証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

取引をする相手の反社チェックをする!かかる期間や費用を確認

企業同士が取引をする上で、安心して進めていくために必要なことの1つに「反社チェック」があります。新たな取引先が反社に関わる企業だった場合、自社にまで反社的な印象を抱かれてしまう恐れがあったり、最悪の場合倒産してしまう恐れもあることです。しっかり反社会的勢力のことを知り、反射チェックの方法を知ることが大切。こちらの記事では、反社会的勢力や反社チェックの基本的な情報から、反社チェックにはどの程度の期間や費用がかかるのかということをご紹介していきます。

そもそも反社会的勢力とは?

反社チェックの反社とは、反社会的勢力のことを略した言葉です。名前の通り、社会的な考え方に反する意志を持つ個人や団体のことで、反社会的な行動をします。反社会的勢力の何が問題かというと、一般的に取引などを行う際に不当な要求をしたり、暴力や詐欺といった公序良俗に反し犯罪になるような行為をするところ。それらが、反社会的勢力だと認識されてしまう所以です。

反社とはどのような人のことを言うか、というところで、多くの人は暴力団に所属する人やまたその組織を想像するかもしれません。しかし、反社会的勢力はそこまで単純なものではなく、もっと多岐に渡ります。例えば、自分は暴力団員ではないけれど親族に暴力団員がいる人、昔暴力団に協力した経験がある人、元暴力団員などは暴力団員としてみなすべきではないとも言われています。けれどこれらの人たちは、反社とのつながりを武器に反社的な活動を行おうと思えば行えるのです。そう言う意味で、反社的な行動が起こせる人を反社だとするならば、幅広いチェックが必要となりますよね。

反社チェックはなぜ必要か

それでは、なぜ取引などをする際に、反社チェックをする必要があるのかをまとめていきます。なぜチェックをする必要があるのかをしっかりと理解して進めることが大切です。

政府から指針が出されているから

政府は、各企業が反社と関わらなことで危機を避け、もしトラブルが発生してしまった場合どのような対応を取ればいいのかをまとめた指針を発表しています。それが「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」です。この指針では、「暴力団を排除していくことの協力すること」や「暴力団との取引をすべて中止すること」「反社会的勢力はどんどん手口を変えていくため、継続して対策を打つ必要があること」などがまとめられています。暴力団を排除していくと言うのは、具体的に言うと暴力団の資金源を断つこと。それは、取引をしないと言うことです。暴力団と取引をしなければ、その暴力団は続けていくための資金が集まらないため排除されていきます。また、取引をしないことは、各企業が反社との関わりを断つことにもつながるのです。取引をしてしまうと、不当要求を受けたり詐欺被害に遭うリスクも高まるため、そもそも取引をしないことが大切ということです。

企業の社会的責任が求められているから

世間的な企業へのイメージは、いろいろな面でクリーンなものが求められています。それは、セクハラやパワハラ、労働環境のホワイト化など様々なものですが、その中の1つに反社会的勢力との関わりというものもあります。反社会的勢力とつながりのある企業ということは、企業が社会的責任を果たしていないとみなされ、信頼を全て失ってしまうことにもなりかねません。

企業が倒産するリスクがあるから

先ほどの世間からのイメージという部分にも少し関係がありますが、もし反社とのつながりがあることがわかったら、世間や他の取引先からの信頼がガタ落ちしてしまいます。それにより、顧客が離れてしまったり、取引先が取引をやめてしまったりする恐れがあるのです。そうやってこれまで培ってきた業績が全て水の泡になり、倒産してしまうかもしれません。

反社チェックにかかる期間や費用

それでは、実際に反社チェックをする際に必要な期間や費用についてご紹介します。反社チェックは自社で簡単に行う方法や、怪しそうな企業を専門機関に依頼して調べてもらう方法があるので、それぞれチェックしましょう。

自社で反社チェックするには?

基本的には、それほど心配な部分がない企業に対しての反社チェックは、自社で検索をしたりすることで反社とのつながりをチェックします。また、検索サイトなどを使用するのは、自分でワードを考えて検索したりする必要がありますが、反社チェックをできるサービスも提供されているので、それを活用することで簡単にチェックすることができます。サービスの内容にもよりますが、即日に結果が分かるものもあるため、短期間でチェックすることが可能です。費用も、1社調べるのに2000円、など決まっているところもあれば、月額料金でいくらでも調べられるものもあるので、どの程度利用するかで選ぶといいですね。ただ調べられる範囲は、専門機関に依頼して徹底的に調査するほどは詳しく調べられないので、怪しい部分がある企業は物足りないかもしれません。

専門機関に依頼する場合は?

自社で簡単に反社チェックをした時に、怪しい部分がある場合はさらに専門機関に依頼して深く調べる必要があります。その場合は、依頼された企業について興信所などが色々と調べて、その結果を報告書としてまとめて報告してくれるため、報告書が上がってくるまでに数週間ほどの期間が必要となります。予算も当然、自社で調べるよりも高額がかかりますし、期間も長くかかるため、どうしてもしっかりと調べる必要がある怪しい企業に対して、この手法をとるのがおすすめです。さらに、調べれば調べるほど、怪しい部分が出てくる企業の場合は、警察や暴力団追放センターへ相談するのも重要。警察では、暴力団とのつながりを排除しようとしている企業に対して、できる限り情報を提供するとしているため、相談をしてみるのは大切です。ただし、まだ警察でも持っていない情報である可能性はあるため、警察に相談したから安心とはいかないことを念頭に置いておきましょう。

まとめ

こちらの記事では、反社とはそもそもなんなのか、反社チェックを行う必要性について、反社チェックを行う方法や期間、費用についてをまとめました。企業活動をする上で、反社チェックはかなり重要なものとなります。ぜひ怠らずに、様々な可能性を考えてできる限り効率的に進めるようにしましょう。反社会的勢力とのつながりのない、クリーンな企業であることが、社会を生き抜く1つのポイントと言えます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn