証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

家出をしたくなる理由は人それぞれ?家出の原因について解説

家出と聞くと、子どもを連想する人は多いと思いますが、大人も家出をすることがあるってご存知でしょうか?家出は子どもや大人など、誰でもする可能性がありますよ。家出の理由は、心理的なストレスによることが多く、年齢は関係ないといえるでしょう。今回は、子どもや大人の家出の原因について解説します。

子どもの家出の主な原因

子どもは年齢にもよりますが、多感な時期なのでさまざまな影響を受けやすい年頃だといえます。精神的に未熟な子どもは、心理的なストレスからの負担から逃れようと家出をすることがあります。子どもの家出の原因は、心理的な負担になる要因と密接な関係があるといえるでしょう。子どもの家出の代表的な原因は3つあります。

●家庭内の問題

●イジメ

●友人との遊びを優先

子どもの家出の代表的な3つの原因についてそれぞれ説明します。

家庭内の問題

思春期の子どもは、家族の影響を受けやすい時期であり、家族の不仲などの家庭内の問題で家出をすることがあります。家族だからといって何でも言い合えるわけではなく、家族からの言葉にショックを受けてストレスを抱えてしまう子どももいます。思春期の子どもは多感な時期であり、家庭内の問題には特に敏感だといえるでしょう。家庭内の問題によって、心理的なストレスを受けてしまい、家出をする子どもは多いといえます。

イジメ

子どもは学校のクラスや部活、塾などで独自のコミュニティを築いていることがあり、なんらかのトラブルに悩んでいることがあります。コミュニティ内でのトラブルには、イジメによる問題が大半を占めており、イジメに遭いたくない気持ちや親に心配をかけたくない気持ちが混在して家出をすることが多いです。イジメによる心理的なストレスは、子どもに家出を選択させるほどに計り知れませんよ。

友人との遊びを優先

自制心がきかない子どもは、友人ともっと遊びたいと考えてしまうことがあり、家出につながる場合もあります。友人と遊んでいる時間はあっという間に過ぎてしまい、門限を過ぎても遊びを優先させることで、家出をする子どもはいます。このような子どもは、仲の良い友人の家を渡り歩いていることが多く、発見しやすいのが特徴です。遊びを優先させてしまうのは、自制心が抑えられない子どもならではの原因だといえるでしょう。

大人の家出の主な原因

社会とのつながりが密接な大人は、人間関係による心理的なストレスが負担になって家出をすることが多いです。仕事や家庭など、さまざまな要因でストレスを抱えやすく、うつ病などの精神的な病を引き起こすことがあります。人間関係にストレスを受けやすい大人の家出には、代表的な原因が3つあります。

●家庭内の人間関係

●不貞行為

●金銭トラブル

大人の家出の代表的な3つの原因についてそれぞれ説明します。

家庭内の人間関係

義理の両親との関係性や実の両親との不仲などによる家庭内の人間関係に疲れてしまい、家出をする大人も多いです。リラックスできるはずの自宅にもかかわらず、家庭内の人間関係が良好でないと、落ち着けるはずがありません。落ち着けない自宅での生活は、徐々にストレスが溜まっていき、家出という形で爆発してしまうでしょう。家庭内の人間関係が原因の家出を防ぐために、第三者に相談することが重要です。

不貞行為

大人の家出の原因として、不倫や浮気などの不貞行為が挙げられます。パートナーがいるにもかかわらず、他の異性に好意を寄せることになってしまい、駆け落ちのような形で家出するケースです。不貞行為が原因の家出は、周囲に居場所を知られないように徹底しているので、家出人が見つからないことが多いです。不貞行為による家出が発生する前に、不貞行為を防ぐことが重要だといえるでしょう。

金銭トラブル

借金などの金銭トラブルが原因で家出をする人もいます。金銭トラブルによる後ろめたさだけでなく、返済ができないことによる心理的なストレスで、現実逃避をしたくなる人は多いと思います。家族にバレたくない気持ちや返済疲れの負担が重なってしまい、突発的に家出をすることがあるでしょう。金銭トラブルによる家出は、何もかも投げ出したい気持ちからくるものなので、家出人が見つからないこともあるので要注意です。

家出を放置してはいけない

家出が発覚し、「そのうち帰ってくるだろう」と楽観的に構える人もいると思います。事件性がなければ、警察もなかなか動いてくれないですし、自分で探すのも限界はあるでしょう。しかしながら、子どもや大人の家出は放置することによって、最悪なケースにつながることもあります。子どもと大人の家出を放置することで、どのような事態になる可能性があるのかそれぞれ説明します。

子どもの場合

子どもは判断能力が低いことが多く、犯罪やトラブルだけでなく、事故に遭ってしまう場合も少なくありません。行動範囲が狭い子どもは、家出をしてもすぐに戻ることが多いですが、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性も高いです。トラブルに巻き込まれてしまっては、取り返しのつかないことにもなりかねないので、家出を放置せずに居場所を突き止めることが重要だといえるでしょう。

大人の場合

大人は子どもよりも行動範囲が広く、家出の範囲も広いといえるでしょう。子どもと違ってトラブルに巻き込まれることは少ないでしょうが、現実逃避の一種で家出をすることがある大人は、自ら命を絶ってしまう可能性もあります。そんなことになってしまっては悔やんでも悔やみきれません。事件性がなければ警察が動くことはほぼないので、家出が長期化しているようであれば探偵に依頼をするのも良いかもしれません。

まとめ

家出は子どもだけではなく、大人もすることがあり、原因は人によって異なります。子どもが家出をする原因の多くは、愛情不足や心理的ストレスによるものであり、コミュニケーションを取ることで未然に防ぐことが可能です。大人が家出をする原因の多くは、人間関係などのストレスによる負担が蓄積され、精神的な疲れによるものがあります。家出は早期発見することで、犯罪やトラブルを防ぐことができるので、家出の原因を究明することが重要です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn