証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

素行調査で張り込みや尾行をすることはプライバシーの侵害には当たらない?

探偵に素行調査をお願いすると、ターゲットを尾行したり張り込みしたりして、情報や証拠を収集します。ところでこのような行為は、プライバシーの侵害に当たらないのか、後日自分が相手方から訴えられないかと不安に感じる人もいるようです。

証拠収集作業に当たる

プライバシーの侵害とは、個人の私生活に関する事柄、ほかに隠していることに関して干渉されない権利のことです。自分の身の回りのことについて、いかなる他社も侵害してはならないという考え方に基づきます。このように言われると、素行調査は相手のプライバシーを侵害していると考えられます。しかし探偵には、ある種矛盾する論理があって侵害には当たらないと考えられています。探偵は相手のプライベートを暴露する目的で張っているわけではないです。あくまでも証拠を集めるための作業にすぎません。つまりプライバシーに対して、何かしらの干渉をしているわけではないのです。

素行調査の中には、浮気調査も含まれます。相手が浮気していると主張するためには、根拠になる証拠を示さないといけません。でないと相手はたとえ浮気していてもしらばっくれるでしょう。そこで例えば浮気相手とラブホテルに入るところを写真に収めます。ラブホに入るところなどは人目を忍んでいるでしょう。よってプライバシーの権利を行使すべき場所といえます。しかし探偵側からしてみれば、相手の不貞行為の証明ができる決定的場面です。不貞行為は民法では不法行為に当たります。不法行為を主張するためには証拠は必要です。

もう一つ探偵の素行調査がプライバシーの侵害にならない根拠として、調査の過程で手に入った情報は公開しない点も挙げられます。プライバシーの侵害は他人の生活を調査して、それを公開した場合に該当するという考え方が一般的です。ですから浮気現場などの証拠を押さえて、それをクライアントに見せる程度であれば、公開したとは言えません。ただし依頼者側がリベンジポルノではありませんが、浮気の証拠写真をSNSにアップして、不特定多数が見られる状態にするとこれはプライバシーの侵害に当たりますから注意しましょう。

個人の空間を調査するのは違法

証拠集めのために素行調査をする場合、プライバシーの侵害には当たりません。しかし場所によっては問題になるかもしれません。それは個人のプライバシーの確保された場所を覗いた場合です。例えばお風呂場やトイレなどはたとえ証拠収集のために見ただけだと主張しても、違法行為に該当する可能性は高いです。探偵はその業務を理由にして、どこまでも個人を張ることはできません。

尾行がバレても続行すると違法行為になる?

探偵のようなプロはバレないように対象者を尾行します。しかし彼らも人間です。時には尾行が先方にバレてしまうこともあるかもしれません。そのような場合には、いったん尾行を中断します。これには理由があって、まず相手が警戒している以上、それ以上張ってもあまり意味がないからです。そしてもう一つ、相手にバレているのに尾行を続けると違法行為になる恐れがあるからです。相手に監視していることがわかっている状況だと、行動は抑制されるでしょう。このような相手の行動に制約を加えるような尾行監視は、法的に認められません。探偵業法や軽犯罪違反に該当します。また地域によっては都道府県の条例に抵触する恐れも出てきます。

探偵業者から報告が入る

もしターゲットに尾行がバレてしまった場合、クライアントに連絡を取るのが一般的です。尾行に気づかれた可能性のあることを伝え、いったん中断する旨を報告します。このような対処は打ち合わせの段階で伝えられるでしょう。ですから依頼する事務所を選ぶ際の参考にしてみましょう。きちんとした探偵事務所であれば、最悪の事態も想定してどのように動くか説明してくれるはずです。こちら側にとっていいことしか言ってこないような事務所であれば、注意したほうがいいでしょう。

依頼者からバレることが多い

尾行が気づかれてプライバシーの侵害だなどといわれてしまうのは、実は依頼者発信の場合が多いと言われています。自分は気づいていないかもしれませんが、何か普段と違った言動をすることで相手に怪しまれるわけです。例えば相手にどこに行くのか行動について詳しく尋ねるようになった、ちょっとしたことでも激しく問い詰めるようになったなど普段と異なる態度をとると「何かおかしいな」と相手が勘づくわけです。

もともと相手が浮気や仕事をサボるなどやましいことがあれば、普段からバレないように警戒するものです。いつもよりもちょっとしたことでも敏感になっているので、依頼者の言動にも十分気を付けなければなりません。ある意味探偵に素行調査を依頼する際には、依頼者側の演技力も要求されます。いかにも相手の問題行動に気づいていませんよ的な言動をして、相手を油断させると証拠も集めやすくなります。事務所によっては、普段の立ち振る舞いの中でもどこに注意をしたほうがいいかアドバイスしてくれる場合もあります。

尾行を怪しまれたら

もしかすると相手から「私のことつけてない?」といわれることもあるかもしれません。これは実際に気づいている場合もあれば、確証が持てないのでいわゆるカマかけのために行ってくるケースもあります。そのような場合には、「なぜそのようなことを言うのか?」と聞いてみましょう。具体的な事項を言ってきた場合、尾行のバレている可能性が高いです。しかしバレていようがいまいが、とぼけましょう。「そんなことあるわけがない」「探偵を雇うほどのお金がない」などと答えればいいです。実際被害妄想で、探偵ではない人を誤認している場合もあります。

まとめ

探偵などの素行調査はプライバシーの侵害には当たりません。あくまでも浮気などの対象人物の問題行為の証拠を収集するための作業で、業務遂行のために必要なことだからです。しかしもしバレているのに尾行を続行した場合、法律違反に問われかねません。また尾行がバレるのは依頼者からというケースは非常に多いです。普段の言動でおかしなところのないように、いつも通りの態度を心がけましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn