証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気と不倫の定義とは?浮気と不倫の違いを詳しく解説

男女が恋愛関係にあった時、浮気や不倫は大きなトラブルの元です。しかし、この「浮気と不倫」の定義とは一体なんなのか。そんな疑問を持たれたことはないでしょうか。

そこで今回は、浮気と不倫の定義や不倫をした際のリスク、さらには実際に不倫をしてしまった人の体験談をご紹介していきます。パートナー以外の人と関係を持つとどのようなことが起こるのか、具体的な不倫事情について触れていきます。

浮気と不倫はどう違うのか?

浮気とは?

恋愛話の話題で「浮気はどこまで許せる?」という会話があるかと思います。一言で浮気と言っても、人によってはその許容範囲が大きく異なるかもしれません。

例えば以下のようなことが挙げられます。

  • 手をつなぐ
  • 二人だけで食事をする
  • デートをする
  • キスをする
  • 肉体関係を持つ

このように「浮気」とみなす基準が人それぞれあります。

実は付き合っているパートナーがいる状態で、ほかの異性に愛情が生まれると浮気と表現しますが、これは法律上は問題ありません。浮気だって十分に大きな問題だと思った方もいるでしょう。では、一方の不倫とは何なのでしょうか。

不倫とは?

一般的に浮気と不倫の違いは「結婚をしているかしていないか」だと考えられています。つまり、浮気をした2人のうちの一方が既婚者である場合、不倫が成立するのです。

このように浮気と不倫の定義を見ていくと、実は大きく違うことが分かります。次にご紹介するのは、実際に不倫をするとどのようなリスクが待ち受けているのか。その内容について触れていきたいと思います。

不倫をするとリスクが大きい

ここでは不倫のリスクについてご紹介します。不倫をする人の心理として「ほんの出来心」「軽い気持ち」という理由も少なからずあります。

しかし、このリスクを知ることでその代償は大きいことが分かってもらえるかと思います。安易な気持ちで不倫をしてしまうと、その後の人生を棒に振ってしまうかもしれません。

不倫をするとどうなる?

先ほども触れた通り、浮気をしたどちらか一方が既婚者の場合に不倫が認められます。しかし、LINEなどで「今度いつ会う?」や「大好きだよ」などと言った内容のやり取りや、外で手を繋ぎながら歩いていたというだけでは不倫とはなりません。もちろん、そのような行為は相手を傷つけてしまうので、やってはいけません。

不倫をしてしまい裁判になった場合、一番の決め手は「不貞行為」が行われたと認められた時です。不貞行為とは「性交渉、またはそれに類似した行為」とされています。その場面を立証させるのは難しいと思うかもしれませんが、実際には性交渉を行なったことを立証させる必要はありません。例えば、二人が食事をしてキスしてホテルや自宅へ入っていく。こういった一連の流れから、部屋の中で何をしていたか分からない状態でも、関係が近いと認められ不貞行為が認められることがあります。

訴えられる

不倫をしてしまった場合、相手のパートナーから訴えられる可能性が十分に考えられます。一般的には浮気された側、浮気をした側の間に弁護士を立てて慰謝料を請求されることが不倫のケースでは多いです。慰謝料請求に応じないと、今度は裁判へと発展し、不倫したことが認められれば慰謝料の支払いが裁判側から命じられます。不倫での慰謝料の相場は数百万円だと言われており、場合によっては弁護士費用や裁判費用までもが入ってきます。

ちなみに、慰謝料の金額の違いは不貞行為の内容ではなく、不倫をした人の収入や不貞行為によって夫婦関係、または家族関係にどのような影響を与えたのかによって変わってきます。不倫によって夫婦の関係が修復出来るのであれば、高額な慰謝料請求が認められる可能性は低いでしょう。一方、離婚へと進んでしまうと、本来は夫婦間の仲が保たれなければいけないはずなのに、それを壊してしまったとみなされ高額な慰謝料を支払わなければなりません。

このように状況によって慰謝料は大きく変わってくる為、もし慰謝料を請求するのであれば、基本的にはまず弁護士からアドバイスなどを貰い、話を進めていくのが一番良い方法です。

たった1度の不倫でとんでもなく大きなお金を支払わなくてはいけなくなってしまうのです。

その為、実際に不倫で裁判沙汰になった人の中には経済的に破綻してしまう事も少なくないようです。

不倫の体験談

不倫はドラマや映画の世界だけと思っていませんか?実はとても身近で起きている事なんです。

ここでは実際に起きた不倫の体験談やその末路についてご紹介していきます。

旦那の上司と、、、

ある女性は同期入社した男性と結婚し、幸せない日々を送っていました。しかし、結婚してから2年後ある日のこと。その日は金曜日で旦那が酔いつぶれて帰ってきた際、旦那の上司が家まで送りにきてくれたのです。完全に酔って眠っている旦那をベッドへ運び、上司におもてなしとしてお酒をすすめました。

お酒の勢もあってか、上司がいきなり「旦那は若い女性社員と不倫をしている」と言ってきたのです。さらに加えて「旦那も遊んでいるんだから」と強引にキス、そのまま肉体関係を持ってしまいました。その1回だけのつもりが何度も続き、会社帰りの上司と二人が普段利用しない駅で待ち合わせをしてホテルへ行っています。

男の不倫とは?

既婚者の男性は「妻との関係が上手くいっていない」「一緒にいる時間がない」などの言葉を鵜呑みにしてしまう女性も多くいます。

「自分がなんとかしてあげないと」なんて母性本能が芽生えてしまうのかもしれません。

こういった男性は女性と遊びたいという気持ちが強いだけで、将来は奥さんと別れてあなたと一緒にいようという気持ちはありません。仮にこのような男性が目の前に現れても関係を持たないようにしましょう。

社内で不倫がバレた男女の末路

会社役員と事務の女性は不倫関係にありました。そのことを知っていた社内のある人物が、男性側の奥さんに密告したようで、毎日のように会社へと乗り込んできたのです。奥さんは、朝の出勤前に会社の入り口で待ち構え女性を罵倒。周りから見ても、明らかに不倫関係によるトラブルだと分かるほどだったそうです。1ヶ月後に事務の女性は退職しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は浮気と不倫の定義についてご紹介してきました。覚えておいてもらいたいのは、浮気と不倫の違いは「結婚をしているか、していなか」です。

そして、不倫をしてしまうとそのリスクはとても大きく、自ら人生を棒に振ってしまうかもしれないという事も理解しておく必要があります。もう一度パートナーの事を真剣に考え、愛している相手を傷つけないよう素敵な関係を築き上げていきましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査に関するお問合せはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn