証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

盗聴されているかも…そんな時、あなたはどこに相談しますか?

もしかしたら、私の家、盗聴されているかもしれない…。何かのきっかけでそう気づいた時、あなたはどうしますか?まず、誰かにこのことを相談しようと考えるでしょう。

では誰に?警察にでしょうか?それとも?ここでは、盗聴に気づいたとき、その状態によってどこに相談すればよいかのご紹介をします。

盗聴自体は罪ではない

「盗聴」とは、会話・通信をしている本人たちに知らせずに、その音声を無線で飛ばし聴取する行為を指します。こう聞くと、犯罪につながる良くないイメージがあります。

ところが実のところ、通信をただ盗聴すること自体は、何の罪にも該当しないのです。いたるところを飛び交っている、目には見えない「電波」を拾って、趣味として勝手に聞いている人は山ほどいます。

実際に、盗聴器を持っていること、使用すること自体は、法律上まったく問題がなく、ネット通販などで誰でも手に入れることが可能です。盗聴はいわゆる「傍受」と等しいものです。

また「傍受」とは、盗聴と同じく当事者の同意なく通信の内容を無線で聞くことです。そしてこちらもやはり、そのこと自体は犯罪にはなりません。このように、通信を盗み聞きするだけであれば、罪にはならないのです。

盗聴が刑法上の罪となるとき

では、盗聴の何をもって罪になるのでしょう。盗聴によって得た情報を利用して、他者の利益を損なうようなことをすれば、それはもちろん犯罪です。

例えば、会社においては、何者かの仕掛けた盗聴器によって、社内の情報が外部に漏洩してしまう可能性があります。競合他社による設置も後を絶たないようです。これは外部の人物によるものだけではなく、社内でも十分に起こりうる犯罪です。

まだ発表となっていない情報を、なぜか社員がしている場合は、盗聴されていることが考えられます。社屋の引っ越しなどの際に、搬入のどさくさ等で盗聴器を設置されてしまうケースもあります。

その失態が外部に漏れれば、会社の信用にも関わる大問題へと発展するかもしれません。なお、これは、電波法の処罰対象となります。また、今回のケースでは、知らないうちに自宅に侵入され盗聴器を仕掛けられ、それを偶然自ら発見してしまった状況ですが、この場合は刑法の「住居侵入罪」がそれに相当します。

こうした場合は、警察に被害届を出すことができます。そういった状況であれば警察も犯人逮捕のために捜査をすることが可能です。

その際に、もし家からなくなっているものなどがあれば、それも申告します。もしもストーカーによる盗聴であることが分かれば、その先の被害を未然に防ぐこともできます。併せて引っ越しや、それが不可能であれば家の鍵を変えたり、鍵を複数取り付けたりの検討も必要となってきます。

盗聴器が仕掛けられているかも…まだ発見できていない、疑いの状態

盗聴器が仕掛けられている「かもしれない」と気づいたとき、あなたはどうしますか?

とても不安ですね。すぐさま警察に相談をしたい気持ちになるでしょう。ですが残念ながら、この時点では警察は捜査をすることはできません。疑いだけで、何の被害もないからです。警察という組織は、目で見える被害が起きてからでないと動くことができないのです。

そういった場合は、探偵などに依頼をすることが望ましいと言えます。自分で盗聴器を探そうとすると、怪しいと思ったものを分解して壊してしまったり、見つかった証拠や犯人への手掛かりをなくしてしまったりする恐れもあります。その点、専門知識豊富な探偵に依頼すれば、費用はかかってしまうもののプロの調査を期待できます。

自分で調査機器を買って調べる結果よりも正確です。もし盗聴器が見つかれば、警察に通報してその後の対応をしてもらうことができます。また見つからなかった場合は、「盗聴器はなかった」わけですので、それ以降は安心して過ごすことができます。なお、発見した後の調査もそのまま依頼することができる点で、専門家である探偵に依頼するのは有益です。依頼先はインターネットで検索すると多数見つかります。

盗聴器が見つかったら

調査の結果、残念ながら盗聴器を発見した場合は、早急に最寄りの警察署に行って被害届を出しましょう。警察署に出向く際には、保険証やパスポートなど、身分証明ができるもの、そして印鑑の持参を忘れないようにしましょう。

その際、もし見つけた盗聴器が手元にあるなら、それも必ず持って行くようにします。被害届けには住所や氏名、年齢をはじめ、被害状況や発生日時などを記載するようになっています。

記入内容に不備がなければ、基本的には受理されます。ただし、記載内容が曖昧だったり、疑わしいと判断された場合は、受理されないことがあります。被害届は原則本人が記入しますが、事情があって本人が警察署に行くことができない場合は、弁護士などの代理提出も可能です。

自分で解決しよう、は絶対ダメ!警察か専門家に相談しましょう

盗聴器が仕掛けられている可能性があると気づいた時点で、あなたはもしかしたら犯罪に巻き込まれているのかもしれません。そういった中で冷静に判断することは困難ですが、自分一人で立ち向かおうとするのは危険です。必ず専門家の力を借りて、解決に向けて動きましょう。

・まだ盗聴器が発見される前の段階であれば、専門家に相談し、盗聴器が仕掛けられているかどうか、あるとすればそれは誰が仕掛けた可能性があるかなどを事前に伝え、相手の監視調査を依頼しましょう。

・すでに何らかの被害があるようであれば、速やかに警察に相談しましょう。

以上の2点を覚えておくと、慌てずに次の行動に移れます。この盗聴器は何の目的で付けられたのか。ストーカーなのか、それとも営利目的なのか。突き詰めておくことで、次に起こりうる犯罪から身を護ることが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どこよりもくつろげる我が家に、いつの間にか誰かが侵入し、しかも盗聴器が仕掛けられているかもと思ったら、落ち着いてなどいられませんよね。盗聴器は昨今小型化が進み、ライトやコンセント、電子機器周辺のみならず、ペンや小物にも忍ばせることができます。できるだけ早く日常の生活に戻るためにも、早急の相談・対策で、危険から身を守りましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn