証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

状況や興信所や探偵事務所のサービス内容によって変わってくる浮気調査の結果

愛する人が自分の知らない誰かと情事を重ねていたら憤慨するはずです。怪しいと感じたら浮気をしている証拠を掴むために探偵事務所に依頼をしますが、調査結果がどのくらいのタイミングで出るのか知りたい人は多いです。平均でどのくらいの期間で結果が出るのか、何をすれば結果が出るのが長引くかを解説しています。

浮気調査の結果はどのくらいで出るのか

探偵事務所に浮気調査を依頼してどのくらいで出るものなのか気になる人も多いです。まずは平均的な日数を理解して、どうすれば早くなるのか、何をすれば結果が出るのが遅くなるかを理解してください。

理解した上で探偵事務所のどのサービスを利用するかを選択したほうが、後から探偵事務所とのトラブルを回避することもできます。また調査結果が出た後に裁判に持ち込んだときはどのくらいの時間がかかるかも理解しておくことが望まれます。

平均的な日数

どの探偵事務所でも浮気調査の平均的な日数は早くて1週間から2週間、思うように結果が出ないで追い続けると3週間から4週間はかかります。調査対象者の動きが多ければ浮気をしていることがすぐに分かって証拠を押さえることができます。

しかし調査を始めたタイミングでターゲットの動きが無ければ浮気調査が停滞してしまうので、どのタイミングで調査をスタートしてもらうかが重要なポイントになります。

ターゲットが浮気をしそうなタイミングを予想する

少しでも早く浮気調査の結果を知りたいなら、ターゲットが浮気をしていそうなタイミングを見計らって調査をスタートしてもらったほうが良いです。動く心当たりがあればそのタイミングで調査を開始したほうが、浮気現場の証拠を掴むことができる可能性が高まります。

いつも浮気をしている曜日など、ターゲットが怪しい動きをしそうな可能性があるならば、事前に探偵に伝えておいてそのタイミングで浮気調査をしてもらってください。

実績や経験が豊富な探偵事務所に依頼をするメリット

調査を依頼してから結果が出るまである程度の時間がかかります。それを十分に理解して探偵事務所に依頼をする必要があります。すぐに結果を求めてしまうと調査内容もそれなりになってしまうことが多いです。

思っていた結果と違うと後から探偵事務所とトラブルになってしまう可能性があるので、そうならないためにも事前にどのくらいの時間がかかるかを聞いて把握しておく必要があります。

ある程度の時間は必要

確実に浮気現場の証拠を押さえるならある程度の時間が必要です。時間をかけてじっくり調査するのか、すぐに調査結果を知るために急いで調査をするかによって、調査結果の内容も変わってきます。

どのような浮気をしているかだけを知りたいのであれば証拠写真や動画などを撮影してもらえばそれで済むこともありますが、本格的に離婚や裁判に持ち込みたいと思っているなら、確実な証拠が必要になるので、そうなると時間がかかるということを依頼者がどこまで把握して受け入れるかが重要なポイントになります。

条件次第で変わる

浮気調査の結果がどのタイミングで出るかどうかは、調査内容の条件次第で変わります。どのようなサービス内容を利用してどこまで調査してほしいのかによって、時間のかかり具合が異なってくるからこそ、どこまで調査してほしいのか、具体的に調査をするとどのくらい時間がかかるのかも契約をする前に理解しておくことが求められます。

これは事前の打ち合わせや相談時に確認しておくことが望まれます。どこまで調査をすればどのくらいの時間がかかるかを十分に理解しておくことで、どのタイミングで結果を知ることができて、それをどのように活かしていくかも違ってきます。

費用も変わってくる

浮気調査の結果をどのタイミングで知りたいかによって調査内容が変わってくるので、どのサービスを利用したかによって調査費用も変わってきます。浮気をしているタイミングが分かっていれば、ピンポイントで調査をしてもらい証拠を押さえることができますが、お金がかかる調査をしてその期間が長くなればなるほど費用が高くなります。

エンドレスにお金をつぎ込める人は限られているからこそ、予算の範囲内でどこまで調査をしてくれるのかを事前に確認しておくことをおすすめします。そうすることで自分が支払える費用の中で調査をしてもらい、どのタイミングで結果を知ることができるか、おおよその流れを事前に探偵事務所から知ることができます。

結果をどこまで求めるか

浮気調査の結果だけでなく、その後の対応も含めての結果と考えるならば、離婚後にしっかり慰謝料や養育費などを請求し、必ず支払ってもらえるように裁判で手続きをしたほうが良いです。そうなると自分が結果をどこまで求めるかによって、最終的なゴールの着地点が変わってきます。浮気調査の結果だけで良いのか、それ以上のことを望むのかによって結果が出るタイミングが変わることを理解してください。

裁判まで行くと長くなる

浮気調査の結果をどこまで知りたいかによって期間が変わってきますが、浮気があったことで離婚をする場合裁判に発展することがありますが、裁判結果まで求めるとなるとかなり時間がかかってしまうことを理解してください。

浮気調査の結果を探偵事務所から確認して良しとするか、そこから裁判に持ち込んで判決結果を知りたいのかによって状況が変わってきます。最初から裁判に持ち込んで慰謝料請求したいと考えているなら、事前にその旨を伝えておきましょう。

早く知りたい気持ちを抑える

愛するパートナーが浮気をしていると疑ったら、誰もが本当に浮気をしているか知りたいからこそ、焦って気持ちが落ち着かなくなるものです。しかしそうなってしまうと普段の生活にも支障が出てしまう可能性が高いです。

信頼して申し込みをした探偵事務所がしっかり調査してくれるので、その報告をもらうまで焦る気持ちを抑えて待つようにしてください。もし結果が出ない場合に自分が損をしなくても良いように、成果報酬制を採用している探偵事務所を利用することをおすすめします。

まとめ

浮気調査の結果は調査内容とタイミングによって変わってくることは理解できましたでしょうか。すぐに浮気現場の証拠を掴むことができれば結果を知ることができるのは早いですし、時間がかかれば結果を知ることが遅くなります。また裁判まで行くと当然時間がかかってしまうので、どこまで調査してほしいか、そして何を妥協できるかを十分に理解して結果を待ってください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査に関するお問合せはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn