証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

リファレンスチェックを拒否することのメリットとデメリットとは?

「リファレンスチェックってどこまで調査されるの?拒否しても合否に響かない?」

「リファレンスチェックを拒否することによるメリットとデメリットを教えて欲しい!」

この記事は、そのような方に向けて書いています。

近年、中途採用候補者に対するリファレンスチェックが外資系企業を中心に様々な企業で行われるようになりました。

現在、中途採用枠で就職活動をされている方の中で、企業側からリファレンスチェックの実施について確認されている方もいらっしゃると思います。

このような際に「過去の病歴や信仰宗教などについても調査されるの?」、「リファレンスチェックを拒否したら不合格になるのでは?」と不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はリファレンスチェックを拒否することのメリットとデメリットについて具体的に解説いたします。

この記事を最後まで読めば、企業からリファレンスチェックを求められても適切に対処することができるようになるでしょう!

そもそもリファレンスチェックって何?

リファレンスチェックとは、企業が中途採用枠で求人を募集する際、候補者の職歴や勤務成績・人柄・人間関係などの情報を候補者のことをよく知っている第三者に聞いて調査することを言います。

リファレンスチェックで主に調査する内容は、履歴書に書かれていないような候補者に関する詳細な情報です。

ですので、基本的にリファレンスチェックを行う際には、本人に調査を行う旨の説明をした後に同意を得なければなりません。

無論、中途採用者は正当な理由があればリファレンスチェックを拒否することも可能です。

企業がリファレンスチェックを行う目的

企業側が中途採用者を募集する上で最も避けたいことは、候補者とのミスマッチです。

そのために、候補者を内定する前にあらかじめ候補者の人柄や経歴などをリファレンスチェックによって把握するのです。

また、採用候補者の中には自分に不利益になるような情報を面接時に話さなかったり、自分の経歴を詐称した履歴書を提出する人もいます。

このような、面接や履歴書で把握できない情報を得る上でもリファレンスチェックは有効です。

候補者がリファレンスチェックを拒否するメリット

もし採用候補者に前職での処分歴、病気による休職、犯罪歴など、転職先に知られたくない情報がある場合、リファレンスチェックを拒否するしか方法がありません。

こうすることで、企業側は個人情報保護の観点で本人の同意なしにリファレンスチェックを行うことができず、自分に不利益になる情報を企業に知られることはありません。

ですが、リファレンスチェックを断る際には企業が納得できるような正当な理由がないと、企業側から不審に思われ、不採用になる可能性が高まるので注意が必要です。

候補者がリファレンスチェックを拒否するデメリット

採用候補者が企業からのリファレンスチェックを断ることは、メリットよりデメリットの方が多いと言えます。

その主なデメリットは以下の通りです。

不採用になる可能性が高まる

リファレンスチェックを拒否することは、個人情報保護の観点上もちろん可能です。

しかし、理由もなく拒否してしまうと企業に対して不信感を与えてしまい、経歴詐称を疑われてしまう可能性もあります。

企業側としても、不確定要素の多い人材を採用してしまうことはリスクが高い選択になりますので、不採用となる可能性は必然的に高くなるでしょう。

採用されても信頼関係を築くことが難しくなる

リファレンスチェックを拒否した後に仮に採用されたとしても、その後企業との間に信頼関係を構築するのに時間がかかる可能性があります。

リファレンスチェックに同意さえすれば、自分の経歴に一切の偽りがないことを証明することが可能です。

しかし、リファレンスチェックを拒否してしまうと、企業から「この人は何か隠し事をしている」という目で見られてしまっても仕方がありません。

したがって、無事中途採用枠で入社できたとしても、その後上司や部下と信頼関係を早期に築くことは難しいでしょう。

リファレンス先から拒否されるケースもある?

企業は採用候補者本人の同意を得てリファレンスチェックを行いますが、必ず候補者に関する情報をリファレンス先から入手できるとは限りません。

なぜならば、リファレンスチェックという言葉がまだ世の中に浸透しておらず、リファレンス先の企業に情報提供を拒否されるケースが多いためです。

リファレンスチェックにより情報提供を依頼された企業がそれを拒否するのには、以下のような理由があります。

・リファレンスチェックそのものを知らず、本人の同意があれば行えることを理解していない

・万が一、候補者本人の同意得ていることが偽りであった場合、個人情報漏洩に繋がるため

・候補者とトラブルになった過去があり、調査に強力したくない

・人事担当が業務多忙で回答している暇がない

このように、リファレンス先の企業は候補者本人から同意を得ているのかを確認することが手間であったり、個人情報漏洩を危惧している場合があり、必ず調査に協力するとは限りません。

ですので、もし採用候補者が企業にとって不利益な経歴を持っていたにも関わらず、リファレンスチェックの実施に同意してしまっても、企業に採用される可能性はあります。

まとめ

・リファレンスチェックとは、中途採用候補者の勤務成績や人柄などを前職の上司などに問い合わせて調査することを言う

・企業がリファレンスチェックを行う目的は、候補者とのミスマッチを防ぐため

・リファレンスチェックを拒否するメリットは、中途採用予定の企業にとって不利益となるような過去(病歴、犯罪歴など)を一時的に伏せることができる点

・リファレンスチェックを拒否する際には、正当な理由を述べないと企業から不信感を抱かれる可能性が高い

・リファレンスチェックを拒否するデメリットは、企業に対して身の潔白を証明できず不信感を抱かれたり、不採用となる可能性が高まる点

・リファレンスチェックを候補者本人が同意しても、リファレンス先企業が情報提供を拒否する可能性も十分にある

以上が、リファレンスチェックを拒否することのメリットとデメリットについてのまとめです。

企業に対して知られたくない過去がある方も、そうでない方も、この記事を参考にリファレンスチェックに対して上手く立ち回っていただければ幸いです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn