証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

夫の様子がどうも怪しい…素行調査を依頼するのも一つの方法

探偵事務所では素行調査の依頼を受け付けている場合も少なくありません。素行調査を依頼するクライアントはいろいろといますが、その中でも多いのが妻が夫のことを調べてほしいという案件です。具体的にどのようなことを調べてほしいのかについてみていきます。

多いのは浮気調査

夫の素行調査を依頼する人を見てみると、やはり多いのは浮気調査です。夫の様子が近ごろおかしいけれども、確証が持てないというので証拠を押さえてほしいというわけです。ピンとくるきっかけは人によって異なります。例えば「最近帰宅が遅くなった」というものです。「仕事が忙しくて…」というけれども、どうも怪しいと思っている妻は多いです。また休日出勤が増えたというのも、疑いを持つきっかけになり売るようです。休日出勤のほかにも「上司(もしくは得意先)とゴルフに行かないといけない」などと言って、しょっちゅう休日に出かけるケースもあります。

また夫の外見でおかしいと感じる妻も少なくありません。例えばそれまでファッションにまるで無頓着だったのに、妙にオシャレな服を身に着けるようになった、髪型など適当だったのにヘアサロンなどに行ってスタイリングしてもらっていることから「あれっ?」と思う人もいます。さらには中年太りしていたのに、ジム通いやジョギングを始めるようになってダイエットに目覚めたのをきっかけに「浮気しているのでは?」と思う女性もいます。

突然の離婚宣告

浮気を疑うきっかけとして、いきなり何の前触れもなく「離婚してほしい」と夫から切り出されて、「ほかに女ができたのではないか?」と思う人もいます。男性の中にはいきなり離婚を求めてくるパターンもあるようです。もちろんそのように言われれば、妻も理由を聞こうとするでしょう。ところが理由は言わずにとにかく「離婚してくれ!」と求めてくる男性もいます。話し合いもきちんとできていないのに、勝手に離婚話を進めてしまう夫もいるようです。最初はパニック状態でも、「おかしい」と思って探偵に素行調査を依頼するケースも見受けられます。

浮気の証拠が見つかったら?

夫の素行調査をお願いしたところ、残念ながら浮気の証拠が見つかってしまう場合もあるでしょう。この時、妻はどうするのか気になる人も多いでしょう。浮気されているのだから、離婚という結論を出すと思う人もいるでしょう。しかしある探偵事務所の調査によると、大半は現状維持もしくは修復を望むと言います。浮気の証拠が見つかって離婚するパターンは全体の2割程度といわれています。

なぜ浮気されて離婚しないのか、これはいろいろな事情が考えられます。その中でも多いのが「子供がいるから…」というものです。子供がいる場合、片親になるのはかわいそうと思う人も少なくありません。また専業主婦として生活してきた場合、「自分一人だけで子供を育てることができるのか?」という不安を抱えるパターンもあります。

また「やっぱり夫のことが好きだから」というケースもあります。夫の浮気はあくまでも文字通り「浮気」ということも少なくありません。妻が強い意志で「夫とは別れたくない、愛人と別れてほしい!」と詰め寄れば、夫が愛人との関係を清算してくれる場合もあります。

現状維持を希望する女性も少なくありません。いざ離婚するとなると、いろいろな手続きが必要です。離婚協議書に養育費に関する取り決め、慰謝料をどうするかなどの問題が出てきます。さらには親権をどうするか、財産分与をどのように進めるかも課題になるでしょう。もちろん弁護士にお願いして代理人となってもらう方法もあります。しかしどのくらいの費用が掛かるのか不安でしょう。加えて協議離婚できればいいですが、夫が頑として離婚を認めない場合もあり得ます。すると調停、ひどくなると裁判を起こさないと離婚できないケースもごく一部ながらあります。そこまで行うのは面倒だからという理由で、離婚しないというパターンもあります。

離婚するカップルも

もちろん離婚を希望する妻も少なからずいます。やはり自分を裏切った夫と一緒に暮らしていくことは、感情的にできないと思う人もいるようです。またこれからの長い時間、好きでもない裏切り者と一緒に暮らすのは時間の無駄ではないかと思う人もいます。それだったら、これまでも夫婦関係を解消して新たな一歩を踏み出したいと思うわけです。

最近では結婚しても、女性が引き続き仕事をする共働きの家庭も増えています。この場合、女性は収入の手段を持っています。離婚して子供がいたとしても、自分で何とか育てられると考える人も出てきます。証拠を突き付けて浮気を白状させ、慰謝料をとって離婚したいと思う女性もいます。

ほかの素行調査の案件も

夫婦間の素行調査の場合、浮気や不倫調査が多いです。しかしそのほかにも素行調査の依頼もあります。例えば金銭面に関する調査の依頼です。「夫が家庭に入れるお金を少なくするように求められた」「夫のスーツのポケットに消費者金融の領収書があった」ということで、「もしかすると借金でもしているのではないか?」と疑いが出て、調査をお願いするパターンです。もし夫に莫大な借金があれば、妻にもその影響が出かねません。そこで金銭問題を抱えていないか、調査してほしいというわけです。

別居した夫と連絡が取れない

別居しているけれども、夫と連絡ができなくなって、消息を確認するために素行調査を依頼するケースもあります。特に夫が家族の生活費の面倒を見ている場合、行方不明になると金銭的に困ってしまいます。そこでどこに行ったのか調べてほしいと、探偵事務所の門をたたくパターンもあります。

まとめ

夫が浮気しているかもしれないと思うと、一緒のうちで生活するのも嫌悪感があるでしょう。でも証拠がないと問い詰めることもできません。もし浮気を疑っているけれども証拠が出てこなくてモヤモヤしているのであれば、探偵に相談するのも一考です。いずれの場合でも一定の結論が出れば、離婚や夫を反省させるなどいろいろな対処法も出てきます。もし八方ふさがりの状況になっているのなら、相談するだけしてみてもいいのではありませんか?

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn