証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫をされたときスムーズに納得できる慰謝料をもらうために必要なこと

不倫をされて精神的苦痛を感じたら相手に対して慰謝料を請求することができます。しかしどのくらいの額を請求できるのか、どのように手続きを進めていくのかを理解しないとすぐに対処できなくて、タイミングがずれて慰謝料が減額になってしまう可能性もあります。そうならないために思っている通りの慰謝料を確実に受け取るためにどうすればいいのかを解説していきます。

慰謝料の相場

まず最初に理解するべき内容がどのくらいの慰謝料をもらえるか、相場から判断して手続きを進めていってください。そうすることで納得して慰謝料を受け取ることができます。離婚をしない場合と夫婦の関係が破綻して離婚をすることになった場合とでは慰謝料の金額が変わってきます。

離婚しない場合

離婚をしないで夫婦の関係を続ける場合は50万円から100万円が慰謝料の相場になります。この金額が安いか高いかは人それぞれの価値観で変わってきますが、相場から見れば上限が100万円までというのが一般的な金額になります。

浮気をされたのに離婚をしないで二人の関係を修復させることを目指す決断をすると、お金よりも二人の信頼関係のほうが重要になってくるので、そのような意味も込めて慰謝料の相場が安くなっています。

離婚する場合

夫婦間の関係を修復することができない状態まで悪化した場合離婚をすることになりますが、不倫が原因で離婚に至った場合、慰謝料の相場は100万円から300万円になります。離婚をして別々の道を歩むことになるので、一人暮らしをするときにお金がかかります。そのような理由もあって離婚をすることが確定しているのであれば慰謝料が高くなる傾向があります。

離婚をするときに子供がいたら養育費も請求することができます。実際問題として養育費を得られていない人が多いので、ここは確実に毎月決められた養育費も支払ってもらうように、弁護士と一緒になって対策を講じる必要があります。

慰謝料は様々な理由で増減される

不倫が原因で夫婦の関係が悪化したときに慰謝料を請求することができますが、相場はある程度決まっていても二人の関係や不倫内容の度合いによって請求できる慰謝料が増えたり減ったりします。たくさんもらえる可能性もありますが、減らされる可能性もあります。増減すると言っても不倫をされた人は精神的苦痛を感じているからこそ、少しでも多くの慰謝料を請求できるようにそれぞれの理由を理解してください。

増額される理由

慰謝料が相場よりも増額される理由として、結婚している期間が長ければ長いほど増額される可能性があります。これは相手を信じて長年連れ添ってきた人が不倫をしたという精神的なショックが大きくなると判断されるからです。

次に注目すべきポイントは不倫相手が結婚をしている事実を知っていたかどうかです。その事実を知りながら不倫をしていたというのは悪質と判断されて増額される傾向があります。結婚していると分かっていながら不倫をされると、全ての問題を解決するまで時間がかかってしまいます。結婚しているかどうかを知りながら不倫をするだけでなく、その期間が長ければ増額される可能性が高いです。10年以上不倫関係にあるなど長期間不倫をしているケースもあります。

減額される理由

基本的な相場はある程度決まっています。そこからそれぞれの状況に応じて増減することがあります。慰謝料が相場よりも減額される理由として挙げられるのが、浮気相手が真摯に謝罪をしているときです。謝罪をされても浮気をされた事実が消えるわけではありませんが、謝罪をしている裁判所が判断した場合は減額される可能性があります。また不倫が原因で会社を退職するなど何かしらの社会的制裁を受けたときも減額される理由に該当します。

夫婦の家庭環境によっても減額される可能性があります。もし不倫をする前から夫婦間の関係がうまく行ってなかったときは、相場よりも減額される傾向があります。何故ならば不倫が理由で夫婦の関係が悪化していないからです。不倫をされても仕方ない夫婦の関係であれば減額される可能性が高いことを十分に理解してください。

弁護士に任せよう

このようにそれぞれの理由があって相場がある程度決まっていても増減します。現在の自分の状況を嘘偽りなく弁護士に相談し、不倫内容がどのようなものなのか、しっかり証拠を押さえて裁判所に提出できる準備を整えておくことも求められます。不明点や分からないことはそのままにせずに弁護士に質問をして解決をしながら少しでも多くの慰謝料を請求しもらえるようにしてくだい。

弁護士に依頼をする

慰謝料請求は弁護士に相談をして手続きを進めてください。ある程度相場が決まっているのでその範囲で請求をすることになりますが、様々な理由で増額される可能性があるからです。少しでも多くの慰謝料を裁判所に請求し、それを裁判官に認めてもらうために弁護士の力が必要になります。逆に減額される可能性があったとしても可能な限り多くの慰謝料を減額されないように様々な方法を駆使しながら裁判所に請求をしてもらうこともできます。

不倫をされたことをある程度受け入れて次にどのように対処すれば良いかという状況の中で、法律のことを十分に理解している弁護士が間に入って慰謝料をどのくらいの額にするか決めてくれます。二人の間に考えの隔たりがあれば話が長引いてしまい、最終的には調停や訴訟に発展します。そうなると時間がかかりますし、どこかで和解をしなければいけないのでお互いが納得する慰謝料の金額で話をまとめられてしまう可能性もあります。少しでも多くの慰謝料を受け取ることができるように、弁護士と相談をしながら早い段階で話がまとまってもらえるようにしてください。

まとめ

このように浮気をされた状況や浮気の内容によって慰謝料の相場が変わってくることを理解してから、自分が相場に当てはまるかを十分に考慮して弁護士と一緒になって希望通りの慰謝料を受け取るようにしてください。行き当たりばったりでなく最初から弁護士に相談して順序良く手続きを進めていきながら、一番適しているタイミングで請求できるようにしてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn