証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

身近な人が今どのような職業についているか知るには素行調査がおすすめ

探偵事務所の多くで、素行調査のコースを用意しています。素行調査では、ターゲットの人物の普段の生活ぶりなど広範囲で調査できます。例えば相手が今どのような職業についているのか知るために、素行調査の依頼をする人も少なくありません。

職業と素行調査

「今対象人物がどのような職業についているのか知りたい」という依頼は、探偵事務所にしばしば持ち込まれます。例えば結婚相手の素行調査の一環として、どんな仕事をしているのか知りたいという人は少なくありません。結婚するにあたって、相手がどんな職業についているのか、これは経済力に直結する問題なのでやはり気になるでしょう。特に最近ではSNSなどを通じて結婚するというパターンも少なくありません。すると相手のことを実はあまりよくわからないことも多いです。相手が職業のことについて説明してくれたけれども、それが実は全くのでたらめだったということもあり得ます。

結婚における相手の職業調査については、結婚する当事者以外の場合もあります。例えば両親がお願いする場合もあります。子供が結婚することになったけれども、相手の職業を知りたいというわけです。職業がわかれば、年収や収入の安定性なども理解できるでしょう。

また結婚生活をすでに送っている夫婦で職業についての素行調査をしてほしいというパターンもあります。例えば一方が不貞行為を働いた場合、浮気相手について調べてほしいと求めてくる人もいます。その中で相手がどんな職業についているかを知れば、例えば慰謝料請求する際にどのくらいの金額が取れるのかの参考になります。また職業から相手の住所を割り出したいという人も見られます。

元夫婦の間で職業に関する素行調査を依頼されるケースもあります。例えば子供のいるカップルが離婚した場合、養育費の支払いも発生するでしょう。ところが中には養育費の支払いを滞らせる人も少なくないようです。養育費を入れてこない相手が現在どんな職業で働いているか、調べてほしいというわけです。そしてもし養育費が支払えるにもかかわらず支払っていない場合、給料の差押なども請求できるかもしれません。

子供の職業について不安

職業に関する素行調査を依頼する人の中には、「子供がよくわからない職業をしているから調べてほしい」と言ってくるケースもあります。最近では職業も多様化していて、一昔前までなかった商売も出ていています。インターネットで紹介されていた案件の中には「子供がネットワークビジネスをしているというけれども、危ない商売ではないか調査してほしい」という依頼があったそうです。ネットワークビジネスといわれると、何か怪しい職業ではないかと考える人もいるでしょう。ねずみ講などの問題のある仕事ではないかと心配する親御さんもいるでしょう。実際に紹介されていた事例では、依頼者の奥さんがネットワークビジネスにかなりお金をつぎ込んでいたようで、そのせいで友人とトラブルになったそうです。この件ではまっとうな商売をしているネットワークビジネスだったことがわかり、クライアントはホッと胸をなでおろしたらしいです。

職業調査の方法

職業に関する調査を探偵時依頼すると、まずはクライアントからもたらされた情報をもとにして調査を進めます。現在ではインターネットを使ってかなりの情報を集められます。多くの企業が自前のホームページを持っていますし、企業に関するデータベースもあります。クライアントの提供した情報が正しければ、これだけでも会社名や住所、代表の電話番号などの把握は可能です。

ただしもしかするとクライアントの把握している相手の職業に関する情報に誤りがあるかもしれません。また会社名などの具体的な情報を持ち合わせていない場合、インターネットだけで会社に関する情報を集めるのは難しいでしょう。その場合には、対象人物の調査を進める形になります。対象人物に定期的に尾行や張り込みをすることで、1日の行動を調査します。そうすれば、どの会社に出社しているかなどの情報を掴めます。会社名や所在地などを現地で確認して、そこからどんな商売をしている企業なのか、資本金・従業員数などから会社の規模の大きさなどもわかります。このようにいろいろな手法を駆使して、相手の職業に関する情報を集めていきます。

費用については、調査にかかった期間をベースに判断されます。2000年代に入ってから、簡単に職業について判明する事例は少なくなっているようです。というのも大きなオフィスビルで、複数の企業が入居している場合、建物に入っていくところまでは確認できても、その中のどの会社に勤務しているかわからないからです。しかも近年、ビルに入る場合でもセキュリティの問題もあるのでそう簡単に潜入できない事態も想定できます。このため、調査にそれなりの期間がかかりがちです。

スムーズに調査してもらうために

職業などの素行調査をお願いする場合、依頼する側にもそれなりの準備が必要です。例えば情報収集です。すべての情報を集めるのは難しいでしょうが、ネットなどを使えばある程度の情報はつかめるでしょう。特に相手に関する基本情報があるのとないとでは、その後の調査の進捗状況も大きく変わってきます。特に相手の名前と現住所がわかると、そこから職業に関する情報を集められます。

まとめ

自分に近しい人物がどんな仕事をしているのか、把握することは大変重要なことです。しかし相手に聞いても本当のことを言っている保証は100%ありません。もし心配であれば、探偵に素行調査を依頼して、相手がどんな仕事をしているのか調べてみるのも一考です。この時、自分の知りうる情報はすべて探偵事務所に提供することです。些細な情報でも調査のヒントになる可能性があるので、できるだけ詳細な情報を伝えましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn