証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所は探偵事務所と何か違うの?仕事内容について解説

探偵に仕事を依頼するにあたって、探偵事務所や興信所などいろいろと出てくるでしょう。ところで興信所と探偵事務所では、仕事内容に何か違いがあるのでしょうか?探偵事務所との違いなどを見ながら、興信所の仕事内容についてここでは解説します。

興信所の仕事内容

興信所の仕事内容は、クライアントの依頼に基づき調査し、その結果を報告書という形でまとめることです。調査内容は多岐にわたります。まず個人的な調査として、浮気調査は代表的です。配偶者などパートナーに浮気の疑いがある場合、証拠を握るために探偵に調査依頼する人は多いです。また結婚するにあたって、相手の素性について調査する結婚信用調査もあります。さらに家族や知り合いなどが蒸発して行方が全くつかめなければ、プロに依頼して足取りを調べてもらうことも可能です。

会社がクライアントになって調査依頼する案件も見られます。例えば素行調査です。従業員が何か問題行動を起こしていないか、もしくは内定を出そうと思っている人の身元調査などが考えられます。さらに企業信用調査なども依頼できます。これから取引しようと思っている企業の財務状況や評判などを調査して、ビジネスを進めてもいいかの判断材料にするわけです。またオフィスやお店などに盗聴器が仕掛けられていると判断した場合には専用の機器を持つ探偵に探してもらうといった依頼もできます。

ストーカー調査も

日本でも近年ストーカーという言葉が世間に広く定着した感があります。誰かに付きまとわれている、何とかしてほしいというときに探偵を利用する場合もあります。ストーキングをしている相手の特定や付きまといをしている証拠をつかみ、これ以上近寄らないようにする案件です。派生した仕事内容として、いやがらせ調査があります。嫌がらせを受けている場合、犯人を特定したり、その証拠を記録したりなどの仕事です。

探偵事務所と興信所の違い

探偵事務所と興信所の違いは、その成り立ちが関係していると考えられています。興信所が日本に初めて設立されたのは1892年、明治時代のことです。「商業興信所」がルーツです。創立者は日本銀行の理事を務めていました。銀行の主要な業務の一つ、融資するには企業の信用調査は欠かせません。その経験を生かして、企業の信用調査を目的にして設立されたのが興信所です。ですから興信所は当初、登記簿の確認や企業の保管資料の調査、取引先の聞き込みなどがメインでした。

一方探偵事務所は1895年に創業しました。こちらも明治時代です。設立者は警察官をしていた人物でそのキャリアの中で培った、尾行や張り込み、聞き込みなどの経験に基づき作られました。ということで、個人を対象にした調査を行う事務所でした。

案件に若干の違いが

探偵事務所と興信所はその成り立ちは設立目的が異なりました。このため、一般的な傾向としてどれを得意分野にしているかに違いが見られます。探偵事務所の場合、個人の調査目的で作られました。このため、多く依頼されるのは浮気調査といわれています。浮気調査に代表されるように、身辺調査をメインにしている事務所が多いです。

一方興信所は企業を対象にした案件を多く抱えているところが多いです。しかも信用調査をメインにしているところが多いようです。興信所では個人を対象にした案件も受け付けています。ただしこちらも信用調査がメインのようです。お見合い結婚が一般的だった時代には、結婚相手の身辺調査が興信所に持ち込まれることも多かったです。

手法も成り立ちの関係で、興信所と探偵事務所では違いが見られます。探偵事務所は警察官がルーツということもあって、尾行や張り込みが手法な調査方法です。一方興信所の場合、主に聞き込みの手法を調査のメインに据える傾向が見られます。

仕事内容はほぼ一緒

上で紹介したように興信所と探偵事務所は成り立ちのいきさつの違いから、調査方法や案件に違いが見られました。しかし近年どんどんボーダーレスになりつつあります。興信所の中には個人向けの探偵業務を請け負うところも出てきています。近代になって、個人調査業務の需要が高まってきているからです。また帝国データバンクに代表されるように、本格的に信用調査に取り組んでいるところは「興信所」と名乗らなくなりつつあります。このあたりも興信所と探偵事務所の仕事内容に明確な違いがなくなった理由の一つです。

大体戦後あたりから両者の明確な差が徐々になくなっていったようです。探偵事務所が興信所の、興信所が探偵事務所の仕事を引き受けるようになって、線引きがあいまいになっていきました。お互いに仕事を食い合うようになって、「業務拡大しないと収益を確保できなくなる」と考えるようになりました。お互いが業務拡大することで、住み分けがあいまいになってしまったわけです。

法的に見ても、両者は一緒という解釈です。探偵事務所も興信所も探偵業法という法律に基づき営業しなければなりません。探偵業界の健全化を目的にして、平成18年に制定されました。ですから案件依頼をする際には、探偵事務所だからとか興信所だからといった先入観はあまり持たないほうがいいでしょう。

選び方のポイント

探偵事務所でも興信所でもどこに依頼すべきか、選び方のポイントは一緒です。まずは信頼できる実績のある所に依頼することです。先ほど紹介した探偵業法に基づき、公安委員会に届出をしないと調査会社は運営できなくなりました。もし届出をしていないところは悪徳業者の可能性が高いです。また大手の事務所に依頼するのも一考です。大手の場合、何かお客さんとトラブルが起きれば問題が表面化しやすいからです。お客さん本位で業務を遂行してくれるので、安心して任せられるでしょう。

まとめ

クライアントの依頼に応じて、ターゲットになる人物や企業の調査を行うという仕事内容は、今では興信所も探偵事務所も大きな変わりはなくなりました。ですから、あまりどちらということに依頼する際にはこだわらなくてもいいでしょう。むしろ個別の事務所に豊富な実績があるか、法律に基づく手続きを踏んでいるかなどをチェックすべきです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn