証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

反社排除の同意書へのサインを拒否されたら警戒すべき!調査は探偵へ依頼しよう!

企業が社会的に信用を得るためには、反社会的勢力とのつながりを断つことが重要です。昨今では、取引先に加え、従業員の反社確認も実施する企業が増加傾向にあります。しかし、従業員の反社確認には難しさを感じる経営者もいることでしょう。従業員のプライバシーに関わりますし、従業員が反社とは全く無関係な場合もあります。そこで本記事では、反社確認を行うべきタイミングと探偵へ依頼することのメリットについて紹介します。

従業員の反社確認を行うべきタイミング

企業にとって、従業員が反社会的勢力に属する、もしくは関わっているかどうか確認することは、経営を進めていくうえで重要です。法令遵守を実現するために、また企業の乗っ取りを防ぐためにも欠かせません。しかし実際は、証拠がない限り、従業員が反社と関わっているかどうか分からないことも事実です。そこで、反社確認を行うべき従業員の行為やサインについて紹介します。

反社排除の同意書へのサインを拒否する

反社の侵入を防ぐための有効な手段として、反社会的勢力の排除に関する同意書、もしくは反社会的勢力でないことの同意書というものがあります。同意する内容は、自分は反社会的勢力ではないこと、自分の交友関係に反社会的勢力に属する者はいないこと、採用後も反社会的勢力との関わりは一切持たないことなどです。面接を行う際、応募者に対してこのような同意書へのサインを要求してみましょう。もし同意を拒否したり、ためらうような態度を見せたりしたら警戒が必要です。また、すでに企業の一員として働いている従業員に対しても同様の形で文書への同意を求めてみましょう。

仕事で発生したトラブルを顧客が解決している

仕事上でトラブルが発生し、上司への報告もなく顧客によって解決されている場合、調査の必要があるでしょう。なぜなら、発生したトラブルを解決し、借りを作らせるというのが反社の手口の1つだからです。仕事のトラブルは企業だけでなく従業員の信用にも関わってくるので、極力犯したミスを知られたくないと考える従業員は少なくありません。反社はその弱みにつけ込み、密かにトラブルを処理する見返りとして、金品などを要求してくるケースがあります。したがって、トラブルを起こした従業員が顧客の名前を出して感謝するような発言をした場合は、反社確認を実施するようにしましょう。

従業員の顧客からのやたらと多い苦情

従業員が反社と関わりがある場合、仲間と共謀して意図的に苦情を言ってくるケースがあります。わざと苦情を持ち込む背景には、金品などを搾取するという狙いがあります。もちろん、仕事上で殺到する苦情には従業員のミスによるものもありますが、もしも特定の従業員に苦情が多数発生している場合は、調査を視野に入れましょう。

従業員の人間関係が怪しい

従業員の人間関係も反社確認には重要な要素です。もし、従業員と友人・知人の関係にある人の言動に不審な点があったり、政治的な発言が目立ったり、年齢に不相応な高級車などを所有していたり、従業員の家族の居住地域が治安的に悪かったり、といった点が見受けられる場合、注意が必要です。従業員本人とその周囲の人を調べるようにしましょう。

反社確認は探偵に依頼しよう

従業員の反社確認を実施するにあたり、調査方法が分からない経営者もいることでしょう。企業に依頼したとしても、企業の場合は対個人ではなく、対取引先という大きな括りで調査を行うケースがほとんどです。そこでおすすめなのが探偵事務所への依頼です。では、従業員の反社確認を探偵へ依頼することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

素人や個人では難しい調査が可能

反社確認には、従業員のこれまでの交友関係やプライベートでの行動などを調査する必要があります。しかし、これらは素人や個人には難しく、危険も伴うでしょう。一方で、探偵というのはこっそりと事情を探るプロであり、豊富な知識とノウハウも有しています。反社会的勢力との接触においても、危険を回避して有用な情報を入手してくれます。

従業員に気付かれる恐れがない

反社確認において、調査している行為がバレたら、経営者側と従業員側双方に利はありません。もし従業員が反社と関わりがあると分かれば警戒されますし、無関係だと判明しても関係の悪化を招く可能性が高いでしょう。したがって、従業員に気付かれないように調査する必要があります。探偵であれば、入念に準備を整えてから調査を進めるため、従業員に気付かれる可能性が低いです。

調査報告書を入手できる

もし従業員が反社と接触がある場合、従業員の中には調査の無効を求めたり、反社と協力して企業との契約破棄の無効を申し立てる人がいます。そのような場合不可欠なのが裁判でも有効な証拠です。探偵事務所がまとめた調査報告書は、裁判でも有効な証拠として使えることが認められています。その上、確実な証拠がなければ対応が難しい警察や弁護士も相談に乗ってくれやすくなるでしょう。

今後の相談もできる

従業員が反社と関わりのあることが判明した場合、適切な対応を行うことが次のステップになります。優良な探偵事務所であればアフターケアも実施されており、反社に強い弁護士や警察出身のカウンセラーなどを紹介してもらえます。専門家にお願いすることで、より適切な方法で反社に立ち向かうことができるのです。

気兼ねなく相談できる

気兼ねなく相談できる窓口という意味でも探偵事務所は最適です。反社会的勢力が絡んでいるかもしれないという事情もあるため、反社確認の相談に気軽に乗ってくれる場というのはなかなかないものです。探偵事務所では無料相談窓口が設けられている所が多く、少しでも心配なことがあれば気兼ねなく相談者となってくれます。

まとめ

従業員が反社会的勢力と関わりがあるのかどうか確認することは、健全でクリーンな企業経営を実現するために欠かせません。もし従業員が反社排除の同意書へのサインに消極的であれば、調査を実施しましょう。反社確認というのは個人のプライバシーに触れる問題でもあるため、探偵事務所へ依頼することをおすすめします。従業員1人1人に目を光らせ、反社の介入を未然に防ぐことを目標に取り組んでいくことが重要です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒反社チェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn