという証拠をなるべく多く集めることが大切になってきます。

具体的には、宿泊したことを思わせるようなLINEやメールなどの内容、ラブホテルの領収書やクレジットカードの使用履歴、二人がラブホテルに入っていく写真などが挙げられます。

証拠を集める方法

それでは、証拠はどのように集めることができるのでしょうか?

LINEやメールの内容であれば、配偶者の携帯電話を覗き見ることになってしましますが、肉体関係をうかがわせる内容を見つけることができれば、強力な証拠となります。その時に二人がホテル内で撮った写真などが保存されていないかも確認しておきましょう。

また、配偶者のポケットや財布の中に領収書などの証拠が入っていないかも、こまめにチェックすることが大切です。

しかし、用心深い配偶者の場合、LINEやメールの内容を都度削除したり、領収書などの証拠を家に持ち帰る前に処分していたりする場合があり、自分で不貞行為の証拠を集めるには限界があります。

また、万一証拠を集めていることが配偶者にバレてしまったら、その後はさらに慎重に行動する可能性が高いため、証拠をつかみにくくなってしまいます。

そんなときは、証拠を集める方法の1つとして、探偵に不倫調査を依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。

探偵に調査依頼するメリット

探偵は調査のプロです。よって個人では調べられない証拠や情報を得ることができます。

また、配偶者から顔を知られていないため、尾行や張り込みをしやすく、配偶者とその相手方がホテルに出入りする写真や動画などを確保できる可能性が高いといえます。

自分で張り込みして証拠を押さえることができたとしても、配偶者が不倫している現場を直接見てしまうのは、精神的につらいものがあります。探偵の調査結果を報告される方が、冷静に事実を受け止めることができるでしょう。

探偵の調査費用はどれくらいかかるの?

不倫調査に掛かる費用は、ケースよってさまざまです。数時間で証拠がつかめるような場合は、数万円で済むこともありますが、何日も尾行や張り込みを行わなければいけない場合、100万くらい掛かることもあります。

決して安くはないので、自分が当てはまるケースの慰謝料の相場を確認し、それと同等、またはそれ以上の探偵調査費用が掛かるようであれば、依頼するのかどうかを検討する必要があるでしょう。離婚までは考えていないという場合は、慰謝料も少なめですので特に注意が必要です。

また、探偵事務所によっても「時間制」や「パック料金制」など、料金システムが変わってきますので、自分のケースにあった探偵事務所を選ぶことをおすすめします。

まとめ

今回は、どうすれば配偶者やその不倫相手から、高めに慰謝料を受け取ることができるのかを中心に、探偵に不倫調査を依頼するメリットなどをご紹介しました。

慰謝料を高めにもらうには、主張するべきことを整理し、できるだけたくさんの証拠や情報を持ったうえで、弁護士に相談するのが良いといえそうです。

現在、配偶者が不倫しているかもしれないと感じている方は、是非参考にしてみてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn