証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査で見つけた浮気相手とのメールを復元することは可能か

パートナーの居場所に不審なことがあったときに、浮気の証拠がないか確認したくなります。パートナーが浮気をしているかもしれないと感じたとき、不安に駆られてスマホのメールなどを見てしまう人は多いと思います。夫婦といえどもプライバシーがありますから、パートナーのスマホを見るのは後ろめたい気持ちになる人も多いでしょう。

浮気調査のためにパートナーのメールを見ることは法的にどうなのでしょうか、削除したメールを復元できるのか、浮気調査の時に自分が不利になることはないのかなどについて解説します。

浮気調査は自分でやるか、探偵に頼むかどちらがいい?

浮気調査の方法は、自分で行う方法と探偵などの専門家に依頼する方法があります。相手の行動を偵察して写真や動画を撮ったり、会話の録音などの証拠集めを自分で行うメリットは、時間は自分の都合次第なので費用が安く済むことです。探偵に依頼すると、10万円から100万円ほどかかる場合もあるでしょう。費用は証拠集めに時間がかかればかかるほど高額になります。

自分で証拠集めをするリスク

自分で証拠集めをする場合は、パートナーの行動を監視して浮気現場の写真を撮るために、毎日が浮気調査の事で頭がいっぱいになり自分の時間がなくなってしまうでしょう。もしパートナーが尾行に感づいたら、信頼までも失いかねません。夫婦の関係に亀裂が生じ、元のさやに戻れなくなってしまうリスクがあります。

自分で証拠写真を撮る際、テクニックがないと顔がピンボケになったり、陰になって本人を特定できない仕上がりになることがあります。その場合、パートナーに言い逃れのスキを与えてしまう可能性があるため、顔がしっかりと映った写真を撮る必要があります。

探偵に頼む方が精神的ダメージを軽減できる

自分ひとりで浮気調査に成功しても、生々しい交際の証拠をリアルタイムで目にするのは想像以上に苦痛を伴います。自分だけでは孤独な戦いになり、感情的になりがちです。取り乱したりすると夫婦の溝がさらに深くなり、裁判になったとき有利に進めることが難しくなるでしょう。また、尾行にかかる時間が長く続くとともに、精神的ダメージも大きくなっていきますので、自分で調査するのはあまりおすすめではありません。

探偵は、費用はかかりますが自分の時間と心の消耗を少なくできるメリットがあります。探偵は浮気調査のプロ。鮮明な写真や動画を撮ることが仕事です。逃れることのできない決定的な証拠を得ることができるでしょう。言い逃れのできない証拠は、裁判を有利に進めることができます。探偵の費用は高額ですが、価格に見合った価値がありますので、有利な条件で清算させたい人には特におすすめです。

パートナーのスマホを見るメリット・デメリット

パートナーの就寝時など、スマホに浮気相手とのやりとりが残っているかもしれないと思い、パートナーのスマホが見たくなります。果たしてパートナーのスマホを許可なく見てもいいのでしょうか。

メールを見るメリット・デメリット

メールを見るメリットは、浮気をしているのかどうかわからないけど行動が怪しいと感じているときに、浮気相手とのやり取りのメールを見ることで浮気疑惑が確信に変わります。疑惑から確信へ変わると、浮気の解決へ一歩前進したことになるので、今後の戦略を立てやすくなるでしょう。怒りは増すかもしれませんが、浮気をされているのではないかという悶々とした不安からは解消されるでしょう。

パートナーは夫婦といえども他人なので、勝手にメールを見るとプライバシーの侵害になり、パートナーから訴えられる可能性もあります。メールを見られたことに気が付かれた時に、逆上されて夫婦間に決定的な亀裂が生じるかもしれません。メールを見られた後は、警戒して浮気相手とのやり取りのメールを削除してしまう恐れがあります。メールが削除されれば復元しなければ見ることができないので、調査に時間がかかります。

メールの復元は可能か?

メールの復元は、専用のソフトを利用すれば可能です。メールの復元専用のソフトがあり無料で利用可能。自分のメールの復元は問題ないのですが、パートナーが読んだ後ごみ箱に入れたメールを拾って復元するなど、持ち主の許可がない状況でメールを復元することは、プライバシーの侵害になります。データを復元してくれる業者も存在しますが、不正に取得したデータの復元は、「不正アクセス助長罪」になり犯罪行為です。もしも裁判になったとき、不正に得た証拠は認められないため、裁判を有利に進めることができなくなります。メールの復元は、デメリットの方が大きいのでやめたほうがいいでしょう。

そもそもメールだけでは、証拠として不十分な場合があります。やり取りの内容によっては、冗談だと言い訳することもできてしまうでしょう。浮気相手と実際に会っていた証拠になりにくく、写真や動画よりも証拠として弱いと判断される場合があります。

浮気調査が終わったあとはどう解決するかを冷静に考えることが大切

浮気調査について、メールとその復元についてご紹介してきました。メールを勝手に見ることは夫婦でもプライバシーの侵害になり、不利益を被ることがあるためやめたほうがいいでしょう。メールの復元も、勝手にやる場合は犯罪に問われる可能性があることをお伝えしました。

どのような解決方法で決着をつけるか考えてみる

浮気調査やメールの復元などの証拠集めは、夫婦が将来どうなりたいかを冷静に考えてから行動に移すようにしたほうがいいでしょう。浮気が事実だった場合、反省したら受け入れるか、受け入れられないかをある程度決めておくことも大切です。どうしても譲れないことは何か、良いと思える解決はどのような形か、できる限り具体的に考えてみることをお勧めします。

感情的にならず冷静に

離婚する意思が固い場合でも、感情的になり冷静な判断ができなくなると相手もムキになり徹底抗戦に発展するかもしれません。裁判になっても有利な条件を引き出すことが難しくなるでしょう。浮気は許すつもりで反省したら戻ってきてほしいと思っていても、泣いたりわめいたりするとパートナーが心変わりして浮気相手を選んでしまうこともあるかもしれません。

まとめ

浮気調査は、一人で考え込まず冷静に、頼れる人に相談して自分にとって有利な方法を選択できる心のゆとりを忘れずに行動することをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査に関するお問合せはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn