証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所を利用して親が息子・娘の結婚調査を行う際のポイントとは?

「子供が結婚を控えているけど、結婚相手のことをよく知らないから親として不安。」

「子供の結婚相手の素性、家族構成、健康状態などを調べる良い方法があれば教えて欲しい。」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?

自分の子供が素性も知らない相手と結婚することは、親としてとても不安なことであり、すぐに同意することは難しいでしょう。

そんな時に役に立つのが、興信所や探偵事務所が行う「結婚調査」です。

今回は、探偵業者を利用した結婚調査の方法やポイントについて解説します。

結婚調査の概要

結婚調査とは、探偵事務所や興信所が提供しているサービスの一つで、結婚相手に関する様々な情報について調査することを言います。

自分で調べることが難しいような内容でも、探偵業者に依頼することで、張り込み・尾行・聞き込みなど、様々な手段を駆使した専門性の高い調査を任せることができます。

そんな結婚調査の依頼として多いのは、結婚相手の人間性、経済面、職歴、人間関係などの調査案件です。

また、結婚調査では結婚相手に関する調査だけではなく、結婚相手の家族や親戚まで幅広い範囲での調査も可能です。

ですが、調査範囲が広ければ広いほど調査依頼費用も高くなる傾向にあるので注意が必要です。

結婚調査の具体的な調査範囲

探偵業者の行う結婚調査では、結婚相手に関することを幅広く調査することが可能です。

しかし、中には法律に抵触する恐れがあるために調査することができない情報もあります。

結婚調査で得ることができる情報

結婚調査は依頼者の要望に応じて、対象者に関する以下のような情報を調べることが可能です。

・これまでの経歴(職歴、学歴、結婚歴など)

・現住所や勤務先

・家族構成及び家庭環境

・人間関係や異性関係

・日常的な行動

・人間性

・趣味嗜好

・偏った習性

・反社会的勢力との関係の有無 など

探偵業者に結婚調査を依頼すれば、上記のような数多くの情報を探偵業法に基づいた合法的な調査により入手することが可能です。

結婚調査で調べられない情報

法律に抵触する恐れのあるような情報は、いくら探偵業者と言えども調べることはできません。

探偵業者に依頼することができない調査項目については以下の通りです。

・社会的差別に繋がる恐れのある情報(出生地、民族など)

・個人情報保護法違反やプライバシーの侵害に該当する恐れのある情報(障害種別、犯罪歴など)

・犯罪に繋がる恐れのある情報

・違法な手段により得た情報(成りすまし、住居侵入など)

このような調査を行うことで違法となる可能性があるにも関わらず、「どんな情報でも調査可能」と謳っている探偵業者も存在しています。

このような業者に調査を依頼してしまうと、対象者から訴訟を起こされるなどのトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

結婚調査を依頼する際のポイントや注意点

結婚調査を探偵業者に依頼する際は、いくつか押さえるべきポイントや注意すべき点があります。

そのポイントと注意点については以下の通りです。

事前にある程度情報を集めておく

結婚調査は、依頼者から得た情報を基に行われますので、探偵業者に説明するための情報をあらかじめ入手しておくと良いです。

依頼者が持つ情報が極端に少ない場合、その分探偵業者が調査する項目が増えたり、調査費用が跳ね上がる可能性もあります。

探偵業者とのやり取りをスムーズに行うためにも、結婚相手に関する情報を少しでも集めて、情報を整理しておきましょう。

調査目的を明確にする

結婚調査は、調べる項目が多ければ多いほど調査に時間がかかり、調査費用も増大してしまいます。

なるべく短期間で調査を終わらせたい場合や調査費用を抑えたい場合は、特に調べたい項目のみをいくつかピックアップしておくことをおすすめします。

そのためにも、探偵業者に依頼する前に情報収集をしっかりと行っておくことが大切です。

悪質な探偵業者を見抜く

興信所や探偵事務所の中には、違法な調査を行っているような悪質な業者も一部存在しています。

ですので、探偵業者に調査を依頼する際は事前にホームページなどを確認し、不審な点が無いか確認しておくことが重要です。

また、公安委員会に「探偵業開始届出書」を提出していない探偵業者は、悪徳である可能性が極めて高いので、契約前に必ず確認しておきましょう。

複数の探偵業者を比較する

探偵業者に調査を依頼する際は、事前に複数の業者を比較して、それぞれが提供している調査プランや調査費用の相場を確認することが大切です。

特に時間に余裕がある方は、複数の探偵事務所や興信所に調査希望を提示して見積もりを出してもらい、その中から自分にピッタリの探偵業者を見つけると良いでしょう。

また、探偵業者によって得意とする調査種別が異なります。

調査費用、得意分野、事務所までの交通の便、安全性など総合的に判断し、自分に最も合う探偵業者を選定しましょう。

まとめ

・結婚調査は、探偵業者が提供している結婚相手に関する様々な情報を調査するサービス

・結婚調査では、対象者の職歴・人間性・趣味嗜好・異性関係など幅広く調査できる

・差別や犯罪に繋がる恐れのある情報の調査や違法な手段による調査を依頼することはできない

・結婚調査を依頼する際は、事前に集めた情報を整理し調査目的を明確にすることが重要

・公安委員会に届出をしている探偵業者を複数比較して、総合的に見て自分に合っている業者を選別することが大切

以上が、結婚調査を行う際のポイントや注意点に関することのまとめです。

結婚とは長い人生における重要な分岐点であり、その後の人生を大きく左右するイベントです。

ですので、結婚する二人は勿論、その両親や家族が持つ結婚に対する不安や懸念は少しでも多く取り除く必要があります。

そのためには、数多くの探偵業者の中から信頼できる業者を選び、共通の認識・目的を持って結婚調査を進めていくことが大切です。

結婚調査を検討している方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn