証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気相手が妊娠をしてしまったときにどのようにすればいいか対処法を知ろう

浮気相手が妊娠してしまったら様々なケースを考えて慎重に考えて行動する必要があります。特に不倫相手の健康にも大きく関わってくることなので、中絶を選択した場合どのように対処すればいいかを解説していきます。

妊娠の事実を告げられたときにどうするか

不倫相手から妊娠の事実を突きつけられたら、本当に妊娠しているか病院に行って確認をしてください。妊娠させた責任があるのは当然ですが、中絶を選択するのかそのまま出産させるのかによって状況が変わってくるからです。不倫相手と病院に行って妊娠しているか医師から聞いて正しい情報を確認してください。病院の領収書を家に持ち帰ってしまうと領収書を妻に見られてしまうケースがあるので注意してください。予期せぬ妊娠の場合多くが中絶を選択することになります。期間内に中絶をしないといけないので、どうするかを不倫相手としっかり話し合って決める必要があります。自分のことばかり考えて相手のことを考えないのが一番よくありません。

特に不倫相手を遊びと捉えてセックスをした場合、妊娠をしてしまったことは想定外で感情的になってしまう男性もいます。だからと言って誠実に対応をしないでそこで逃げ出してしまうと、大きなトラブルに発展してしまいそこで違う問題が出てくる可能性もあります。妊娠は浮気をした男性にも大きな責任を伴います。不倫相手だからと言って軽視するのではなく、この現実を素直に受け止めてください。不倫相手に対して誠実な対応をとらないと、相手が感情的になり心に大きな傷を負ってしまいます。そうなると慰謝料を請求されるだけでなく、職場や自宅に妊娠したことを知らせる行動を取ってしまい、さらに大きなトラブルに発展し、妻との関係も悪化して最後には自分に何一つ残らない可能性もあります。

そうならないために初動の対応が何よりも重要です。妊娠したことを素直に認めて、相手のこを第一に考えて行動してあげることで、自分自身の誠意を理解してもらうことで、その後のトラブルなどの問題を回避することができます。

費用負担について

不倫相手の女性と真剣に話し合い中絶をする選択をしたら、妊娠中絶手術の費用を負担するのが一般的です。中絶をするには費用がかかります。健康保険が適用されないので全て自費で手術をしなければいけません。

費用の相場はいくらか

中絶の手術をするときに妊娠した期間によって費用が変わってくることを理解してください。妊娠8週目までが12万円から13万円、9から10週目が15万円から16万円、それ以降だと20万円以上の費用になります。男性のほうがこの費用を全額負担することが当たり前です。なぜならば不倫相手の女性は費用を負担するとなると肉体的にも精神的にも負担が大きいのに、お金のことまで考えるのが難しいからです。

その他の費用がかかることも考える

手術の普段だけでなく病院の通院費や交通費、さらには仕事を休んだらその分の給料も負担しなければいけません。全ての状況がお金で解決できるなら問題ありません。しかしうまくいかないのが不倫相手との妊娠トラブルです。ちょっとした感情が挟まることで急に気持ちが変わって大きなトラブルに発展することもあります。そうなると自分だけでなく家族にも大きく影響を及ぼしてしまいます。そうならないために一番最初の妊娠が分かった段階で誠心誠意対応することで、中絶すると決まってから更なるトラブルを回避することができます。

裁判に発展しないで解決できれば穏便に済ませることができますが、相手と折り合いがつかない場合賠償金や慰謝料などの問題が出てきたら裁判に発展する可能性が高まります。裁判まで話が行くような状況だと、妊娠をした女性もかなり感情的になっている可能性が高いです。そのようなときに冷静になって対応することが求められます。ここまでくると自分の妻にも知られている可能性が高いです。浮気相手の対応を必要ですが、妻や家族への対応も求められるようになります。

無理やり中絶はできない

負担するべき費用を理解したらいつでも中絶ができるというわけではありません。相手の同意を得て初めて手術をすることができます。中絶をするということを理解するのは相当の決断になります。肉体的にも精神的にも大きな負担になるからこそ、お金で解決しようという考えを捨てて相手のために親身になって対応してあげることが望まれます。そうすることで大きなトラブルになることを防ぐことができます。

妻と別れるのかどうか判断する

不倫相手が妊娠し中絶をするという話がまとまれば一件落着というわけではありません。次に問題になるのが現在の妻と別れるかどうかの話し合いをする必要があります。妻に内緒で不倫をしたことも最悪なことですが、さらに相手が妊娠をしてしまったことを妻が簡単には受け入れるはずがありません。中絶したことを妻がどのように理解をするかで今後の流れが変わってきます。相手が中絶をしたとしても不倫をしたことを理解できなければ離婚の話に進む可能性が高いです。もしそうなれば今の妻との間に様々な問題が出てきて裁判所に持ち越す可能性が十分に考えられます。

もし不倫したことや妊娠・中絶したことを受け入れたとしても、夫婦関係が冷めてしまい今まで通りに生活するのが難しくなる可能性が高いです。遅かれ早かれ夫婦の間に亀裂が入って離婚をする可能性が高まります。それほど不倫は大きなリスクが伴いますし、妊娠させるということは不倫相手だけでなく、妻や家族までも傷つけてしまう最低な行為だということを理解すれば、男性の責任ある行動がどのようなものかを理解して結婚生活を送ることができるはずです。

まとめ 

このように不倫相手が妊娠をし中絶を選択した場合、誰も嬉しくありませんし喜びもありません。妊娠しなければ大丈夫、妻にバレなければ大丈夫という安易な気持ちが不倫相手との関係をさらに濃厚なものとし、誤った判断で妊娠をさせてしまうことになります。そうなってしまってからパニックになっても遅いので、当たり前のことですが不倫をせずに一生妻を愛する気持ちを忘れないでください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn