証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に依頼できるストーカー対策を理解して自分の危険を回避しよう

女性が被害に遭うことが多いストーカー対策は、大事になる前に警察に相談して対処してもらう必要があります。しかし確かな証拠が無いと警察も動いてくれないので、確かな証拠を掴むために探偵に依頼をするのも1つの方法です。被害が大きくなる前に依頼をしてストーカー対策をしましょう。

決定的な証拠を掴もう


もし自分がストーカーされているかもしれないと思い危険を感じたら、警察に証拠として提出するために写真や動画を撮影しておく必要があります。なぜ証拠を押さえる必要があるのかというと警察に被害届を出すためです。警察が犯人を逮捕するために裏付けの証拠を提出するためです。

対応が早くなる確率が上がる。

ストーカーをしてくる相手がどのような行動をしてくるか確実に証拠を掴んでいれば、それを裏付けにできて警察も早い段階で捜査をしてくれる可能性が高まります。警察は確かな裏付けがあって操作を開始します。

ストーカーの被害を受けていると言っても証拠が無ければ動いてくれないのが警察です。被害届を出しただけでは、すぐに捜査が開始されないとさらにストーカーの被害が大きくなってしまう可能性があります。

裁判になったとき有利になる

ストーカーをしてくる相手の証拠は、警察に提出だけでなく裁判になったときも有利な立場になるために必要です。証拠があれば加害者を確実に有罪にさせることができます。また民事裁判では確実な証拠があれば損害賠償を請求することができます。

民事裁判は刑事裁判よりも被害者が証拠を準備しなければいけないことが多いです。裁判には加害者も出廷するので、事実と異なる言い逃れを防ぐためにも証拠をしっかり準備しておくことが求められます。

探偵に依頼をする


探偵にもストーカー対策を依頼することができます。探偵はストーカーがどのような行動をしてくるか調査をし、様々な方法で証拠を収集してくれます。被害者はストーカーがどのような行動をしてくるか証拠を収集することは難しいですし、収集できたとしても危険を伴います。自分が危険に晒されないように安全を確保しつつ、ストーカー行為の証拠はプロの探偵に依頼をしてください。

探偵が証拠を集めてくれたら警察に被害の相談をしてください。警察は証拠が無いとなかなか動いてくれません。しっかり証拠を揃えて初めてストーカー規制法やその他の法律に則って対処をしてくれます。

どんな対策をしてくれる探偵に依頼をすればいいのか

探偵にも様々な得意分野があります。基本的なところとしてストーカー対策に特化している探偵を選んでください。ストーカー対策に強みを持つ探偵であれば様々な角度から調査をしてあらゆるストーキングしている証拠を掴んでくれます。

無料相談を受けてくれる探偵を選ぶ

ストーカーの調査をする前にどのような状況なのかを探偵に伝えるために相談をする必要があります。相談まで有料だと支払う料金が高くなってしまいます。そうならないためにも無料相談を受けてくれる探偵を選んで、今現在どのような状況でストーカーからの被害を受けているかしっかり伝えてください。詳しく伝えることで調査もしやすくなりますし、確かな証拠を掴むことができます。

成功報酬後払いの探偵を選ぶ場合

後払いを選ぶ際の注意点として、どのような内訳で後から料金を支払うのか事前に確認しておくことをおすすめします。一番良いのは契約をする前に見積書を作成してもらうことです。無料相談を受けて見積書をもらって納得したら後払いの契約をしてください。

アフターフォローをしてくれるか?

ストーカーの被害を受けている人が探偵に依頼をするときにアフターフォローのサービスを利用することは、自分を守るためにも必要なサービスなので、ストーカー対策に長けている弁護士を紹介に依頼をしてください。危険を感じたときに対応をしてくれるNPOなどのサービスをいつでも利用できるなど、探偵のストーカーから依頼者を守るための様々なサービスが充実しているところを選んでください。

ストーカー対策を実践しよう

女性が身の危険を感じたら被害に遭う前に対策を実施してください。ストーカーから嫌がらせを受けたり、待ち伏せをされたときの防衛対策を実施してください。少しでもおかしいと思ったらそのままにせずにすぐ対処することが求められます。

自分でできる防衛対策

歩いているとき誰かに尾行やつきまといをされているかもしれないと思ったら、タクシーなどを使ってその場から離れてください。日ごろから防犯ブザーを携帯して何かあったときはすぐブザーを鳴らしてください。

万が一身の危険を感じたら警察に助けを求めてください。いつでも連絡ができるように110番の準備をしておきましょう。一人で悩むと何も解決しないまま時間が過ぎてしまう可能性もあるので、そうなる前に信頼できる人や行政や警察に相談するようにしてください。

もし監視されていたら

もしストーカーの相手から監視されていると思ったら、その状況を把握して忘れないうちに内容をメモしておきましょう。それを警察に届けてください。女性の一人暮らしは誰かに見られている可能性があるので、厚手のカーテンを付けて家にいるときはしっかりカーテンを閉めて対策をしてください。

常に監視されているような感覚があると落ち着いて生活も出来なくなります。監視されているかもしれないと思うだけでなく、本当に監視されていたらとても気持ち悪いです。その行為がエスカレートすると危険を感じるような恐ろしい行為になる可能性もあります。

まとめ

ストーカーを放置していると行動がエスカレートになる可能性もあります。ストーカーが絡む殺人事件もあるからこそ、早い段階で探偵に依頼をして行動を証拠として押さえながら、警察に相談して動いてもらうことで、ストーカーの問題を早期解決することができます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn