証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

相手の浮気が原因で別居する方法は?注意点について紹介

浮気された場合、相手のことが許せないという人も多いでしょう。この場合、別居するのも一つの選択肢です。浮気が原因で別居するのは果たしてどうなのかについてみていきます。また別のことが原因で別居していて、別居後に相手が浮気をする場合もあるでしょう。その場合の対処法についてもここで紹介します。

別居をするメリット

浮気された一時的に「もう別れたい!」と思う人もいるでしょう。しかし離婚するとなると手続きもいろいろとありますし、あとで考え直して復縁したい場合でもハードルは高くなります。別れて暮らす場合、まだ復縁に引き返しやすいです。浮気の事実を知ったときには感情的になるでしょうが、少しでもやり直したいという気持ちがあれば、いきなり離婚ではなく別居をワンクッション置くのがおすすめです。

別れて暮らすことで、自分一人の時間ができます。すると気持ちの整理ができます。本当に離婚をしてもいいものか、別れる場合どのように手続きを進めればいいかなど考える時間ができます。また家族や友人などと会って話をする時間も作りやすくなります。第三者のアドバイスをもらうことで、自分の考えが変わることもあり得ます。時間的な余裕を持つことで、当初考えていなかったアイデアや想いに気づけるかもしれません。頭を冷やすためにも別れて暮らすのはおすすめです。

離婚が認められやすくなる

離婚を申込んでも相手が認めてくれない場合もあるでしょう。「あの時は魔が差しただけ」「やっぱり自分にとって大事なのはあなた」などと言ってくる場合も珍しくありません。しかしもし別居をしていれば、すでに夫婦関係が破綻していることの証明になるかもしれません。すると裁判になった場合、離婚が認められやすくなるのもメリットです。

別居の期間が長ければ長いほど、すでに婚姻が破綻していると証明しやすく、離婚の認められる確率もアップします。ただし「何年別居すれば離婚できる」という明確な基準はありません。しかし一般的には5年前後別居し続けていれば、離婚の認められる可能性は高まります。ただこれはあくまでも結婚期間と相対的にケースバイケースで判断されるものです。結婚期間が短くても、2年間は別居をしていた方がいいでしょう。

浮気が原因で別居した場合の注意点 

もし浮気されて別れて暮らしたいと思っているのであれば、入念に準備しておいた方がいいでしょう。まず住居の確保をしておくことです。引越し先が見つかったのであれば、必要なものは真っ先に新居の方に移しておきましょう。あなたにとって必要なものは、相手にとっても必要なものかもしれません。もし後に荷物を運ぼうとすると、トラブルになる可能性が高いです。

また別れて暮らした後で必要なものを夫婦の住居に残しておくと、あとでとりに行っても引き渡してくれない場合もあります。さらに夫婦関係が険悪になっていると、勝手に相手がその必要なアイテムを処分してしまうこともあり得ます。特に相手に何も言わずに出ていった場合、相手の感情が悪化する恐れがあります。すると厳しい対応をしてくる可能性があることを頭の中に入れておきましょう。

特に携帯電話と自分の財布、保険証などは別居先でも必要になるでしょう。衣服などについては、場合によっては実家で借りることもできます。衣服をすべて持っていくとなると、かなりかさばります。必要最低限のものだけ持ち出すようにするといいでしょう。

仕事を探しておくことも

もしこれまで専業主婦をしてきた場合、自分の食い扶持を確保する必要があります。相手に生活費や子供のいる場合は、養育費を請求できます。しかし感情的にこじれている場合、相手にいくら請求しても生活費を入れてくれない場合も考えられます。もし今仕事をしていないのであれば、仕事を探すことも忘れないようにしましょう。少なくても自分の生活費は確保しておきたいところです。

別居するときに貯金を持ち出すという方法もあるにはあります。しかし夫婦の貯蓄は共有の財産という扱いになるでしょう。ですから貯金を持ち出した後で、相手の方から返還請求されることもあります。後で返済しなければならないので、そのためにも仕事をして自分で稼げるようにしておきたいところです。

別居中に浮気された場合は?

別の理由で別れて暮らすことになった、そして別れて暮らしたあとになって浮気された場合にはどうすればいいかという問題もあるでしょう。浮気と別居の関係について、一つ最高裁判決があります。平成8年に出た判決で「配偶者の一方が第三者と不貞関係になってもその時点で夫婦関係が破綻している場合、不法行為に問われない」というものです。つまり別れて暮らしているさなかに浮気をされた場合、すでに夫婦関係が破綻しているのであれば、相手の浮気に伴う慰謝料請求ができないということになります。

しかしこの夫婦関係の破綻ですが、厳密にいうと別れて暮らしているだけでその条件を満たすわけではありません。破綻とは「夫婦双方に婚姻継続の意思がなくて、完全に修復不可能な状態」を指します。ですから別居をしていても復縁の意思がどちらかにあった場合、慰謝料を請求できます。また別れて暮らしはじめてからの期間が短ければ、まだ夫婦生活が破綻までに入っていないと判断される傾向もあります。1年未満で浮気をされたのであれば、慰謝料請求できる可能性は大です。

立証が必要

別居中に浮気をされた場合、立証が難しいかもしれません。同居の場合、浮気相手とどこかに出かけた際のレストランやホテルの領収書やスマホのやり取りなどいろいろと証拠を集められます。しかし別れて暮らしているとなると、浮気の証拠を自力で集めるのは難しいでしょう。その場合探偵に依頼して、浮気の決定的証拠を押さえてもらうのも一つの方法です。

まとめ

浮気されたら別れて暮らすのも一つの選択肢です。いったん頭を冷やせるので、離婚するにしても復縁するにしてもどのように今後相手と向き合えばいいか、冷静に客観的に評価できるからです。また別れて暮らしてある程度の期間が経過すると夫婦関係の破綻の条件を満たせるので離婚しやすくなります。いきなり離婚を切り出すのではなく、別居で一呼吸置くのはおすすめです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn