証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵になるには年齢制限がある?年配でもやれる職業?

仕事をするにあたって、年齢制限のある職業も少なくありません。ところで探偵になるにあたって、年齢に制約が伴うものなのでしょうか?現在活躍している探偵を見てみると、老若男女いろいろな年代の方が活動していることがわかります。

幅広い年代が活躍している

探偵の方を年齢別で見てみると、けっこう幅広い年代の活躍していることがわかります。20代で大学を出たてのような若い人もいれば、50代や60代のような人も少なくありません。探偵には幅広い分野の能力が必要です。知識や視野、柔軟な思考力が求められます。通常転職する場合、年齢が上になればなるほど不利になると言われます。しかし探偵の世界ではこの限りではありません。50代や60代になると、豊富な社会経験があります。その経験を生かして、うまく調査できるかもしれません。

探偵の場合、ターゲットの尾行や張り込みをするのも活動の一環です。この場合、相手に気づかれないようにその場の雰囲気に溶け込まないといけません。年配の方はその部分の社会経験が豊富です。シチュエーション別にどのように立ち振る舞えば違和感がないかを知っているでしょう。ですから自然に相手に悟られることなく追跡調査ができるかもしれません。

未成年者の募集はほとんどない

法律的に見ると高校生のような未成年者もアルバイトなどで探偵事務所に就職することは可能です。しかし現実を見ると、未成年者の調査員を募集しているところはまずないと思ったほうがいいです。未成年者が探偵の仕事にふさわしくないのは時間的なネックにあります。未成年者は、原則夜10時以降は勤務できません。探偵はターゲットに合わせて尾行や調査を行います。すると深夜や早朝の業務も十分考えられます。未成年者の調査員を雇っても夜間や早朝はほかのスタッフと後退しなければならず、使い勝手が悪いのです。

また未成年者の場合、自動車やバイクなどの運転免許をまだ持っていない人も少なくないでしょう。探偵の尾行では必要に応じて自動車やバイクの運転をしなければなりません。未成年者はこのように探偵活動に制約が伴うので、なかなか採用されにくいわけです。

適正年齢は20~40代

探偵は幅広い年代が活躍しています。しかしコアになる年代を見てみると、20代半ばから40代にかけてといったところでしょうか?この年齢の人数が多いのにはいくつか理由があります。まず体力的な問題です。探偵にはある程度の体力が求められます。例えば張り込みをする場合、何時間にわたって屋外で待ち続けないといけない可能性が出てきます。夏は酷暑・冬は極寒の中で待たなければなりません。またもしかすると電車にターゲットが乗り込んで、自分も飛び乗らないといけない場合もあるでしょう。このような時にはダッシュをする必要があり、ある程度若い年代でなければ対処できないでしょう。

探偵の仕事をするにあたって、ただ単に対象人物の後を付ければいいというわけではないです。この先相手がどういった行動をするか予測して、先回りすることもあるでしょう。このようにいろいろと頭を働かせながら行動しなければなりません。年齢が上になると、どうしても頭の回転が鈍くなります。一方10代だとまだ人生経験もないので、相手の心理を読むのが不得手でしょう。20代の後半から40代にかけてなら、まだ頭も十分回るでしょうし、それなりの経験も踏んでいるので正確に相手の行動を予測できる側面もあります。

機材への対応力に優れる

20~40代の方が探偵の適正年齢問われるのは、使用する機材です。調査するにあたってカメラやビデオカメラなどを使用します。このような機材も近年どんどん新しいものが出てきています。暗視カメラや4Kカメラのようなものも出てきています。若い人であれば、複雑な操作が必要なものでも比較的柔軟にすぐに使い方をマスターできます。しかし年齢を重ねると、そのような柔軟な対応力も落ちてしまいます。機械音痴と呼ばれる人を見ると、年齢が上になればなるほど多くなると言われています。

また調査結果をクライアントに教える際に、パソコンで文書にてまとめる必要があります。若い世代であれば、パソコンを使って文書にまとめるのもそれほど苦ではないでしょう。しかし年配になると、パソコンを普段暑かったことがないという人も多いはずです。このような部分でも若い年代の方が、探偵の世界では活躍しやすい傾向が見られます。

若手育成の役回りも

探偵を見てみると、だいたい40代の後半から50代にかけてのタイミングで現場を退くという人が多いです。この時期になると、どうしても体力が低下します。探偵の仕事を続けるのが難しくなったことを悟って引退を考えるわけです。しかし探偵事務所を見てみると、定年制を導入していないところも少なくありません。ですから第一線は退くけれども、別の分野で活躍する人もいます。例えば新入りに対して、探偵の基本的なテクニックなどを教える指導員のような役割を担う人も多いです。このように年齢が上になっても、これまでの経験を生かして引き続き探偵業に携わることも可能です。

高齢者の現役も

中には60代や70代になってからも、探偵として現場で活躍している人もいます。ただしこのような年配の探偵の場合、何か突出した技術を持っているケースが多いです。例えば話術に長けていて、ターゲットの周辺人物への聞き込みで重要な情報を引き出すのがうまいなどです。長きにわたって探偵の世界で活躍したければ、何か一つ卓越したスキルを若いころから身に着けることです。

まとめ

探偵になるにあたって、年齢制限は基本的にありません。また取得しておくべき資格などもないので、成人したら基本誰でもなれる仕事です。実際50代や60代以上の方で探偵として活動している人もいます。しかし適正年齢といわれているのは20~40代です。張り込みや尾行など、体力勝負の側面のある仕事なのでどうしても若い人の方が動きやすいからです。もし探偵になろうと思っているのであれば、早めにそのための勉強などを進めておくといいでしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査に関するお問合せはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn