証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

駅で自宅で!盗撮されていることを発見したときの対処法

技術の進歩によるテクノロジーの発展は、私たちの生活を豊かにしてくれています。しかし一方、その技術を悪用した盗撮被害が増えているのです。ここでは、駅や自宅で盗撮されていることを発見したときの対処法や盗撮されないための予防策、盗撮発見後の対応策などを紹介していきます。悪意に満ちた犯罪の被害に遭わないよう、参考にしてください。

盗撮に対する知識を身につけておこう

盗撮の基準

相手の承諾を得ることなく勝手に撮影すると盗撮です。嫌がっていたり、こっそり撮ったり、隠しているものを無理に撮影しても盗撮として認められます。もし、あなたが写真や動画を撮影されたときに、あなたが撮影を許可していなかったり嫌がったりしていれば、盗撮として認められることを知っておきましょう。

盗撮されやすい人

盗撮される多くの被害者は女性です。浮気調査のために配偶者が盗撮をすることもありますが、主に加害者の欲望を満たすだけが理由の、卑劣な盗撮被害に遭っている人が後を絶ちません。そのため、誰でも盗撮される恐れがあるのです。いつ、どこで、誰が、誰に盗撮されていてもおかしくないということは、頭に入れておいてください。

盗撮器の種類

盗撮器には種類があります。無線式の盗撮器は小型のものが多く、発見が難しい盗撮器のひとつです。盗撮したデータを電波で受信することができるため、一度盗撮器を仕掛けたら回収するリスクがなくなり、犯人からすれば使いやすい盗撮器となっています。

技術の進歩の象徴となる、超小型のメモリーカメラも盗撮器として悪用されています。気づきにくく超小型のカメラは録画時間が短いため、犯人自身が身につけた腕時計やペン、ライターなどに忍ばせて盗撮してくるのです。また、赤外線カメラは、真っ暗な中でも撮影可能で、時間や場所、状況など関係なしに盗撮できる性能を持っています。

また、スマホやパソコンを利用した盗撮被害も増えています。スマホの場合は、犯人が勝手に盗撮アプリをインストールして盗撮を行います。スマホは必ずロックし、他人にスマホを預けたりせず、ロック解除した状態でスマホから離れないようにするなど、セキュリティ強化は必須です。そして普段から不審なアプリが入っていないか、小マメにチェックすることをおすすめします。

パソコンの場合は、ウイルスに感染したり不正アクセスしたりすると、パソコンについているカメラを乗っ取られ、盗撮被害に遭ってしまいます。見知らぬメールをクリックしたりファイルを開いたりしないように心掛け、ウイルスソフトをインストールしたりOSを最新にアップデートしたりしましょう。それでも不安な人はパソコンのカメラ部分をテープやシールで目隠ししてください。

駅で盗撮を発見したときの対処法

駅は盗撮被害が多い場所

駅は盗撮被害が多く報告されている場所のひとつです。電車内や駅構内など、人混みに紛れて盗撮器やスマホで撮影してくる犯人が数多くいます。

盗撮を怪しむ行動として、電車内で向かい側に座った人がスマホを開き、こちらをチラチラ見たりまわりを頻繁にキョロキョロしていたりする場合は注意が必要です。単にスマホを見ているだけの人とは、視線が決定的に違っています。少しでも怪しいと感じたら、席や車両を移動してください。

駅構内では、エスカレーターや階段などで盗撮されるケースが多くなっています。後ろを見ることに恐怖心を覚える場合は、横を見るふりなどをして顔を動かしてみましょう。犯人は盗撮対象の動きや、犯罪をしているという後ろめたさからまわりの反応や視線に敏感になっているのです。顔を少しでも動かすことで、犯人の動きを牽制することが可能です。

盗撮を発見したら

盗撮を発見した場合、犯人を捕まえるような行為は控えてください。犯人を突き詰めることで、犯人が逆上してさらに危険な目に遭う可能性が出てきます。まわりに多くの人がいるときは、大声で助けを求めたら駅員やまわりの人が助けてくれるでしょう。しかし人が少ないときはリスクが高いため無理して犯人を確保しようとせず、ただちにその場所から離れて後から駅員に報告してください。

もし、盗撮犯を捕まえることができたら、まず証拠となるスマホやカメラを確保しましょう。犯人が証拠をなくすために盗撮器を破壊する恐れがあるからです。ほとんどの場合、盗撮犯は言い逃れや言い訳をしてくるので、確固たる証拠である盗撮器の確保は必要となります。

自宅での盗撮発見、予防、対処法

まずは自分の目で探す

犯人が勝手に部屋に侵入し、盗撮器を仕掛けるケースも数多く存在します。盗撮されている可能性を感じたら、まずは自分の目で確かめてください。仕掛けられていそうな場所を探し、目視で確認とれないときは、盗撮器を発見するためのスマホアプリを使ってみてもいいでしょう。

盗撮器が仕掛けられやすい場所

自分の目で発見するために、盗撮器が仕掛けられやすい場所を知っておくことは大切です。テレビをはじめとした家電のまわりやトイレや浴室の天井裏や隙間、火災報知器や照明などあまり触る機会のない天井付近は要警戒。さらに、ポスターや絵画、ぬいぐるみといったインテリアや雑貨に仕掛けられているケースも多いので必ずチェックしてください。

自宅で盗撮器を発見したら

自力で盗撮器を発見した場合、怖くなったりショックを受けたり怒りを覚えたり、人によって様々な反応や感情が生まれますが、まずは冷静になって重要な証拠である盗撮器を破壊しないようにしましょう。無理に盗撮器を動かさず、箱や布をかぶせて撮影できないように。その状態で警察や弁護士に相談し、対応してもらってください。

盗撮されないための予防策

盗撮は発見するよりされないことが一番です。防犯性の高い鍵をつけたり鍵の数を増やしたり、信用信頼していない相手からのプレゼントに注意したり、安全性の高い状態を作り保っていくことが重要となります。

盗撮被害を解決するために

ひとりで悩まない

駅であろうと自宅であろうと、盗撮を発見したときは無理に動くことなく、まずはその場をやり過ごして後から対応・相談するようにしましょう。犯人に対する無理な対応は、さらなる大きなトラブルに巻き込まれる可能性が出てきます。

また、盗撮行為がなくならなかったり、盗撮器は発見できずとも「盗撮されているかもしれない」と悩んでいたりするときは、ひとりで悩みを抱えることなく探偵や興信所といったプロに相談しましょう。

探偵や興信所といったプロに依頼する

盗撮や盗聴に関する案件を数多くこなした探偵や興信所なら、駅での盗撮行為を証拠に押さえたり、自宅で盗撮器を発見したりすることができるでしょう。そして、思い過ごしで盗撮被害に遭っていなかったとしても、プロに依頼した上で盗撮がなかったと証明されれば、それまでの不安や悩みから解放されることができるのです。

まとめ

もし盗撮に遭っているかもしれないと思ったら、まずは自分で無理のないレベルで探し、見つからなかったり不安が解消されなかったりしたら、探偵や興信所に相談してください。そして、犯人や盗撮器を見つけたら、ひとりで動くことなくその場をやりすごした後に対応しましょう。盗撮は悪質で卑劣な犯罪です。犯人に必ず制裁を加えるため、ひとりで動くことなく専門家を頼って、安心できる日々を手に入れてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒盗聴・盗撮発見に関するお問合せはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn