証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

うっかりミスでは許されない経歴詐称と疑われてしまうケースとは

自分の経歴を良く見せようと思い詐称したくなるかもしれませんが、詐称すると後から内定取り消しになる可能性があります。そうならないために応募書類だけでなく、面接時の内容も嘘偽りなく伝えることで後からのリスクを軽減させることができます。ここでは経歴を詐称することでどのようなリスクがあるかご紹介します。

どのような詐称があるのか

事実と異なる経歴を書くことを経歴詐称と言いますが、自分のことを良くみせようとして実際の経歴とは異なる内容を書いてしまうことが無いように、以下に挙げる事例を踏まえて分かりやすく解説します。

学歴

自分の学歴を偽る人も多いですが、大学名や最終学歴を偽ってしまうケースがあります。留年や浪人したことが知られなくなくて隠してしまったり、卒業した時期を意図的にずらして履歴書に記載すると学歴の詐称に該当します。

特に学歴にこだわっている人は自分を良くみせようとする傾向があり、足りない部分は嘘をついてまで補おうとする傾向があります。そのときに学歴を偽って自分が他人よりも優れているということを見せようとします。

職歴

何回も転職していることを隠したいという思いから、転職した回数を偽ったり、入社して早々に退職したことを隠したりする職歴の詐称をする人がいます。意図的に行われる人が実際にいるからこそ、自分もバレなければ大丈夫と思わずに、正直に今までの職歴を履歴書に記載したり、面接時に面接官に伝えるようにしてください。

職歴で転職した回数や前職の在籍した期間を偽るだけでなく、年収や資格の箇所で事実と異なる内容を記入したり面接時に伝えると経歴詐称に該当します。前職の収入を考慮して給与が決定する会社もありますし、資格手当を支給するところもあります。今までの職歴がどうだったかその事実を隠すだけでなく、年収と資格も嘘偽りなく記載するようにしてください。

仕事ができると嘘をつく

採用されたいという思いから、今までやったことがない業務内容もできると嘘をついてしまうのも経歴詐称に該当します。担当したことが無い業務に対して経験があると言ってしまうと、採用されてから仕事ができなくて、採用してくれた会社に対して多大な迷惑がかかってしまいます。

今までどのような仕事をしてきたかを正しく伝えるようにしてください。後から仕事ができないと判断されると自分が思うような業務ができなくなる可能性があります。どこまで経験があるかその線引きを間違えないようにしてください。

バレたらどうなるのか

経歴を偽って入社できたとしても後から会社側から事実と異なる内容だったと判断されたらどうなるのでしょうか。経歴詐称自体は法律に触れることはありませんが、内容によっては軽犯罪法に接触する可能性もあるので注意しなければいけません。

採用した会社の対応

採用した会社の判断や基準によって異なりますが、応募をした側はうっかりミスという考えでいたとしても、それを会社の基準やルールで許さないことはあります。経歴詐称じゃないと思っても偽ったと判断されて内定取り消しや入社後の解雇をされます。

最悪な場合懲戒解雇となり会社から即日解雇の通達を受ける可能性もあります。会社だけでなく一緒に働いていた同僚からの信頼も無くなってしまうので、経歴詐称はリスクが大きすぎる行為だということを理解してください。

罪に問われる可能性がある

経歴を詐称すると罪に問われる可能性があるので注意しなければいけません。軽犯罪法だけでなく文書偽造の罪や詐欺罪に該当する恐れがあります。特に注意しなければいけないのが、第三者の名義人が必要になる書類を偽造した場合私文書偽造の罪に該当する恐れがあります。

経歴を詐称して入社予定の企業を騙した、不法な利益を得たり財産的価値があるものを受け取ったなどの行為が発覚した場合は詐欺罪に該当します。これは企業の判断で警察に対応してもらうか決まってきます。最悪なケースだと逮捕されてしまうので、うっかりの勘違いだったとしても経歴詐称はリスクがあるということを認識し、正しい内容で就職や転職をするようにしてください。

細心の注意を払って活動する

自分では大丈夫だと思ってもちょっとしたミスが詐称していると思われたら、内定を取り消されてしまう可能性もあります。自分で判断するよりも採用担当の判断で状況が変わることを十分に理解してください。

ちょっとくらいなら大丈夫という考えが命取りになる

ちょっとくらい大丈夫だろうという気持ちが経歴詐称と判断されてしまうケースもあります。自分はバレないから大丈夫だろうと思って少しでも気の緩みがあると、そこから新たな嘘をつきたくなってしまうものです。

意識してなくてもちょっとしたうっかりミスで経歴詐称になってしまう可能性があるので、細心の注意を払って履歴書を作成し、面接でも嘘の内容を言わないようにしてください。大丈夫だと思っても自分と企業側の考え方の違いで詐称していると捉えられてしまう可能性もあります。あくまでも判断は企業が行うので、せっかく手ごたえがあっても内定取り消しや入社後の解雇をされてしまう可能性があります。

本当の自分で勝負する

嘘をついてまで内定をもらっても後から苦労するのは自分自身です。自分の実力で勝負して面接を勝ち取ることで、入社してからも本当の自分で仕事をすることができます。本当の自分をアピールするために重要な履歴書や職務経歴書をうっかりミスで台無しにしないように、嘘をついていないという気持ちと意識をしっかり持って手を抜かないで最後まで書き上げて完璧な状態にして提出してください。

詐称をして面接に合格したとしても罪悪感がいつまでも付きまとうはずです。本当の自分で採用されなければ後からバレたときに後悔します。そうならないためにも自分の経歴は嘘偽りなく正しい情報を伝えるようにしてください。

まとめ

自分では大丈夫だろうと思っても経歴詐称に該当することもありますし、最初から意図的に詐称する人もいます。そのときは良いと思っても詐称したことがバレてしまったときのほうがリスクが高いことを十分に理解して、絶対に経歴を詐称しないようにしてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒採用調査の詳細ページはこちら

⇒リファレンスチェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn