証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

セックスレスの夫婦は不倫や浮気に繋がる

夜の営みが少ない、つまりセックスレスの夫婦は不倫や浮気に繋がるというお話を聞いたことがあるという人は多いでしょう。
今回は本当にセックスレスの夫婦は浮気や不倫に繋がってしまうのか、様々な意見があるこの問題に対して色んな角度から検証して参ります。

セックスレスの定義は曖昧である

大前提としてセックスレスとは何なのかという問題があります。
この言葉は人によって解釈や意味が異なっているので、その意味や解釈の仕方をまずは検証しましょう。

日本性科学会では1ヶ月以上性交渉がないこと

夜の営みが少ないセックスレスな状態とは日本性科学会の定義では「1ヶ月以上性交渉がないこと」となっています。
この意見に対してどのように感じるのかは人それぞれでしょうが、ちょっと疑問符を抱いてしまったという人もいるでしょう。

片方の人が求めてきたのに拒否したこと

今のカップルの方々にセックスレスな状態とは何かを質問したときに、高確率で返ってくる答えがこちらの「片方の人が求めてきたのに拒否したこと」となります。
この解釈には期間が定まっていないのがポイントなのです。

逆に考えれば「期間は関係なく、拒否されてしまったことが辛いと感じてしまったらセックスレス」と言えてしまうのです。
これが非常に問題で、やたらと頻繁に求めてくるパートナーがいて拒否した場合でもセックスレスな状態と思われてしまうことがあるという意味になります。

1日でも1週間でも1カ月でも1年でもセックスレスと言えるでしょうし、言えないのです。
このように人によって解釈が異なっているというのが、夜の営み不足での不倫や浮気を防ぐのが難しい理由となっています。

夜の営みが無くなると浮気の確率は増える

セックスレスな状態が発生してしまうとどうしても、浮気や不倫の確率は増えてしまいます。
いわゆる欲求不満状態になってしまいますので、他の人を求めてしまうようになるのです。

人によっては「夜の営みが無い家庭というのは夫婦として成立していないから浮気や不倫が発生しても仕方が無い」と意見もあるので、実際問題としてセックスレスだとどちらかが思ってしまっていると浮気や不倫の確率は高まるのです。

夜の営みが無くなってしまう理由について

セックスレスが原因で浮気や不倫に繋がってしまうこともありますが、セックスレスになってしまう理由も様々であり、中にはそれはしょうがないと思ってしまうモノも多数あります。
ここでは納得しやすい意見をまとめていきましょう。

すでに子供がいるまたは子供が大きくなっている

セックスレスになってしまう理由として大きいのが、中学生の子供がいるといったある程度成長した子供がいるというものでした。
お子さんを産むとかある一定年齢まで育つというのはセックスレスになる節目となるケースは多いのです。

この考え方に夫婦共々賛同しているのならば問題ないのですが、「片方の人が求めてきたのに拒否した」と感じてしまいセックスレスな状態となってしまうとトラブルに繋がってしまうのです。

はっきり言ってこれは防ぐことができない考え方ですので、夫婦で折り合いをつけなければいけない事柄と言えるでしょう。

仕事や子育てで忙しい

子育てと仕事がセットに襲いかかってくるととにかく忙しくなってしまいますので、このような忙しい状況ではセックスレスになってしまうのは仕方が無いことでしょう。
しかし、パートナーはその状態を不満に思ってしまい性生活に対しての不一致が発生してしまうのです。

これも非常に厄介な問題であり解決策はなかなか見つかりません。
仕事をしないと生活が成り立たないでしょうし、かといって子供の子育てをおろそかにすることもできないでしょう。
そうなるとどうしても不要と判断されてしまうのが夜の営みなのです。

パートナーとは別の異性がいる

いわゆる肉体関係にある人がパートナー以外にもいるという人は、そちらで性的な欲求は解消しているのでセックスレスな状態になってしまうというケースもあります。

基本的にはセックスレスになってしまうから浮気や不倫に繋がるのですが、これは逆に浮気や不倫をして肉体的にも精神的にも満足しているからセックスレスになるというパターンです。

これはいわゆる不貞行為であり、絶対にしてはいけない行動ですので注意してください。
パートナーが浮気や不倫をしていると感づいた方は探偵事務所のご利用も考えましょう。

加齢とともに気持ちが無くなる

一般的には年をとればとるほど夫婦間の夜の営みは少なくなりますし、性的欲求は弱くなります。
ただし、この弱くなるかどうかというのは人によって大きく異なり40代や50代になっても性的欲求の強い人もいるのです。

夫婦揃ってこの性的欲求の変動が同じならいいのですが、片方がなかなか収まらないのに片方だけが収まってしまうとそこで気持ちが埋まらなくなってしまうのでセックスレスな状態となってしまうのでしょう。

現代の日本ではそもそも異性を求めていないいわゆる絶食系の人種も増えていますので、10代でも20代でもセックスレスになってしまうケースもあるでしょう。
こちらも解決することもできない問題となっています。

まとめ

夜の営みが少なくなることで不倫や浮気に繋がってしまうというケースは確かにあります。
しかし、夜の営みが少なくなってしまう理由のほとんどが納得できてしまうものばかりなので問題解決はかなり難しいのです。

性生活についての考え方や性的欲求のレベルというのは結婚してみないとわからないケースがかなり多いので、先読みして対応することはほぼ不可能でしょう。
どうしても性生活についての考え方の違いがある場合はしっかりと話し合うしかないと思われます。

もしパートナーに浮気の兆候がある場合は、まず探偵事務所に相談してみるとよいでしょう。
浮気をしているという事実を掴んで、浮気の確実な証拠を集めることも可能です。
一人で悩まずに、まず一度探偵に相談してみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn