証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

既婚者が別の異性と会うだけでも不倫と言える?慰謝料を請求できる?

不倫や婚外恋愛は配偶者に対する重大な裏切り行為です。しかし「不倫の定義」となると人によってかなり差があるようです。大人の関係があれば不倫という人もいれば、異性と2人きりで会うだけでもNGという人も中にはいるようです。

大人の関係がなくても不倫になる場合も

そもそも婚外恋愛とはどのようなものか、法的には既婚者がパートナー以外の異性と大人の関係を持つことが不貞関係とされています。しかしほかにも法的には定義があって「社会通念上の許容範囲を超えて夫婦関係を侵害するような」場合は不貞とみなされる可能性があります。大人の関係がなくても、夫婦関係に何らかの支障をきたすようなものであれば不倫に該当するかもしれません。

手を繋いだりハグしたりした場合、これは婚外恋愛と認められないケースが多いでしょう。人によっては十分婚外恋愛と思う方もいるかもしれません。しかし例えば人ごみの中を歩くときにはぐれないように手をつなぐこともあるでしょう。またハグは日本では珍しいですが、海外では一種の挨拶のような感じで行います。外国人や海外での生活経験のある人なら、たとえ相手に恋愛感情がなくてもハグをするでしょう。ですから手を繋いだりハグしたりしただけで、婚外恋愛と認定するのは難しいでしょう。ただ知り合いに見られれば、親密な関係と受け取られることもあり得ます。誤解を招くような行動は慎んだ方がいいです。

2人きりで食事に出かけた場合

既婚者がパートナー以外の異性と食事に出かける、これもNGという人もいるでしょう。しかし食事をしただけで婚外恋愛と認定されるのは難しいでしょう。会社の付き合いでという場合もあるでしょうし、学生時代の知り合いと偶然街中で会って食事だけともにすることもあるでしょう。どのような飲食店で会食したかによっても変わってきます。レストランであれば問題ありませんが、バーのようなお酒の供されるところで2人きりで会っているところを誰かに見られたら、「不倫なのでは?」と思われても仕方ないでしょう。

婚外恋愛と認定されるのは、キスでしょう。例えば2人きりであって、別れ際やバーで飲んでいるときにキスをした場合、これは完全に恋愛感情があると思われるでしょう。ハグや手をつなぐのは恋愛感情以外でも上記で見たような事情で行うこともあり得ます。しかしキスは恋愛感情以外の理由で行う根拠がありません。

慰謝料の発生する可能性も

2人きりで会うだけであれば、不貞関係とは認定されないでしょう。しかし不倫が認められなくても慰謝料を請求される可能性はあります。慰謝料とは婚姻関係が破綻して精神的苦痛を受けた場合、それを慰謝する意味で支払うたぐいのお金です。大人の関係がなくても、2人きりであったことで夫婦関係がおかしくなって、精神的苦痛を受ければ慰謝料が認められます。

実際過去に慰謝料請求の裁判が何度か行われたことがあります。その中で不貞は認められなかったにもかかわらず、慰謝料の支払いを認める判決が出たこともあります。例えば過去に不貞行為があって、「2度と相手に会わない」といった念書を作成している場合などはたとえ大人の関係がなくても会った時点で、慰謝料の対象になる可能性が高いです。「不貞関係を再開させたのでは?」と疑わせるのに十分な行為だからです。

誤解される行動をとらないこと

食事に2人きりで出かけただけでは不貞行為にはならないとすでに紹介しました。しかしシチュエーションによっては、婚外恋愛の関係にあったとされてしまう場合があります。例えば配偶者以外の異性が一人暮らしをしていて、そこで一緒に食事をした場合です。実際には食事をしたり、ゲームをしたりしただけで大人の関係がなかったとします。しかしもしマンションの部屋に2人きりで数時間過ごした場合、裁判所でも大人の関係があったと認定されてしまう場合もあります。すると慰謝料の支払い対象にされてしまいます。

その他にもホテルで2人きりで入った場合も注意が必要です。実際にはホテルの中のレストランで食事をしただけでも、一緒に宿泊したと認定される可能性があります。このように会っただけでも不貞関係が認められたり、慰謝料の支払い対象になったりする場合もあります。誤解されるような行動は厳に慎みましょう。

配偶者に要求された場合は?

自分が独身者で既婚者の異性と2人きりで会って食事をしただけでも、その配偶者が婚外恋愛を勘ぐっていろいろな要求をしてくることがあります。「慰謝料を支払え!」「謝罪しろ!」といわれることも中にはあります。このような要求があった場合、どう対処すればいいかわからないという人もいるでしょう。

基本的な対処法ですが、まず慰謝料を支払うように求められた場合には拒否の姿勢をとりましょう。上で紹介した婚外恋愛を疑われても仕方のないようなことをした場合を除き、法的に慰謝料を支払う義務も責任もありません。

謝罪を要求する配偶者もいるでしょう。これは程度によります。例えばLINEで「辛い思いをさせて申し訳ありません、2人きりで今後一切会わないようにするとお約束します」くらいで謝罪するのであればいいでしょう。しかし例えば配偶者の元を訪れ、直接謝罪するように要求された場合にはそこまでの法的責任は自分にはないと拒否してかまいません。

直接会うのは避けるべし

配偶者の人と直接会うのはどんな目的でも避けたほうがいいです。対面することで、相手の感情が静まるどころかむしろ火に油を注ぐことになりかねないからです。場合によっては直接会ったことでそこで言い争いになってしまったり、相手から暴力を振るわれたりすることも考えられます。たとえ相手の誤解でも直接会って説明するのはおすすめできません。

まとめ

婚外恋愛の定義には個人差がありますが、法的には大人の関係があった場合と考えるのが一般的です。ただし婚外恋愛ではなかったとしても、婚姻関係が破綻してしまって精神的な苦痛を受けたのであれば、慰謝料請求される可能性があります。もし既婚者が異性と会う場合には、疑われるようなことは避けたほうがいいです。2人きりで会うのを極力やめる、衆人環視の中で会うなど絶対に不貞行為などできないようなシチュエーションで会うように努めるのがおすすめです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn