証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

外資系企業で行われるリファレンスチェックとは?

皆さんはリファレンスチェックという言葉を聞いたことがありますか?

外資系企業への転職を考えた事がある方なら知っているかもしれません。

しかし、日本ではまだまだ馴染みがなく、聞いた事がないという人も多いのではないでしょうか。多くの方が「リファレンスチェックとは何のか?」「なぜ行う必要があるのか」という疑問を持っていることでしょう。

この記事では、そんなリファレンスチェックについて詳しく紹介してきます。

リファレンスチェックとは何なのか?

リファレンスチェック(Reference Check)とは、企業側が求職者の履歴書に記載された内容に加え、人柄や勤務態度など書面だけでは知ることの出来ない部分を確認する作業のことを言います。一般的には、前職で求職者の事をよく知る上司など2名以上から電話や面接によってチェックを実地します。

外資系企業ではリファレンスチェックが行われることが一般的であり、少しずつ日本の企業へも浸透し始めています。

リファレンスチェックの方法

リファレンスチェックを実地する際、「企業側がリファレンス先を探す」場合と「求職者が企業へリファレンスチェック先を指定する」という2つの方法があります。

そして、リファレンスチェックを実地する前は必ず求職者からの同意が必要なことを忘れてはいけません。

企業側がリファレンスチェック先を探す

企業側がリファレンスチェック先を探す場合、2つ方法が存在します。

1つ目は企業が全てを受け持ち、リファレンスチェックによって求職者の情報を集める方法です。

この場合、コストは確実に抑えられますが時間と労力がかかります。

2つ目は、リファレンスチェックを専門的に取り扱っている会社へ委託するという方法です。

求職者の前職が転職する企業と同業である場合、チェックはスムーズに進むかもしれません。

しかし、業種が違う場合はリファレンスチェックの知識があまりない企業だとチェックに時間がかかってしまう可能性があります。

こういった場合は、専門的にチェックを行っている会社へ委託した方が早いこともあるのです。

この場合、注意しなければいけなのは求職者の前の職場が、リファレンスチェックについて知識があるかという点です。

というのも、委託された会社がいきなり求職者の情報を知りたいと話してきても、大抵の人が怪しむことでしょう。その結果、確かな情報を前職の上司などから聞き出せないかもしれません。

求職者がリファレンスチェック先を指定する

一方で、求職者が企業側へリファレンスチェック指定する場合もあります。

この場合、先ほども紹介した通り2名以上が求められます。

これは1名だけだと、求職者への勝手なイメージや人物像だけで語られてしまう可能性があり、情報として正確ではないからです。リファレンスチェックでは求職者の信頼できる情報を得る事が必須となります。

リファレンスチェックが実地される場合、求職者が重役や上級管理職であれば上司ではなく部下へチェックすることもあります。

求職者は一度リファレンスチェック先を企業へ提出したら、その後は企業が全て進めるので何もする必要はありません。

しかし、この場合もしっかりと前職の方へ事情を説明しておく必要があります。

リファレンスチェックによるメリットとは?

時間をかけてリファレンスチェックを行う理由は、それ以上にメリットがあるからとなります。

次に実地するメリットや目的を紹介していきます。

主に「雇用のミスマッチを防ぐ」「書類や面接ではしれない部分をチェックできる」の2つが挙げられます。

雇用のミスマッチを防ぐ

企業にとって雇用を決定する際に重要視するのは、求職者がその企業で実力を発揮できるかです。さらに、仕事場での人間関係をしっかりと築けるかに焦点が当てられます。

雇用したものの、すぐに辞職してしまうという場合も考えられ、これは企業側にとって大きな損失へと繋がってしまいます。

例えば、年収345万円で採用した雇用者が入社3ヶ月以内で退職した場合、採用費・人権費・教育コスト・教育における人権費などを計算すると少なくとも250万円の損失となるのです。

実際に退職者の大半は、人間関係や仕事のミスマッチによるものだと言われています。

リファレンスチェックによって求職者が前職でどのような仕事に携わり、成果をあげたかを調べる事でミスマッチ、早期辞職を防ぐ事ができます。

書類や面接では知れない部分をチェックできる

リファレンスチェックの目的の1つとして、求職者の人物像を知る事があります。

面接や書類選考だけでは、求職者がどのような人物なのかを正確に把握するのは簡単なことではありません。また、稀に面接で自身の業務や達成した成果を大げさにアピールしたり、虚偽の内容を語る場合もあります。こういった細かな部分を知ることは企業にとって多きなメリットとなります。

リファレンスチェックの質問内容

ここまでリファレンスチェックとは何なのか、メリットはあるのかについてご紹介してきました。

最後に実際の質問内容についてみていきましょう。

同じ職場で働いていた第三者に勤務態度・勤務状況・勤務内容を聞くことで、求職者のよりリアルな人物像を調べる事ができます。

まずは勤務態度や人間関係についてです。

●上司や部下との人間関係は良好でしたか?

●遅刻や欠勤状況はどうでしたか?

●求職者はどのような方ですか?

●求職者とはどういった関係ですか?

●仕事場でのコミニュケーションについてどう思いますか?

次に勤務状況についてです。

●役職や仕事内容に誤りはないですか?

●求職者の勤務期間は◯年◯月から◯年◯月からで間違いはありませんか?

最後に職務内容についてとなります。

●全体をまとめるような統率力はありましたか?

●求職者と働いていて、今後も一緒に働きたいと思いましたか?

●仕事においてトラブルはありませんでしたか?

●会社で問題が発生した際、どのように対応していましたか?

●仕事の成果はどのようなものがありますか?

まとめ

外資系企業へ転職を考えている方は、リファレンスチェックを受ける可能性が高いことを頭に入れておく必要があります。あなたがリファレンスチェック先を企業側へ指定する場合、事前に前職の上司や部下などに説明しておきましょう。説明不足により、企業側へあなたの正しい情報が伝わらないとイメージを落としてしまいます。

一方企業側がリファレンスチェック先を探す際は、必ず求職者へ同意を得てから行うようにしましょう。そして、1人雇用するためにかかる費用は決して安くありません。正しい知識とチェックにより、ミスマッチを防ぎ企業にとって価値のある採用を目指しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn