証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵事務所を開業するには?探偵業を始めるために必要な手続きを解説

探偵とは、警察では介入できない個人の民事問題について相談を受けて、その解決を手伝う仕事です。

ドラマや映画のように殺人事件や危険な場所へ出向くようなことはありませんが、困っている人を助けることができるやりがいのある職業です。

しかし、何も知らない状態から探偵になるにはどうすればよいのか、自分で探偵として開業することはできるのでしょうか。

探偵業を始めるために必要な情報と開業した後の問題点をまとめました。

探偵になるための条件

未経験から探偵になるためになにか特殊な条件はあるのでしょうか。

あまり知られていない探偵のなり方について知っていきましょう。

資格や免許は必要なし

探偵を名乗るのに特別な資格や免許はありません。

探偵業として開業するのも、公安委員会に必要書類を提出すれば、職業「探偵」を名乗ることができます。

ただし、未経験からいきなり開業するのはかなりハードルが高いので、一般的には探偵事務所に就職して経験を積んだり、探偵を育成する専門学校に通って技術を学ぶという方法があります。

探偵になれない人

届け出さえ出せば誰でも探偵を名乗れますが、探偵業法という法律が定める欠格事由に該当していると探偵業を始めることができません。

1.破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

2.禁錮以上の刑に処せられ、又は探偵業法の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者

3.最近5年間に営業停止命令・営業廃止命令に違反した者

4.暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者

5.心身の故障により探偵業務を適正に行うことができない者として内閣府令で定めるもの

6.営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者でその法定代理人が1から5又は7のいずれかに該当するもの

7.法人でその役員のうちに1から5までのいずれかに該当する者があるもの

引用元:警視庁HP探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要

以上の項目に当てはまらない人であれば、探偵として開業することができます。

探偵業を始めるために必要なもの

探偵業は特別な資格や免許は必要なく、誰でもなれることがわかりました。

それでは実際に探偵業を始めるために必要なものを見ていきましょう。

公安委員会への届け出

開業するためには、探偵業務を開始しようとする日の前日までに警察署経由で公安委員会へ届け出をしなければいけません。

もし届け出を提出せずに探偵業を始めた場合、法律違反となり罰則を受けます。

必要なものは、探偵業開始届出書、手数料3600円、必要な添付書類です。

個人で探偵業を開業する場合、必要な添付書類は

1.履歴書

2.住民票の写し

3.誓約書

4.身分証明書

以上の書類が必要になります。

法人で探偵業を開業する場合には

1.定款の謄本

2.登記事項証明書

3.役員全員の履歴書、住民票の写し、身分証明書、誓約書

以上の書類が必要になります。

これらの書類を提出すると、「探偵業届出証明書」が交付され、公安委員会に認められた探偵事務所という証明になります。

依頼する側は、探偵業届出証明書が交付されている探偵事務所が信頼に値する事務所と見られているので、探偵業届出証明書は探偵事務所の見えやすい場所に掲示してください。

ホームページを持っている場合は、探偵業届出番号をホームページに記載してください。

必要機材の購入

身一つだけで探偵の仕事は勤まりません。

探偵の仕事を行うにはいろいろと必要な機材を購入する必要があります。

1.対象者を尾行するための車・バイク

2.証拠のデータ管理、調査報告書を作成するためのパソコン

3.証拠の撮影を行うためのカメラ

特にカメラは一眼レフカメラ、ビデオカメラ、暗視カメラ、車載カメラなど様々な種類が必要になってきます。

証拠を押さえるためなので、これらに投資することは惜しまないようにしましょう。

役に立つ免許、知識

探偵になるのに特別な資格は必要ありませんが、対象者を尾行するための車両の免許の取得、

PCの知識、法律の知識、コミュニケーション能力等は、依頼者から信頼を得るために必要なもの思われます。

開業後の問題点

探偵業を開業するのは意外と簡単なことがわかりました。

しかし、開業しただけでは探偵としての仕事ができるとは限りません。

開業後によくある問題点をまとめました。

依頼がこない

開業したとしても、依頼者を呼び込むことができなければ経営を成り立たせることができません。

個人で探偵業を営んでいる方も多いのですが、集客が少ないためほとんど稼働していないというところもあります。

探偵はなかなか気軽に利用するものではないので、集客は一筋縄ではいきません。

顧客から信用を得るのが難しい

依頼する側としては実績が多く、信頼できるところに依頼したいものです。

開業間もない時には実績もなく、手探りな状態のため、顧客からは信用を得にくいです。

たとえ依頼の見積もりや相談が来たとしても、大手と比べられてそちらへ流れていく可能性も高いです。

ホームページを更新したり、ポスティングをしたりなどで地道に信用を得ていくしかありません。

調査員、機材が足りない

未経験で開業したてだと、必要な機材数の目安もわからずお金もかかるので、最低限の機材と人材で仕事をするかと思います。

しかしそれでは決定的な証拠を取り逃す可能性も高くなります。

せっかく受けた依頼が失敗に終わってしまえば、依頼者からの信用が失われ、その話が広まってその後の依頼が来なくなるかもしれません。

未経験であるなら、他の探偵事務所の仕事内容から参考にしてもよいかもしれません。

まとめ

探偵事務所の開業は簡単かもしれませんが、経営を続けていくというのはとても難しいものです。

探偵を利用する方もなかなかいないので、集客も大手と比べれば大変な道のりになるでしょう。

探偵として成功するためには、依頼を受けたら全力で取り組み、少しずつ信頼を得ていくことが必要でしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オに依頼する

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn