証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査を探偵に依頼・不貞の認められる決定的な証拠とは何か?

パートナーの様子がどうもおかしい、浮気が疑われるのであれば、探偵を雇うのも一考です。探偵は徹底的な調査を行って、浮気の決定的な証拠をつかんでくれます。今後離婚するにあたって決定的な証拠があれば、離婚が認められやすくなりますし、慰謝料請求の交渉も優位に進められます。

決定的な証拠とは何か?

決定的な証拠とは、簡単に言えば不貞行為を行っている場面を写真や動画に収めることです。まずはラブホテルに浮気相手と一緒に入っていった場合、その時点で十分な証拠能力があります。一般的に考えて、ラブホテルを利用する目的は性交渉であると考えられるからです。

また場合によっては本当に行為をしている場面を写真に収められる可能性もあります。部屋の中はさすがに無理ですが、例えばカーセックスをしている場合、その模様を写真や動画に収められる可能性も高いです。このような写真や動画を手に入れれば、これは不貞行為の証明となります。特に何度もそのような場面を写真や動画に収めることができれば、より強力な証拠として提示できます。

ラブホテル以外、例えばシティホテルや自宅で逢瀬を重ねている場合、ただ入っていくところだけを収録しても証拠能力はあまりないかもしれません。「仕事の相談をしていただけ」やホテルの場青「ただ食事をしただけ」と言い逃れされてしまうかもしれないからです。

しかしこのような場合でも証拠を積み重ねることで決定的な証拠と認定させることも可能です。例えば浮気相手の自宅もしくはホテルに入って、出てくるところを撮影します。その時間を記録して、何時間や半日、泊りであれば、何らかの不貞行為のあったことが証明できます。また複数日にわたって撮影することで、それが決定的な証拠と考えられます。

盗聴は犯罪行為

例えば自宅などに盗聴器を仕掛けておいて、浮気相手との仲睦まじいやり取りを録音すれば、これも証拠になるのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし盗聴テープについてはそもそも犯罪行為です。不法な手段で入手したテープやICレコーダーについては証拠能力なしと認定される恐れが高いです。裁判所に提出することもできません。ちなみにGPSの発信機を車両などに取り付けて、そこから出てきたデータや電子メールのコピーなども証拠能力なしと判断されます。

状況証拠を積み重ねる

不貞行為を立証するために、何も決定的な証拠がなければならないというわけではありません。状況証拠を積み重ねることで、相手の不貞行為を立証できるかもしれません。例えばメールです。浮気相手と実際に会えないときには、メールでやり取りをすることも少なくありません。ただ単にメールのやり取りだけでは証拠にはなりません。その内容が問題です。「ずっと一緒に居られて楽しかった」「あなたのことで頭がいっぱい」「大好き」などのコメントがあれば、不貞行為を疑わせるのに足ります。

もし疑わしいメールがあれば、その画面を写真で撮影する、自分のケータイに転送するなどして証拠として残しておきましょう。この時重要なのは、日時とやり取りしている相手がはっきりわかることです。相手についてですが、浮気相手なら正式名称をフルネームで記載している人はあまりいないでしょう。ニックネームなどで登録していることが多いので、できれば相手を特定しておくといいです。

SNSでやり取りをしている人も少なくありません。ここでもし親密なやり取りをしていれば、これも証拠になりえます。SNSの場合、写真や動画が残っている可能性もあります。2人でどこかで一緒に出掛けた際の写真や動画があれば、これも十分証拠になりえます。浮気相手とのやり取りについては、限定公開しているケースも少なくありません。すると自分はその内容にアクセスできない恐れがあります。その場合、限定公開されている人に知り合いがいれば、そこからコメントなり写真なりを回してもらえる可能性があります。

そのものずばりが見つかる可能性

スマホなどに残されている写真の中には、もしかすると決定的な証拠になりうるものが残っているかもしれません。というのもカップルの中には、性交渉している模様を写真で残している人も一部いるからです。もしこのような写真が配偶者のスマホに記録されていれば、その画面を自分のスマホで撮影するなり、自分のところに転送するなりして保管しておくべきです。確かに見るのも嫌かもしれませんが、今後離婚交渉するにあたって有利に進めることができます。ここは「裁判のため」と割り切って記録しておきましょう。

自白を録音しておく

浮気の証拠が見つかれば、それを相手に突きつける人もいるでしょう。突きつけられた人の中には「これは違う!」としらばっくれるケースもあれば、完落ちするケースもあります。後者の場合、記録を残しておきましょう。自分と1対1で話したときには浮気を認めても、後日離婚調停の時などに発言をひっくり返す人もいるからです。ここで証拠がなければ、言った言わないの水掛け論になってしまいます。ICレコーダーなどを使ってきちんと録音しておけば、今後の交渉も優位に進められます。

詳しい情報を聞き出しておく

不貞の事実を認めさせるだけでなく、詳しい情報を引き出しましょう。相手がどこのだれなのか、知り合ったきっかけは五日、不貞行為の始まった時期、どのくらいの頻度であって肉体関係を結んでいたか、など聞いて、それを音声データとして残しておきましょう。

まとめ

相手の浮気を立証するためには、証拠を積み重ねる必要があります。上で紹介したように相手のスマホをチェックして、不貞の事実を見つけることは可能です。しかしラブホテルなどから自分以外の異性と一緒に出てくるなど、決定的な証拠があると相手に浮気を認めさせることも可能です。もし自分一人では十分な証拠収集が難しいというのであれば、探偵のようなプロにお願いするといいでしょう。探偵の場合、赤外線カメラなど高度な情報収集機器を持っています。暗がりでもはっきり相手の顔が確認できるような写真撮影も可能です。問題をはっきりさせるために、探偵に一度相談してみてはいかがですか?

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn