証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に依頼をする前に要確認。良い探偵事務所に依頼をするための注意点を解説

自分だけでは対処できない問題が起きた時に力を貸してくれるのが探偵です。

しかし、探偵事務所選びを間違えてしまうと、納得のいかない結果で終わったり、実は悪徳業者で調査費用を騙し取られたりなど、今抱えている問題にさらに問題が重なるということになってしまいます。

このような探偵事務所に依頼をしないために、良い探偵事務所を見極める必要があります。

見極めるとは言っても探偵に依頼をする経験がない人からすれば、何が正しくて何が間違った情報なのかもわかりません。

良い探偵事務所に依頼をするために、確認するべきことをまとめました。

初めて探偵に依頼をする方は、納得のいく結果にするためにしっかり調べるようにしましょう。

依頼をする前に確認すべきところ5つ

探偵を探すときは、インターネットを利用する方がほとんどだと思います。

自分が住んでいる場所と探偵というキーワードを入れれば、たくさんの情報がヒットします。

しかし、この中に混ざって悪徳業者やあまり良い結果が期待できなさそうな探偵事務所が出てくるのも困りものです。

そのような探偵事務所を避けるためには、ホームページの閲覧や無料相談を受ける時、ここはしっかりと確認するべきというポイントがあります。

価格

探偵に依頼するというには結構お金がかかります。依頼する側からすれば、できれば安いところにお願いしたいところです。

ですが、価格が相場より低すぎる、または、他の探偵事務所と比べて価格が極端に安い業者は要注意です。

最初は安く見積もりが出ますが、後からオプションなどの追加料金を請求され、最終的には相場よりも高額な金額になってしまったというケースがあるためです。

ホームページを見て、依頼料金が安すぎないか、価格設定がわかりやすいか、調査に使う機材や調査員の人数などで料金が変わることがちゃんと明記されているかをチェックしましょう。

無料相談をする場合は、料金についてわからないところをしっかり説明してくれるかをチェックしましょう。

曖昧な返答や説明を面倒臭がるところは、その後の対応も信用できないので、どんなに安くても依頼するのをやめておくのが無難です。

誇大広告

ホームページでは依頼する人に向けて魅力的なキャッチコピーを投げかけてきます。

しかしそのキャッチコピーの中に、「成功率100%」「絶対調査に成功します」など、誇大広告と思われる言葉を使っている業者は要注意です。

依頼は絶対に調査に成功してくれる人がいいのはわかりますが、どんなに優秀な探偵でもすべての依頼に絶対に成功するということはありえません。

それは探偵側の不手際だったり、調査期間内に調査してほしい人物が現れなかったり、依頼主からは納得のいく調査ではなかったりと失敗の要因は様々です。

それらを失敗とはしたくない探偵側の解釈で、最後まで調査ができたから成功など都合よく解釈し、印象を良くしようとします。

魅力的なキャッチコピーを出している探偵事務所は、その広告の根拠はあるのか、そう言える理由は何かをよく調べて、本当に信用できるのかを見極める必要があります。

実績

実績が明確に記載されているかも一つの指標です。

どのような依頼を解決した、協力したかが曖昧にしか書かれていないところは、本当に解決能力があるのかがわかりません。

解決能力があるのか見分ける方法として、調査報告書のサンプルを見てみることをおすすめします。

探偵業届け出

探偵として活動するためには、公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書を交付してもらう必要があります。

その際、探偵業届出番号が与えられ、ホームページに記載することにより、この探偵事務所は届け出を出していて法律に則った調査を行うという証明になります。

ホームページのどこを探しても探偵業届出番号が無い場合、無許可で探偵業を行っている可能性が高く、トラブルに巻き込まれるという事態になりかねません。

探偵業届出番号を記載していない探偵事務所に依頼をするのはやめましょう。

違法行為

探偵は探偵業法という法律に則り調査をしなくてはいけません。

情報収集のためでも、不法侵入、プライバシーの侵害は違法であり、探偵事務所だけでなく依頼主にも罰則が与えられる可能性があります。

調査方法が違法でないかをあらかじめ確認することが大切です。

また、その他の違法行為として別れさせ工作や、お金を取り戻す債権回収も違法なので、ホームページにそのような記載がある探偵事務所に依頼するのはやめましょう。

契約書について

依頼したいと思う探偵事務所が決まり、見積もりなどの相談の上で契約を交わします。

この時に契約書を確認しますが、契約書は文字数が多く、内容も複雑であるため目を通すのは大変かもしれません。

しかし、よく読まずに契約すると望まない結果になったり、高額な金銭を要求されたりと、トラブルの原因になってしまいます。

契約を行う前に、契約書で確認するべきというポイントを見ていきましょう。

わからないところは一人で解釈せず、必ず聞いて確認してください。

調査内容と調査方法を確認する

依頼者の調査内容と、探偵が依頼に対してどのように調べるかが記された文書が、「調査契約書」になります。

調査内容は探偵に最初に相談するものなので、確認の必要は無いように思われますが、依頼者と探偵の間で齟齬があると調査内容が違ったものになっている場合があります。

このような事態を防ぐため、契約書を確認し、調査してほしい内容がすべて記載されているか探偵としっかり話し合う必要があるのです。

次に、調査方法についても依頼者が確認する必要があります。

探偵の調査方法は探偵業法に基づき、聞き込み調査、張り込み調査、尾行を行うことができます。

違法行為として、電話の盗聴、住居への不法侵入、住民票の入手などです。

もし契約書に違法な調査方法が書いてあるにも関わらず契約書にサインをしてしまうと、依頼主が探偵に違法調査を依頼したとみなされ、罪に問われることがありますので必ず調査方法を確認しましょう。

成功と失敗の定義を決める

探偵事務所によっては、成功報酬型というプランが設定されているところが多々あります。

これは、調査の結果が得られなかった場合は料金が発生しないというプランになりますが、成功と失敗を具体的に定義しておかないと後々トラブルになります。

依頼が「浮気調査をしてほしい」の場合、浮気の証拠を押さえることは調査成功ですが、「浮気をしていないことがわかった」という結果が得られたのも調査成功と言えるのです。

また、成功報酬型のプランは探偵事務所によって内容が様々で、証拠が得られなくても調査にかかった費用は依頼者が負担するという契約内容の場合もあります。

成功報酬型で依頼をする場合は、成功と失敗の定義を具体的に決めること、成功しなくても発生する料金はあるのか、成功した場合の報酬金額を探偵と相談し、契約書に記載してもらいましょう。

依頼をする上で最も大切なこと

依頼をする前に確認すべきこと、契約書で確認すべきことを紹介してきました。

トラブルに巻き込まれないために絶対に気をつけるべきものですが、それと同じくらい大切になってくるものが1つあります。

それは探偵との相性です。問題解決のためには親身になって話を聞き、丁寧に迅速に動いてくれる探偵が必要です。

お互いの考えが上手く伝わらないと調査に支障が出たり、余計なストレスを抱えてしまいます。

結果を出す技術が必要なのは当たり前なのですが、信頼できる探偵は依頼者の疑問や不安を解消できるよう最大限の努力をしてくれます。

早期に問題を解決したい気持ちもわかりますが、確実に解決できるよう妥協はせず、信頼できる探偵を探しましょう。

まとめ

探偵に依頼をする前に確認すべきことを紹介してきました。

探偵に依頼をすることは決して安くはありません。しかし、良い探偵であれば親身になって対応し、あなたに必要な情報を掴んできてくれます。

そのためにも、怪しい探偵事務所を避けてトラブルを未然に回避できるよう、自分でできる対処をしっかりと身につけましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn