証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

面接官が採用面接時にどのようなところを見て採用の可否を判断するのか

就職や転職をするときに面接を受けますが、面接官がどこを見ているか気になる人も多いです。そこを理解すれば内定をもらえる確率が高まるからです。見た目も重要ですがなぜその会社を選んだかをしっかり面接官に伝えることが重要なポイントになることを理解して面接に臨んでください。

相手の第一印象

初めて会う相手に対してまずは中身よりも外見がどうなのかを見て様々な判断をします。面接官は相手の第一印象もしっかり見ています。他人の見た目は5秒で決まると言われるので、身だしなみや話し方やしぐさなどの態度もしっかり見ています。面接をする会場に入室をして挨拶を終わらすまでのタイミングがちょうど5秒くらいです。

この最初の印象を良くすることでその後のイメージも変わってきます。面接を受ける側と面接官が話し合う前から見られていることを十分に理解をして、第一印象をよくするためにどうすればいいかを解説します。

入室する前から意識をする

面接をしてもらう側は最初の入室するときが緊張するかもしれませんが、面接官に対して最初の段階で良い印象を与えることが重要です。ハキハキとした喋り方でしっかり挨拶をして入室してください。入室してから笑顔を作るのは難しいので、入室する前から笑顔を意識しながら面接に臨んでください。

下手に意識をすると緊張してしまい、うまく話せなくなってしまう可能性があります。言葉で伝えるのが難しければ自分の伝えたいことを表情や声で分かるようにすると、スムーズに話せて相手に伝わります。

身だしなみ

面接をするときの身だしなみも重要です。学生気分でだらしない恰好で面接をすると高い確率で不採用になってしまいます。社会人になるからこそ、ネクタイが曲がっていないか、襟が折れていないか、シャツは汚れていないかを事前に鏡を見て確認してください。髪型も面接官に見られてしまうポイントです。寝ぐせが付いていたりボサボサの髪の毛だと、清潔感が無くて不採用になる可能性があります。

表情と姿勢

面接時に話をする際の表情と姿勢が大事になります。常に笑顔を絶やさずに眼を飛ばさないように、口角を上げる意識をして自然な笑顔になるようにしてください。それだけで表情が豊かになります。

表情だけでなく座っているときの姿勢も注意してください。椅子に座るときはしっかり背筋を伸ばして背中を丸めないようにしてください。そうすることでだらしないように見えずに、緊張感を持って面接を受けることができます。

仕事への熱意があるか

志望動機と関係がありますが、仕事への熱意があるか、それが面接官にしっかり伝わっているかどうかを見てきます。どのようにすれば仕事への熱意が面接官に対してしっかり伝わるか、何を伝えたいのかを事前にしっかりまとめておいてください。

自分が伝えたい志望動機をはっきりさせること

仕事への熱意が一番伝わりやすいのが、しっかり志望動機を伝えることです。なぜその会社に入社をしたいのかという熱い思いをしっかり伝えてください。自分が入社したらこのような仕事をしたいという思いを伝えることができます。

ただ話すだけでなくしっかり熱意を伝えることが求められるので、最も大事な熱意の部分は言葉を強調したりして、自分の思いをしっかり伝えるようにしてください。仕事の熱意を伝えるためには入社後にどのようなビジョンがあるかを明確し面接官に伝える必要があります。

入社後にやってみたい仕事を伝える

面接官に熱意を伝えるときは、入社後にどのようなことをしたいのか明確な未来のビジョンを言えるようにしておきましょう。その会社でこんなことをやってみたいという熱意や思いがあるということは、入社したい会社をしっかり研究してきたと評価されます。

会社でどのような事業を展開しているかを知っていれば、その内容を踏まえてしっかり話をまとめることで熱意があると判断されて印象が良くなります。ただ熱く語るだけでは意味がありません。ポイントをしっかりまとめて自分がぶつけたい思いから優先して伝えるようにしてください。

行動特性

面接官は面接をしている人が入社してからどのような仕事をしてくれるか見据えて面接で様々な質問をしきます。面接をしてみて優秀な人材だと判断してもいざ入社させると思っているほどの仕事をしてくれない人もいます。そのようなことにならないために、面接の際に行動特性を注意してチェックしています。面接時の限られた短い時間で求職者の能力を多角的に見極める必要があります。

行動特性の答えを導き出すには、様々な質問をしてその人がどのように思っているか掘り下げていきます。その中で会社に入社をしてしっかり仕事をしてくれるか判断します。適正能力があり、業務の遂行能力が長けているかどうか判断します。

何度も質問を繰り返していくと候補者のボロが出ることがあり素の実力が見抜かれてしまいます。そうならないためにも様々な角度からあらゆる質問をされても良いように面接の練習をしておくことをおすすめします。

浅い自己分析は見透かされてしまう

面接官は様々な方法で質問をしてきます。それは優秀な人の行動特性に基づいて質問をしてくるので、どのような質問が来ても対処できるように事前にイメージトレーニングや面接の練習をしておきましょう。

どのような質問が来るか判断するにはしっかり企業研究をする必要がありますし、自分で理解したことと入社してから自分がどのような仕事をしたいのかを照らし合わせて、面接官にしっかり伝えることが重要です。企業研究だけでなく自己分析もしっかりやらないと見透かされてしまいます。面接官や人事担当は面接のプロだからこそ、自分が考えている以上にしっかり見てきます。外側だけでなく、中身もしっかり見て判断するので、事前のシミュレーションはしっかり行って面接に臨んでください。

まとめ

採用試験のときに面接官は様々な角度から見てきます。この会社で働きたいという熱い思いだけでなく、自分が入社をすることで会社にどのようなメリットがあるかをしっかり伝えること、そして他人との差別化を図るためにしっかり見られるであろうポイントを意識して面接に臨んでください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn