証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

パートナーの様子がおかしい?浮気の直感がある時は探偵に相談を!

パートナーの普段とは違う様子に、「あれ?」と思うこともありますよね。パートナーのいつもと違う様子に直感が働き、「もしかして浮気かも…」とついつい疑ってしまう人もいるのではないでしょうか。もしかしたら、その直感は当たっているかもしれませんよ?今回は、浮気における直感の重要性、直感が働いた際の行動を解説しますね。

浮気における直感の重要性

パートナーの普段とは違う様子に、浮気の可能性を考えるものの、単なる気のせいだと捉える人は多いと思います。浮気に対する直感は、浮気調査において重要ってご存知でしょうか?直感はパートナーの浮気を調べるきっかけにもなりますし、調べた結果により、自分が納得する結果を出すこともできるでしょう。結果はどうあれ、パートナーの浮気に対する直感は、パートナーの浮気を調べ、自分を納得させることも可能ですよ。浮気に対する直感を感じたら、まずは自分ができる範囲で行動するようにしましょう。

パートナーの様子がおかしい点

浮気に対する直感が働く背景には、パートナーの行動に違和感を感じるからであり、いつもとおかしい点があるといえます。直感が働く際、パートナーの様子がおかしい点は人によって異なりますが、代表的なものは3つあります。

●オシャレに気を遣うようになった

●スマホを手離さない

●LINEの通知をOFFにする

直感が働く上で、パートナーの様子がおかしい代表的な3つの点についてそれぞれ説明しますね。

オシャレに気を遣うようになった

今まで外見に気を遣っていなかったパートナーが、外見を気にするようになり、オシャレに気を遣うようなるのは浮気の直感が働く点だといえます。オシャレに気を遣うようになる理由はさまざまですが、その内の1つに、他の異性の存在が考えられます。パートナーが急にオシャレに気を遣うようになったのであれば、要注意かもしれませんね。

スマホを手離さない

今までスマホをテーブルやソファに置きっぱなしだったパートナーが、手離さずに持ち歩くようになったのであれば、浮気の直感が働く点だといえるでしょう。スマホを手離さないのは、他の人からスマホを覗かれたくない気持ちからくる行動であり、パートナーにも同様です。パートナーがスマホを手離さなくなったのであれば、浮気をしている可能性がありますよ。

LINEの通知をOFFにする

LINEのメッセージが受信された際、通知をONにしていたパートナーが通知をOFFにするようになった際に、浮気に対する直感を感じることがあるのではないでしょうか。LINEの通知機能は、ONにしておくことで誰からメッセージがきたか瞬時にわかる機能です。通知機能をOFFにすることは、他の人に誰からのメッセージかを見られたくないからだといえるでしょう。パートナーが、今までONにしていたLINEの通知機能をOFFにするようになった際は注意した方が良いでしょう。

自分でも入手可能な浮気の証拠とは

浮気に対する直感が働き、パートナーの浮気の実態を探りたいと考える人は多いと思います。パートナーの浮気を探る際、浮気の証拠を入手することが重要です。自分でパートナーの行動などを調べ、自分で入手可能な主な浮気の証拠は3つありますよ。

●浮気相手とのやりとり

●浮気相手との写真

●クレジットカードの明細

自分で入手可能なパートナーの主な浮気の3つの証拠についてそれぞれ説明しますね。

浮気相手とのやりとり

LINEやメールでのやりとりは、パートナーのスマホやパソコンを開ける状態であれば、入手可能な浮気の証拠だといえるでしょう。やりとりの内容を確認することができれば、内容をメモするのではなく、スクリーンショットか写真撮影をして、やりとりの内容を保存するようにしましょう。

浮気相手との写真

やりとりと同様、パートナーのスマホやパソコンに浮気相手と2人で写った写真があるかもしれません。2人が写っただけの写真だけでは証拠としての効力はあまりありませんが、浮気相手を特定する上で重要です。浮気相手と思われる異性が一緒に写っている写真を見つけたら、スクリーンショットか写真撮影をして、データで保存するようにしましょう。

クレジットカードの明細

クレジットカードの明細は、浮気の証拠になる可能性があるので、入手できればしておきましょう。クレジットカードの明細は、利用金額だけではなく、クレジットカードを使用した日にちや店舗などの情報も記載されています。クレジットカードの利用日とパートナーの発言内容が一致しなければ、浮気の可能性も否めません。クレジットカードの明細は捨てられがちですが、捨てずに回収しておくようにしましょう。

探偵による浮気調査

自分で浮気の証拠を入手できない場合、探偵に浮気調査を依頼するのも1つの方法だといるでしょう。浮気調査では、調査に移行する前に、パートナーの情報をヒアリングします。ヒアリングすることで、効率良く調査を行なえるようになりますよ。浮気調査は調査人数、時間が増えるほどに調査費用が高額になるので、効率良く調査を行なうことが重要です。調査の流れは、パートナーを尾行して、行動パターンを把握することから始まります。パートナーの行動パターンを把握したら、浮気の可能性の高い日程で張り込みを行ないます。張り込みは長時間に及ぶこともあり、体力と根気が必要な業務だといえるでしょう。パートナーが浮気をしている場合、張り込みを続けることで、浮気相手との密会現場を撮影することが可能です。探偵の浮気調査は、パートナーに悟られることなく、浮気の証拠を入手できるといえるでしょう。

まとめ

一緒に生活しているパートナーだからこそ、いつもの行動との違和感に直感が働くこともあるでしょう。直感は単なる気のせいではなく、浮気を知らせる虫の知らせのようなものかもしれません。パートナーに違和感を感じた点を探り、浮気の可能性を拭えないようであれば、自分で入手できる範囲で浮気の証拠を探しましょう。自分で浮気の証拠を入手するのは難しいので、探偵に浮気調査を依頼するのも有効な方法です。パートナーに感じた直感を気のせいで済ますのではなく、色々と行動する内に、パートナーの浮気が判明するかもしれませんよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn