証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

いやがらせを気にしないようにする3つのヒントを詳しく解説

米国保健社会福祉省のサイトStopbullying.govによると、いじめられたり嫌がらせを受けると、次のような健康や感情に悪影響を与える可能性があるとしています。

-うつ病と不安

-睡眠と食事の変化

-好奇心や興味の喪失

-健康問題

このような精神状態が続くと心身ともに健康に支障をきたします。

「気にしないようにしよう」そう思ってもそう簡単ではないですよね。

今回はそんなどうしたらよいかわからないとき、心が軽くなる3つの方法をご紹介します。

まずは最も効果的なメソッドから見ていきましょう。

不安になる前に、簡単なマインドフルネスの練習で不安やストレスを軽減できることが研究によって示されてます。

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、「『今、この瞬間』を大切にする生き方」のことです。

実践方法であるマインドフルネス瞑想は、ストレス軽減や集中力の強化などの効果が得られるとされています。

瞑想による6のメリット

  1. 1.ストレスを軽減

あるレビューでは、瞑想はストレス軽減の評判に応えていると結論付けています。

通常、精神的および肉体的ストレスは、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルを上昇させます。これは、サイトカインと呼ばれる炎症性化学物質の放出など、ストレスの有害な影響の多くを生み出します。

これらの影響は、睡眠を妨げ、うつ病や不安を促進し、血圧を上昇させ、倦怠感や曇った思考に寄与する可能性があります。

8週間の研究では、「マインドフルネス瞑想」と呼ばれる瞑想スタイルが、ストレスによって引き起こされる炎症反応を軽減したことが明らかになりました。

  • 2.不安をコントロールする

瞑想はストレスレベルを減らすことができ、それは不安の軽減につながります。

ある研究では、8週間のマインドフルネス瞑想が、全般性不安障害の人々の不安症状を軽減するのに役立つとともに、肯定的な自己主張を増やし、ストレス反応性と対処を改善することがわかりました。

たとえば、ヨガは人々が不安を軽減するのに役立つことが示されています。これは、瞑想の実践と身体活動の両方からの利益による可能性があります。

  • 3.感情的な健康を促進

瞑想により改善された自己イメージとより前向きな人生観につながる可能性があります。

研究のレビューは、瞑想療法を受けている人々が、対照群の人々と比較して、うつ病の症状の減少を経験したことを示しました。

別の研究では、瞑想の練習を完了した人は、対照群の人と比較して、ネガティブな画像を見たときのネガティブな考えが少ないことがわかり、

うつ病の一因となる可能性のある炎症性サイトカインのレベルを低下させる可能性があります。

  • 4.自己認識を高める

自己探求とそれに関連する瞑想のスタイルは、「自分自身を知る」のに役立ちます。

たとえば、自己探求瞑想は、あなたが自分自身とあなたがあなたの周りの人々とどのように関係しているかについてのより深い理解を深めるのを助けることを明確に目的としています。

  • 5.優しさを生み出すことができる

特に自分と他人に向けてポジティブな感情や行動を増大させることができ、

愛情深い瞑想としても知られている瞑想の一種であるメッタは、自分自身に対する優しい考えや感情を育むことから始まります。

練習を通して、人々はこの優しさと許しを外部である最初は友人に、次に知人に、そして最終的には敵にまで広げることを学びます。

この形式の瞑想に関する22の研究では、自分自身や他の人に対する人々の思いやりを高める能力を示しました

  • 6.痛みを抑えるのに役立つ

痛みの知覚は心の状態に関連しており、ストレスの多い状況ではそれが高まる可能性があります。

いくつかの研究によると、ルーチンに瞑想を取り入れることが痛みをコントロールするのに有益であると示唆しています。

たとえば、アメリカの38件の研究レビューでは、マインドフルネス瞑想は、慢性的な痛みを持つ人々の痛みと生活の質を改善し、うつ病の症状を軽減できると結論付けています。

他の人と話すことの心労の軽減

孤独を感じないための最良の方法の1つは、時間をかけて自分が何を経験しているのかを聞いて理解してくれている友人、家族のなどへ懸念を共有することです。

心配事を詰め込むのではなく、親しい友人に物事を発散したり話したりするのに少し時間が必要であることをつたえ、SOSをだすことです。

過度の心配や不安は健康に悪影響を与える可能性があり、

心配や不安が日常生活に顕著な影響を及ぼし始めたら、専門家の助けを求めることを検討するのも手です。

助けを得るには、主な医療提供者に相談することから始めることで事態の悪化を防ぐことに繋がります。

初めは抵抗があったとしても、身を削って擦り減っていくよりも大いに活用すべきメリットは多くあります。

メンタルヘルスと食の驚くべき関係性

「栄養あたえることは、CBTや投薬などの従来の治療法に素晴らしいオプションとなる可能性がありますが、

コストがはるかに低く、セルフケアに最適な方法です」と、食品によるうつ病の予防に焦点を当てたヨーロッパのMooDFOODプログラムへの貢献者AnikaKnüppelは述べています。

メンタルヘルスを助けることができる2つの方法があります:

-健康的な習慣を増やすこと

-不健康な習慣を減らすこと

不安状態を食べ物で治療した実績のある食べ物は主にふたつ。

地中海料理の摂取と糖質を摂らないようにするすることです。

ある研究では、臨床的にうつ病の166人を対象としており、一部は薬物療法を受けています。研究者たちは、修正された地中海式食事を12週間食べた後、参加者の症状が大幅に改善したことを発見しました。

アメリカの医学生がオメガ3脂肪酸の摂取量を増やすと、不安が20%減少したのに対し、また、2016年には、スペインの研究者は、地中海のライフスタイルに最も近い人々が発症する可能性が50%低いことを発見しました。

23,000人以上の砂糖摂取量を分析した研究結果では、砂糖を最も多く(1日67グラム以上、小さじ17杯の砂糖(または小さじ2缶のコークス))食べた男性は、5年間でうつ病や不安を発症する可能性が23%高いことを発見しました。

まとめ

いかがでしたか。自力でいやがらせなどの外部ストレスを気にしないようにするのは難しいですが、このようなメゾットを利用して気にしないようにする工夫はできるのです。

とはいっても実際に被害が出ているような嫌がらせを受けている場合や、身の危険を感じるような場合には探偵などのプロフェッショナルな組織に依頼することが重要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn